car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォルクスワーゲン新型アルテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

VW新型アルテオンがジュネーブで発表、CC後継だが車格はアップ

フォルクスワーゲンは新型アルテオンを開催中のジュネーブモーターショー2017で初公開した。

(写真は新型アルテオン、ジュネーブモーターショー2017)
アルテオン

新型アルテオンは、2015年のジュネーブで発表されたスポーツクーペコンセプトGTEの市販モデルとなる。パサートベースのCCがラインアップされていた枠であるが、フォルクスワーゲンは新型アルテオンをCCよりも上のクラスとしている。やはりルーフライン後半が下がったファストバック形状が大きな特徴となっており、一般的なセダンモデルよりもスタイリッシュなイメージが与えられている。

アルテオン フロントグリル アルテオン ジュネーブ

新型アルテオンのボディサイズは全長4862mm×全幅1871mm×全高1427mm、ホイールベースは2841mmとなった。キャビンスペースがやや犠牲となるボディスタイルではあるが、大柄な車体のおかげで、後席ヘッドクリアランスおよびレッグスペースにはまだ余裕を感じる。

アルテオン リアシート アルテオン フォルクスワーゲン

新型アルテオンは大きなバックドアも魅力の一つ、半自動運転機能も備わる

5ドアクーペとも呼ばれる新型アルテオンであるが、その所以となるのがこの大きなリアハッチゲートである。見ての通り開口面積は大きく、ラゲッジルームへのアクセスが容易となっている。ラゲッジ容量は通常563Lから、後席を倒すことで1557Lまで拡大する。

アルテオン トランクルーム アルテオン リアコンビネーションランプ

新型アルテオンに搭載されるエンジンは、3タイプの直噴ガソリンターボと3タイプのディーゼルが用意される。各トップグレードは、2.0L TSIが最高出力280ps、2.0L TDIが240psというパフォーマンス。トランスミッションは7速DSGとなる。

アルテオン インテリア アルテオン シート

このほか、半自動運転機能も備わっており、その実力が楽しみである。

#1 匿名さん2017/03/12(Sun)15:02:41
すげぇ平べったいな。なんかこう山椒魚のような。
#2 匿名さん2017/03/13(Mon)15:44:16
エクステリアデザインかっこいいんですけどね、VWは企業としての信頼性『0』なので、購入候補から外れる。
#3 匿名さん2017/03/19(Sun)13:56:34
釣り行くから、このトランクいいな
CLAとかで真似してほしい
#4 匿名さん2018/01/19(Fri)08:08:21
クルマの出来が圧倒的に良ければ、不祥事なんて誰も気にしないよね
評論家たちもスルーだし

日本車の永遠の目標だな
#5 匿名さん2018/01/19(Fri)13:53:29
このクルマ、ホントに出来いいのか?いろいろ無理やってそうだけど。

評論家は発言で稼ぐ仕事だ。
鵜呑みにしてる人にとっては、欧州車は永遠の目標なのだろう。
#6 匿名さん2018/01/19(Fri)14:25:13
評論家を抜きにしても
輸入車と日本車では、出来に雲泥の差があるよね
まさか日本車が世界でトップだと思ってないよね
おとなりの国みたいな発想はやめたほうがいいかも
#7 匿名さん2018/01/19(Fri)15:13:44
一度でも輸入車買うと、もう国産車買うのがバカバカしくなるよ

輸入車が日本車に劣っているのは、小物入れの数くらい?
#8 匿名さん2018/01/19(Fri)15:29:41
VWグループのディーゼル車が、今年発売される
まずはパサートから
世界一のディーゼルエンジンを堪能できるまでもうすこし
#9 匿名さん2018/01/19(Fri)19:51:49
ワーゲンじゃないけど・・・
マカンのディーゼル車が欲しい
日本導入は「パサート2.0TDI」の売れ行き次第だよな
これが売れれば、アウディ・ポルシェのディーゼル車の販売が加速する
買わないので、他の人頑張って買ってほしい
こっちはマカンディーゼルを待つ
#10 匿名さん2018/01/19(Fri)21:53:10
不祥事などどこ吹く風、2017年度も世界一の自動車メーカーのVWグループ
一方、不祥事で販売台数がお膝元の日本ではガタ落ちの日産

