car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・センチュリーがフルモデルチェンジ発売、V8ハイブリッド搭載

新型センチュリー、エクステリアはキープコンセプト

センチュリーが約21年ぶりのフルモデルチェンジを受けて2018年06月22日に発売日を迎えた。1967年の初代型から通算で3代目モデルとなる。

(写真は新型センチュリー)
センチュリー

トヨタのフラグシップモデルとして風格のあるエクステリアは、コンセプトを変えること無く踏襲された。
一方で、搭載されるパワートレインはハイブリッド化を遂げて、先代モデルからの進化が見られる。

センチュリー フロントグリル センチュリー リアコンビネーションランプ

新型センチュリーは2UR-FSE型V8 5.0Lハイブリッドを搭載

メインユニットのV8 5.0Lガソリンエンジンは最高出力381ps、最大トルク52.0kgfm。これに加わるアシストモーターは最高出力224ps、最大トルク30.6kgfmのスペックで、システムトータルでは431psの出力パフォーマンスとなる。JC08モード燃費は13.6km/Lを達成。バッテリーシステムはニッケル水素式が採用される。

センチュリー インテリア センチュリー リアインテリア

これは、レクサスLS600h(先代型)で採用実績のある2UR-FSE型のハイブリッドシステムをベースにセンチュリー向けにチューニングされたもの。技術的には最新型とまでは言えないが、出力パフォーマンスや燃費性能よりもむしろ、信頼性や安全性をより重視した結果だろう。トヨタのショーファードリブンとして最も相応しいパワートレインと考える。

トヨタ センチュリー

ホイールベースは先代モデルから65mm延長され、3090mmとなる。後席居住スペースは拡大された。

センチュリー リアシート センチュリー 後席

新型センチュリーの車両価格は1960万円に設定された。発売前から多数のオーダーを受け付けているが、月販目標台数はわずか50台。しばらくは納期が長くなりそうだ。

#1 華僑院護吉2018/06/24(Sun)07:36:36ID:gwYWY4YjTO
Bピラーが堅牢
#2 匿名さん2018/06/24(Sun)08:41:35ID:ViYWIzNTjO
このクルマも、高速道路ではモーターアシストしないのか。。。
「教えて、荒らしクン!」
#3 匿名さん2018/06/24(Sun)09:40:42ID:QxMTE2ZTGN
来る前から書き込むとかだいぶ頭に来ちゃってるんだね
かわいそうに
頭冷やした方がいいよ
#4 匿名さん2018/06/24(Sun)10:29:38ID:AzZmNjZmTN
3
自ら『荒らし』と、認めてしまう、その「基地外」加減が絶妙
ウケるw
#5 匿名さん2018/06/24(Sun)11:57:39ID:ViYWIzNTjO
#4
#3はいつもの「荒らし」と違うひと
人違いはそれこそ「いつもの荒らし」の一発ギャグ
#6 匿名さん2018/06/24(Sun)12:08:30ID:QxMTE2ZTGN
とりあえずこの言葉を贈っとくわ
「荒らしに反応するあなたも荒らし」
下らないレス合戦は傍目から見てるとどっちも見苦しいです
言い返されて悔しいのか何だか知らんけど
荒らしにレス付けるだけ無駄な労力を使ってることに
早く気付いてね
#7 南 祐斗2018/06/24(Sun)12:31:43ID:FiYjAyMDGN
V85.0とハイブリッドの融合させたモデルです
#8 匿名さん2018/06/25(Mon)20:22:00ID:Q2YTRmNzDY
頑張れ!
プレジデント!
#9 匿名さん2018/06/26(Tue)06:48:59ID:Q3MjIzZDjN
スルー。
#10 usi2018/07/17(Tue)19:13:35ID:Q4YjY2M2TN
v12消滅。

名前(任意)
コメント

車名

センチュリー

センチュリー

代表グレード

ベースグレード

フロアシフト

発売日

2018年6月

2014年4月

型式

DAA-UWG60

DBA-GZG50

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

5335

5270

全幅(mm)

