car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

センチュリー

トヨタ・センチュリー2018年フルモデルチェンジ型が東京モーターショー出品

投稿日:2017/10/28 更新日:

新型センチュリー、ボディサイズは少し拡大、V8 5.0L ハイブリッド搭載

トヨタのフラグシップ、新型センチュリーの発売が2018年に予定されている。21年ぶりのフルモデルチェンジとなり、東京モーターショー2017で完成車体が公開された。

(写真は新型センチュリー)
センチュリー トヨタ

新型センチュリーのボディサイズは全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベースは3090mmとなる。先代モデルとの比較では全長+65mm、全幅+40mm、全高+30mm、ホイールベース+65mmとそれぞれ延長されており、さらなるキャビンスペースの拡大が盛り込まれた。

センチュリー インテリア センチュリー ドア

エクステリアは従来型コンセプトを踏襲しながらも、現代風に洗練された

エンジンはV8 5.0L ハイブリッドの2UR-FSE型が搭載され、V12 5.0Lエンジン搭載の先代モデルから燃費性能は大幅に改善される。環境イメージが向上したことで、公用車としても選択されやすくなるだろう。

センチュリー リアコンビネーションランプ センチュリー 東京モーターショー2017

エクステリアは従来型からコンセプトを変えず、流行に左右されないセンチュリーならではのコンサバティブな雰囲気が継承される。

センチュリー フロントグリル センチュリー トランク

それでもスクウェア形状のヘッドランプユニットはコンパクトとなり、フロントの表情は変わった。サイズバランス的により存在感を増したフロントグリルは、手前が長方形の格子型、奥が七宝文様の二重構造となっており、繊細かつ高級感のある仕上がりとなった。

センチュリー ファブリックシート センチュリー リアシート

インテリアではレザーシート仕様も用意されるようだが、出品されたウールファブリックシート仕様がオーソドックスな選択となるだろう。インパネや各部の装飾は意外にもシンプルさを感じ、このあたりは華美であることを良しとするレクサスLSなどとは大きく違う印象を受けた。

#1 匿名さん2017/10/29(Sun)11:53:45
完全に歴代のを引き継いでるのに、最近出たばかりの新型だと分かるデザインが不思議
#2 匿名さん2017/10/29(Sun)11:58:04
先代LS用のパワーユニットを移植か

世界中のどの車とも似ていないデザインが秀逸
ついに、センチュリーにもドアミラーが標準装備なのか?
#3 匿名さん2017/10/29(Sun)16:41:08
四角ヘッドライトの微妙なリニューアルで未来感を出しているのがうまい。
基本は先代と変わらないのに。
#4 匿名さん2017/10/29(Sun)17:49:39
このデザインで、サイズをコンパクトにしてくれて
排気量、ボディーサイズがクラウンクラスだったらな
最高にカッコいいのに
#5 匿名さん2017/10/29(Sun)18:32:56
日本車 放ち始めた色気
今モーターショーの総評として評論家がYahooトップにした言葉だ

だが、言わせて貰えるなら
「日本車が高め続けてきた色気に、ついに気付く人が増えた」が正しい
そう、凝り固まった認知バイアスの評論家でも認めるほどにね

我々消費者、海外のコレクター達も含めてとっくに気付いている
性能に裏打ちされ機能美を確立した上で初めて出せる味や趣、もう日本車は獲得してるよ
#6 匿名さん2017/10/29(Sun)18:33:16
それ、売れねー
#7 匿名さん2017/10/29(Sun)22:17:42
#4
それいいな
マークXクラスも入れて、大中小やればマジかっこいいぞ
#8 匿名さん2017/10/29(Sun)23:59:18
ザ 社長送迎車という形だな。
しかし、V8 5.0L HBとは豪華だな。
乗り心地もいいんだろうな〜こういう車は運転するより乗せてほしい車だな。
#9 匿名さん2017/10/30(Mon)01:51:22
♯8
× HB(ハッチバック?鉛筆?)
〇 HV (HYBRIDの略)
#10 匿名さん2017/10/30(Mon)11:43:53
♯8
× HB
〇 HV (Hybrid Vehicleの略)
#11 匿名さん2017/10/30(Mon)11:50:56
皆優しいな
確かにHYBRIDの単語知ってて自動車メディアは余り読まない人だと間違えやすいかも
#12 匿名さん2017/10/30(Mon)13:45:31
ハイブリッドにするならEVで良かったと思う。
せめてPHVなら法人需要が期待出来たのに。
ただのハイブリッドじゃ、
アルファードやもっと小さな車から戻す法人は少ないだろう。
法人個人問わず物好きが一定数買うとは思うけど。

