プリウス・スペースコンセプト7人乗りミニバン(トヨタ)4月下旬発売

ミニバンサイズの7人乗りプリウス

7人乗りハイブリッドとして待望される、新しいプリウスシリーズが2011年の4月下旬発売開始となることが発表された。
プリウスα(アルファ)、プリウスV、プリウス+(プラス)、プリウスワゴンなどと、シート数やモーターショーによって呼び名が変化してきたが、現在はプリウス・スペースコンセプトとされている。
プリウス・スペースコンセプトはあくまでも仮名。今後、の正式名称発表を待っていただきたい。

5人乗りと7人乗りの2タイプ

プリウス・スペースコンセプトは3列シートの有無で5人乗りと7人乗りの設定がある。
日本市場においては注目が集まるのは、7人乗りのほうだ。
5人乗りと7人乗りはシートの数だけでなく、バッテリーの種類が違う。

5人乗りにはニッケル水素電池

5人乗り仕様にはリア部分に従来のニッケル水素電池が搭載される。
こちらはノーマルプリウスよりも広くなった荷室のおかげで、これまでの技術で難無く積載ができそうだ。
5人乗り仕様に採用されるニッケル水素電池は小型化が難しいものの価格が安いのがメリットとなる。

7人乗りにはリチウムイオン電池

7人乗り仕様は3列目スペースの確保のため、バッテリーが前に移動。
小型化できるリチウムイオン電池を採用し、前席のセンターコンソール部分に搭載される。
リチウムイオン電池のおかげで3列目シートが生まれたわけだが、リチウムイオン電池はまだまだ高価なパーツだ。
車体価格の大幅アップは免れないだろう。

エンジンは現行プリウスと共通

プリウス・スペースコンセプトは車体サイズが大きくなったが、搭載されるハイブリッドエンジンは5人乗り7人乗り共に、現行プリウスと同じ1.8Lの2ZR-FXE型が採用される。
車体サイズに合わせた、エンジンやハイブリッドシステム、トランスミッションの調整はされている。
5人乗りと7人乗りではバッテリーの種類が異なるが、ハイブリッドシステム全体の性能は変わらないものとなっている。
7人乗り仕様のリチウムイオン電池による効率アップ分は、すべてバッテリーの小型化に使われ、蓄電容量は5人乗りのニッケル水素電池と変わらない。

燃費性能

燃費性能についての正式発表はまだされていない。
大型になったボディだが、さらなる改善により、現行プリウスと変わらない燃費性能を期待したい。
プリウスワゴンプリウスワゴンフロントシートプリウスワゴンリアシートプリウスワゴンのラゲッジルーム

プリウス・スペースコンセプトのボディサイズを比較

プリウスと比較

prius-space-spec
現行のプリウスに比べて、全高と全長が伸びるのは予想の範囲だが、全幅も拡大することになる。
ホイールベースは80mmも拡大した。
車体に関しては、現行プリウスとは全く違う大きなものになっている。

ウィッシュと比較

prius-space-wish
同じトヨタのミニバンの中では、ガソリン車のウィッシュに近いボディサイズとなる。
ウィッシュはメイングレードが5ナンバーサイズの全幅であるので、全幅方向に8cmも大きいプリウススペースコンセプトは、左右方向に余裕のある上質感のある室内になることが予想される。
全高方向に関しては、エクステリアデザインや空力特性をやや重視した関係で、ウィッシュよりも15mm縮小されている。
ホイールベース、全長もわずかにプリウス・スペースコンセプトの方が大きくなっている。

プリウス・スペースコンセプトの短所

プリウス・スペースコンセプトはまだ、市場に出回っていない車種であるが、予想される欠点、デメリットを考えてみた。

やや閉塞感のある室内

プリウス・スペースコンセプトはウィッシュと比較した場合、やや閉塞感のある室内が予想される。
まず考えられるのが、ハイブリッド用のバッテリーを積載した分のしわ寄せは、確実に室内空間を圧迫する。
特に7人乗り仕様に採用されるリチウムイオンバッテリーは、左右のフロントシートの間にあるセンターコンソール内に装備される。
大きすぎるセンターコンソールは現行プリウスのユーザーからも不満が多い。
また、全高がミニバンとしては低いのも気になるところだ。
エクステリアデザインも現行プリウスを意識してか、リアにかけてルーフが大きく下がったものとなっており、2列目、特に3列目の頭上空間が削られている。
様々な工夫がされているとは思うが、ミニバンとしては広々感に欠ける室内となるだろう。

車体価格が高い

価格の正式発表はまだされていないが、現行プリウスのようなお買い得感のある価格ではなくなるだろう。
ウィッシュよりも全幅方向に大型化してきたことより、ウィッシュと競合しない価格、具体的には300万円以上が予想される。
ウィッシュよりもワンランク上の広さと上質感を持ったミニバンを求める客層がターゲットとなる。
ウィッシュは安価でファミリーが広々と使えるミニバンで人気があった。
プリウス・スペースコンセプトの価格が300万円オーバーとなると、ウィッシュやストーリームのような通常のガソリン車を選択するユーザーも増えてくるはずだ。

3列目シートが狭い

プリウス・スペースコンセプトに近いサイズのミニバンであれば、すべての車種で必ず出てくる不満要素がある。それは3列目シートの狭さだ。
全高が1600mm前後のミニバンであれば、3列目シートは簡易的なもので、クッションも薄く、短時間の乗車にしか耐えられないものになる。
3列目も頻繁に人を乗せる機会のある人は、避けるべき車種となるだろう。

関連するレポート

[ 2011/03/10 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.