1930

1890

全高(mm)

1505

1475

ホイールベース(mm)

3090

3025

トレッド 前(mm)/後(mm)

1615/1615

1575/1575

室内長(mm)

2165

2045

室内幅(mm)

1605

1605

室内高(mm)

1185

1185

車両重量(kg)

2370

2070

エンジン型式

2UR-FSE

1GZ-FE

シリンダー配列

V型8気筒

V型12気筒

排気量(cc)

4968

4996

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

94.0×89.5

81.0×80.8

最高出力

381ps(280kW)/6200rpm

280ps(206kW)/5200rpm

最大トルク

52.0kg・m(510N・m)/4000rpm

46.9kg・m(460N・m)/4000rpm

圧縮比

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

82

95

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.6

7.6

サスペンション(フロント)

マルチリンク

ダブルウィッシュボーン式エアばね

サスペンション(リア)

マルチリンク

ダブルウィッシュボーン式エアばね

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R18

225/60R16 98H

タイヤサイズ(リア)

225/55R18

225/60R16 98H

最小回転半径(m)

5.9

5.7

トランスミッション

CVT

6AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

19,600,000円

12,538,286円

車名

センチュリー

センチュリー

代表グレード

コラムシフト

標準仕様車

発売日

2014年4月

2004年4月

型式

DBA-GZG50

TA-GZG50

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

5270

5270

全幅(mm)

1890

1890

全高(mm)

1475

1475

ホイールベース(mm)

3025

3025

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1575

1575/1575

室内長(mm)

2045

2045

室内幅(mm)

1605

1605

室内高(mm)

1185

1185

車両重量(kg)

2070

1990

エンジン型式

1GZ-FE

1GZ-FE

シリンダー配列

V型12気筒

V型12気筒

排気量(cc)

4996

4996

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

81.0×80.8

81.0×80.8

最高出力

280ps(206kW)/5200rpm

280ps(206kW)/5200rpm

最大トルク

46.9kg・m(460N・m)/4000rpm

49.0kg・m(481N・m)/4000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

95

95

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

7.6

サスペンション(フロント)

ダブルウィッシュボーン式エアばね

ダブルウイッシュボーン式エアばね

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式エアばね

ダブルウイッシュボーン式エアばね

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/60R16 98H

225/60R16 98H

タイヤサイズ(リア)

225/60R16 98H

225/60R16 98H

最小回転半径(m)

5.7

5.7

トランスミッション

6AT

4AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

12,538,286円

9,849,000円

過去記事(2018/05/05)

トヨタ・センチュリーのフルモデルチェンジ発売が6月25日に予定

センチュリーがFMCで3代目モデルに、V8 5.0Lハイブリッド搭載

トヨタはセンチュリーのフルモデルチェンジを計画している。2018年6月25日に発売日を迎える見込みとなった。

(写真は新型センチュリー)
センチュリー トヨタ

センチュリーは、20年ぶりとなる今回のフルモデルチェンジで3代目モデルとなる。新型クラウンも同日に発表される予定で、トヨタ セダンのビッグネーム2モデルが一新されることになる。

センチュリー リアコンビネーションランプ センチュリー 東京モーターショー2017

新型センチュリーはオーダー受付中、レザーシート仕様もあり

新型センチュリーの車体は、昨年の東京モーターショー2017で市販プロトタイプが公開されていた。ボディサイズは全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベースは3090mmとなり、先代型から拡大。エクステリアデザインは従来型からのキープコンセプトながらも、最新モデルらしい繊細さを増しており、トヨタのフラグシップモデルに相応しい風格が与えられた。

センチュリー フロントグリル センチュリー トランク

ボディカラーは、神威(エターナルブラック)、摩周(シリーンブルーマイカ)、飛鳥(ブラッキッシュレッドマイカ)、精華(レイディエントシルバーメタリック)が設定される。

インテリアはショーモデルのファブリック仕様のほか、レザーシート仕様も設定される。

センチュリー インテリア センチュリー ファブリックシート

搭載されるエンジンは、2UR-FSE型のV型8気筒 5.0Lハイブリッドで、先代レクサスLS600hで採用されてきたものがベースとなる。V12エンジンは廃止され、環境性能の向上が期待される。