海外展開すれば中国で沢山売れるだろうなあ、、、。
内外装に金や龍をあしらって、生産追い付かない事態に、、、。
#13 匿名さん2017/10/30(Mon)15:27:17
また20年は作るだろうから、いずれPHVもEVも出る
インフラが整備されてない現状、当面H Vのみなのは当然の選択
#14 匿名さん2017/10/30(Mon)15:44:38
アルファードとセンチュリーでは価格差がありすぎて
購入時の比較対象にもならないが。
そもそも貨物車と比べること自体、ナンセンス。
#15 匿名さん2017/10/30(Mon)16:07:13
ハンドメイドによる日本人の「匠の技」が堪能できる車です
大量生産などありません
また、海外市場向けにはレクサスLSがあります
低中速を重視したエンジンと足回り・乗り心地も完全に日本向け
よって、欧米はおろか中国にも輸出はしないでしょう

まあ、輸出されたとしてもイギリスなど「右ハンドル」の
国向けでしょう(先代は少量がイギリスに輸出)
そもそもこのデザイン・佇まいは外国人になかなか理解しにくいでしょうね
#16 匿名さん2017/10/30(Mon)19:11:34
#13 急いで今モデルチェンジする必要は無かった。
初代は30年作られ続けた。

#14 いつの時代の話。

#15 日本から輸入するコレクターも居る。
ロールスは4,000台をイギリスでハンドメイド生産。
センチュリーの年間販売台数は去年90台、
すぐ確認出来る2000年当時は750台。

シャシーは現行LS、パワートレーンは先代LSと共通。
左ハンドル化も難しくない。
その気があれば海外展開出来る状況にはある。
もしかすると、それを見据えて共通化したのかもしれない。
#17 匿名さん2017/10/30(Mon)22:36:53
輸出はしない
左ハンドルにはできない
海外展開する予定は全くない
海外向けにはL Sにて対応

以上、関係者より



#18 匿名さん2017/10/30(Mon)22:41:19
センチュリーを海外で走らせたい奴がいるようだが。
日本的な高級車はドイツでは通用しないよ。設計思想があちらとは違うし。

日本の道を走ってこそセンチュリー
#19 匿名さん2017/10/30(Mon)22:58:31
♯16
シャシーが現行LSとの記載は残念だが誤り
新型は先代LSのロングの流用である

#20 匿名さん2017/10/30(Mon)23:12:56
♯19
やはりそうなのか
次期モデルはTNGAプラットフォームを採用とのガネネタを記載するサイトがあるから迷ってた

ホイールベースだけで判断するのもアレだが・・・
先代LS460L/LS600hLと次期センチュリーのホイールベースは3,090mmでドンピシャ

対してGA-Lプラットフォームを採用した新型LSは3,125mmと微妙に異なる

エンジンの形式も共通なことから、先代LSベースなんだろね
用途を考えれば、信頼性の高い従来技術の流用は納得できるね
#21 匿名さん2017/10/31(Tue)00:21:40
センチュリーを輸出したい人が沢山いて不思議w

いや、考え方は参考になりますけど、センチュリーの
成り立ちを理解していないと思いますね~(本田●佑風)
(♯15のコメが参考になる)

このデザインとスペックでは、海外(特にヨーロッパ)
では全く受け入れられないと思いますよ

そもそも右ハンドル限定ですしね
#22 匿名さん2017/10/31(Tue)13:29:00
#19 センチュリーが先代LS600hLの特装車とは、確かに残念だな。。。
LSのモデルチェンジに合わせた理由はこれか。
#23 匿名さん2017/10/31(Tue)13:46:23
♯22氏
LS600hLの「特装車」との意味は理解ができなかったが
ベースにしていることは確か
トヨタは今回のモーターショーで新型を「TNGA」に基づく
技術で開発・・・などと公式に発表していないのも根拠
(そう記載している他サイトは多々あるが)

また、LSのモデルチェンジと同時期の発表は、偶然だろう

今年は、トヨタグループの創始者、豊田佐吉の生誕150周年と
センチュリーの先代発売からちょうど20年という節目の年だったため
次期モデルの発表にふさわしかったと思われる
(センチュリーの意味は英語で「世紀」)

なお、次期モデルは「新型の発売が2018年」と発表されただけであり
デリバリー自体はしていないので、LSのモデルチェンジに合わせたという見解は正確ではないと考える
#24 匿名さん2017/10/31(Tue)14:00:29
どの情報も個人の見解による記載
信じる信じないは個人の自由

確かなことは、国内の道路を走る限り
センチュリーは最良のショーファーカーのひとつであること
#25 匿名さん2017/11/01(Wed)00:33:24
最近の政治家の殆どはセンチュリーを使わないから、なかなか難しい現状ではあるね。あとは皇室、一部上場企業幹部、組長ぐらい。

名前(任意)
コメント