car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタC-HRに6速MT搭載1.2Lターボが追加、2019年秋頃の発売予測

欧州仕様C-HRの6速MTを日本市場に導入見込み

トヨタのクロスオーバーSUV、C-HRに6速マニュアルトランスミッション搭載モデルが追加される見込み。
2019年秋の東京モーターショー前後の日程で、発売あるいは予約スタートとなることが予想される。

(動画は欧州仕様C-HR ハイブリッド)

2016年末に日本での販売がスタートしたC-HRですが、1.8Lのハイブリッドエンジン、1.2Lのターボエンジンのいずれの搭載車もトランスミッションは自動変速のみの設定であった。

一方でC-HR欧州仕様では、1.2Lターボエンジン車に6速MTが設定されてきた。このパワートレインが日本導入されることになる。

C-HR

C-HRの6速MT搭載車は、GRから出されるスポーツモデル

C-HRの6速MT搭載モデルは、GRブランドから発売されることになりそう。
「GRMN」、「GR」、「GR SPORT」と完成車体では、3つのシリーズが展開されているGRブランドですが、このうちC-HRに設定されそうなのは、「GR」あるいは「GR SPORT」のいずれか。

「GR」なら、6速のマニュアルトランスミッション設定に加えて、ボディ強化やサスペンションカスタマイズも含まれ、車両価格が高くなりそう。

一方でGR SPORTであれば、6速のマニュアルトランスミッションを目玉とした装備に、いくらかの専用アクセサリーパーツが装備される程度、車両価格はそれほど高くはならない。

同じ時期には、マツダから同セグメントのライバルとして新型CX-30が発売される見込み。こちらは最初から6速のマニュアルトランスミッション搭載モデルのラインアップとなるだろう。

#1 匿名さん2019/04/09(Tue)20:24:18ID:ViMmIwN2mY
パワーウエイトレシオ的にはスポーツモデルとしては程遠い感
#2 匿名さん2019/04/09(Tue)23:41:57ID:E2ZDZmMTGN
国産車が欧州車に圧倒的に負けてる理由が、パワートレインのショボさ。
もう、永遠に追いつけない。
#3 匿名さん2019/04/09(Tue)23:45:38ID:VlNmYyZTTY
国産車が欧州車に圧倒的に負けてる理由が、パワートレインのショボさ。
#4 匿名さん2019/04/10(Wed)05:52:04ID:c1OGZhNWDY
↑ 否定しか出来ないクズみたいな人間どもだね。

イヤなら買わなきゃいいだけの事。欧州車なんて日本車に品質は遠く及ばないし何も分からない人間が欧州車を信仰しているだけの事。
#5 匿名さん2019/04/10(Wed)10:08:19ID:QyM2RmMDWM

品質が「仮」に良いとして、走行性能がダメダメな日本車
品質が「仮」に悪いとして、走行性能に勝る欧州車
「品質」って何?
インテリアの仕上げひとつとっても、日本車じゃ勝ち目はないのでは?
#6 匿名さん2019/04/10(Wed)16:22:20ID:I3ZThhYj2Y
品質と走行性能はなんら関係がない
#7 匿名さん2019/04/10(Wed)19:58:31ID:BmM2Y5OTDO
ホンモノの車は何故リセールが恐ろしく悪いのか?
#8 匿名さん2019/04/10(Wed)20:03:03ID:RlMjQwN2jN
ホンモノのクルマって何だ?
#9 匿名さん2019/04/10(Wed)23:37:24ID:YzYzBjOWGY
GRやGRMN出せばネットに蔓延る自称車好きも文句言い辛くなると思う
ヤリスGRMNとかBセグじゃ圧倒的な動力性能なんじゃないかな
CセグでもC-HRかカロスポあたりに設定されるとおもう
#10 匿名さん2019/04/10(Wed)23:50:58ID:M3ZjZjZjmO
シャシー性能は「モデル末期」のゴルフにせまってきた。後は魅力的なパワートレインが必要。
#11 匿名さん2019/04/15(Mon)09:27:04ID:BlNzliNDmZ
すべてのクルマに乗ってもいないのに、知ったようなことを言う人は信用できない。カー雑誌を盲信しているだけなんでは?
#12 匿名さん2019/04/15(Mon)18:13:25ID:YxZTYzZjWY
魅力的なパワートレインは、自社開発出来ない模様なので、他社製を購入。
#13 匿名さん2019/04/15(Mon)19:23:36ID:U5YTkyOG2Z
「トヨタのハイブリッドは世界一!」と、クルマに詳しくない人間を洗脳してしまったトヨタの罪は重い。
そんなにすごいパワートレーンなら、欧州車が真似てもおかしくないはずだが、そんなことはなく、あちらはハイブリッドなど見向きもせず、一気にプラグイン化、EV化に邁進している。

この、追いつけそうもない「差」を、トヨタはどうしていくつもりなのか。

名前(任意)
コメント