以前から魅力的なモデルを提供し続けたVWは、被害は軽微
魅力的な車種が皆無の日産は?・・・日本市場から撤退を検討か?
#11 匿名さん2018/01/21(Sun)23:28:27
日産が日本市場から撤退しても全然OK。ていうかむしろ撤退希望。他のメーカーがカバーしてくれるから(GT-Rだけ名残惜しいけど、どうせ買えないし)。
vw・・・なかなかいいね。
#12 匿名さん2018/01/21(Sun)23:44:55
日産は、ここまで日本市場軽視が続くと、ユーザー離れが加速するだろうな
海外では好調なだけに、生粋のファンはさぞ心配だろう
#13 匿名さん2018/01/25(Thu)11:04:39
#7 国産車に全部乗ったんかよ
#14 匿名さん2018/01/25(Thu)11:07:54
♯13
輸入車乗ったことないことがバレバレのコメント
#15 匿名さん2018/01/25(Thu)11:55:35
はい、乗ってませんよー。国産車をこき下ろす事に快感を感じていることが良く分かりました!
#16 匿名さん2018/02/17(Sat)22:24:58
これぐらいのサイズになると、BMWのほうが魅力に映る
#17 匿名さん2018/02/17(Sat)22:36:33
日本市場だとウケないかな
VWにスタイリッシュさは求めてないからな
#18 匿名さん2018/03/17(Sat)22:26:00
餌2
#19 匿名さん2018/04/12(Thu)18:05:58ID:c1ZTNhMGWZ
フォルクスワーゲンと日野自動車が包括提携を発表した

この調子で日野の親会社のトヨタ自動車も面倒見てくんないかな?
フォルクスワーゲンがトヨタを傘下に収めれば
完全無欠の自動車会社になれるはず
トヨタのクルマも飛躍的に性能が高まると思うけど??

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/02/25)

VW新型アルテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

新型アルテオン、CC後継の市販モデルをフォルクスワーゲンが公開予定

フォルクスワーゲンは新型アルテオン(Arteon)を、3月7日よりプレスデーが始まるジュネーブモーターショー2017で発表する。これに先駆けて、ティザー画像2点が公開されている。

(写真は新型アルテオンのティザー画像)
アルテオン フロントグリル

アルテオンはパサートよりも上のクラス、スポーツクーペコンセプトの市販型

新型アルテオンは、2016年に販売が終了したCCの後継モデルとして考えられるモデル。フォルクスワーゲンはこれをアバンギャルドグランツーリスモとして位置付けている。

アルテオン リアコンビネーションランプ

2年前のジュネーブモーターショー2015を振り返ると、フォルクスワーゲンはスポーツクーペコンセプトGTEとして、次期CCと噂されたモデルを予告していた。新型アルテオンはその市販型と考えていいだろう。

(写真はスポーツクーペコンセプトGTE、ジュネーブモーターショー2015)
スポーツクーペコンセプトGTE

フロントグリルとヘッドランプが一体化し、横桟ラインが特徴のフロントデザインはスポーツクーペコンセプトGTEと新型アルテオンで共通している。また、後ろからのティザー画像でも、ファストバック形状のルーフライン、そしてリアコンビネーションランプがスポーツクーペコンセプトGTEで示されたものと酷似しており、既に2年前の段階で新型アルテオンのエクステリアの多くが確定していたことになる。

VW スポーツクーペコンセプトGTE フォルクスワーゲン スポーツクーペコンセプトGTE

従来型CCは、かつてパサートCCとして呼ばれていたこともあり、パサートの4ドアクーペ版という認識が浸透していた。ただし、新型アルテオンについては、パサートより上のクラスであることが明言されている。