センチュリー リアシート センチュリー ドア

新型センチュリーのオーダー受付は始まっている。少量生産のため、既に年内納車が難しくなりつつある。

過去記事(2017/10/28)

トヨタ・センチュリー2018年フルモデルチェンジ型が東京モーターショー出品

新型センチュリー、ボディサイズは少し拡大、V8 5.0L ハイブリッド搭載

トヨタのフラグシップ、新型センチュリーの発売が2018年に予定されている。21年ぶりのフルモデルチェンジとなり、東京モーターショー2017で完成車体が公開された。

(写真は新型センチュリー)
センチュリー トヨタ

新型センチュリーのボディサイズは全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベースは3090mmとなる。先代モデルとの比較では全長+65mm、全幅+40mm、全高+30mm、ホイールベース+65mmとそれぞれ延長されており、さらなるキャビンスペースの拡大が盛り込まれた。

センチュリー インテリア センチュリー ドア

エクステリアは従来型コンセプトを踏襲しながらも、現代風に洗練された

エンジンはV8 5.0L ハイブリッドの2UR-FSE型が搭載され、V12 5.0Lエンジン搭載の先代モデルから燃費性能は大幅に改善される。環境イメージが向上したことで、公用車としても選択されやすくなるだろう。

センチュリー リアコンビネーションランプ センチュリー 東京モーターショー2017

エクステリアは従来型からコンセプトを変えず、流行に左右されないセンチュリーならではのコンサバティブな雰囲気が継承される。

センチュリー フロントグリル センチュリー トランク

それでもスクウェア形状のヘッドランプユニットはコンパクトとなり、フロントの表情は変わった。サイズバランス的により存在感を増したフロントグリルは、手前が長方形の格子型、奥が七宝文様の二重構造となっており、繊細かつ高級感のある仕上がりとなった。

センチュリー ファブリックシート センチュリー リアシート

インテリアではレザーシート仕様も用意されるようだが、出品されたウールファブリックシート仕様がオーソドックスな選択となるだろう。インパネや各部の装飾は意外にもシンプルさを感じ、このあたりは華美であることを良しとするレクサスLSなどとは大きく違う印象を受けた。

過去記事(2017/07/23)

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタ新型センチュリーが今秋東京モーターショーで公開予定

トヨタのフラグシップ、センチュリーがフルモデルチェンジされ、2017年秋に発表される見込みとなっている。

(写真は従来型センチュリー)
センチュリー

先代型センチュリーは1997年から2017年の20年間に渡って販売されたモデルであるが、既に生産が終わっており、次期型販売に向けた準備が進められている。

センチュリー リアコンビネーションランプ

センチュリーの他、レクサスLS、クラウンもフルモデルチェンジへ

先代型センチュリーにはV型12気筒5.0Lエンジンが搭載されてきた。次期型はV型8気筒5.0Lハイブリッドエンジンの採用が見込まれている。センチュリーのハイブリッド化を予告するモデルとして、FSハイブリッドコンセプトが東京モーターショー2011の段階で示されていたが、これが6年後の同ショーで市販モデルとして披露されることになるだろう。

FSハイブリッドコンセプト

ハイブリッド化により大幅な環境性能向上が期待される。これによって官公庁の公用車としてのポジションも取り戻すことになるだろう。

新型センチュリーの今後の予想スケジュールは、10月の東京モーターショー2017で公開され、この前後には予約受付が始まると考えられる。発売日は2018年春頃になる見込みだ。

(写真はレクサス新型LS500h)
LS500h ジュネーブ2017

この新型センチュリーの他、2017年秋にレクサスのフラグシップセダンの新型LSシリーズが日本発売される予定。クラウン ロイヤル、クラウン アスリートのフルモデルチェンジが2018年初旬発表、春~夏発売のスケジュールとなっている。トヨタ系上級セダンで大きな動きが見られる。