car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エスクァイア画像、トヨタ新型ミニバン、ノア&ヴォクシーの姉妹車

新型エスクァイア、ノア&ヴォクシーがベースの高級ミニバンがデビュー

トヨタは2014年10月29日、2.0Lクラスの新型ミニバン、エスクァイアを発表した。
エスクァイア Xi ハイブリッド

新型エスクァイアは、ノア&ヴォクシーの車体をベースとしており、独自のエクステリアデザインが与えられたモデルとなる。

上級2.0Lミニバンにポジショニングされ車両価格は259万2000円から。ノアおよびヴォクシーの概ね15万円高程度に設定された。

トヨタ エスクァイア ミニバン トヨタ エスクァイア

エスクァイアのエントリーグレード Xiをみても、15インチアルミホイール、フォグランプ、メッキドアハンドル、ステンレス製ウェストモール、本革巻ステアリングなど、内外装ともに高品質なパーツが採用されており、ワンランク上の価格に見合った装備が採用されている。

エスクァイア Gi ハイブリッド

新型エスクァイアは1.8Lハイブリッドモデルと2.0Lガソリンモデルが用意される

新型エスクァイアのパワートレインは、1.8Lハイブリッドに加えて、2.0Lガソリンエンジンもラインアップ。ハイブリッドモデルのJC08モード燃費は23.8km/Lと、このあたりはノア&ヴォクシーと共通する。

ボディは5ナンバーサイズが維持され、高級志向のミニバンながらも大型のアルファードやヴェルファイアにはない所有のしやすさがメリットとなる。

エスクァイア 7シート エスクァイア 8人乗り仕様

2列目ベンチシートの8人乗りと、2列目キャプテンシートの7人乗りが設定される。

エスクァイア キャプテンシート

ライバルを見てみると、日産・セレナは昨年2013年12月にマイナーモデルチェンジを受けたが、フルモデルチェンジしたばかりのトヨタ勢と比較して基本性能の低さが否めない。その分、衝突被害軽減ブレーキの装備により商品力を維持している。

ホンダのステップワゴンはフルモデルチェンジ間近と予想されており、こちらは1.5ターボエンジン搭載モデルが期待される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント