car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エスティマ

エスティマ最終モデルか?5月GW明けにマイナーモデルチェンジ実施

投稿日:2016/02/10 更新日:

エスティマがマイナーモデルチェンジ、ゴールデンウィーク明けのスケジュール

今春はトヨタ・エスティマのマイナーモデルチェンジが計画されているということであった。前回レポートでは2016年4月の日程で紹介したが、その後調整が進み5月GW明け頃のスケジュールに落ち着きそうだ。

(写真は現行エスティマ)
エスティマハイブリッド

エスティマ最終型はシエンタ風エクステリア、グレード整理で充実装備

現行エスティマは2006年から販売が続くロングセラーモデルである。今回のマイナーモデルチェンジを経てグレードの大幅な整理が進められ、最終型として完成されることになるだろう。

最終型エスティマはエクステリアデザインも一新される見込み。トヨタでは昨年2015年にコンパクトミニバンのシエンタがフルモデルチェンジとなり、新たなミニバンデザインがスタートした。この流れはエスティマにも適用されることになる。エスティマの外板パネルはドア部分を除くほとんどが刷新され、シエンタ風の新エクステリアデザインが与えられることになる。

(写真はシエンタ)
シエンタ

また、整理が進められるパワートレインラインアップでは3.5L V6が廃止となる。2.4Lの通常ガソリンエンジンと2.4L THSⅡハイブリッドの2タイプが存続することになる。

グレード別では上級のアエラスのみが残り、通常モデルは廃止となる。装備面では安全運転支援システムのトヨタセーフティーセンスPが採用される。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド

このクラスのミニバンでは、ホンダがオデッセイにハイブリッドモデルを追加しており、旧式のエスティマが燃費などスペック面で劣る状況となっている。エスティマのフルモデルチェンジが望まれるところだが、これはまだまだ先となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント