トヨタ・C-HRの販売が好調、長引く納期、2017年生産モデル残りわずか

C-HRは欧州向けサイズながらも日本でも大人気、3月1万6816台を販売

トヨタではC-HRの販売が好調となっており、納期が半年を超えるほどに長期化している。あと少しで2017年内生産枠がオーダーで埋まる見込みとなっている。

(写真は新型C-HR)
C-HR

C-HRはトヨタが2016年12月14日に発売した新型のクロスオーバーSUVである。特徴的なエクステリアデザインは賛否両論あるものの、好調なセールスの要因の一つであることは間違いないだろう。

C-HR リアコンビネーションランプ

C-HRの目標販売台数は月間6000台と発表されていた。しかし実際の販売台数としては2017年1月が9144台、2月が1万2985台、3月が1万6816台と大きく台数を増やしてきており、現在は相当な増産体制が取られていることが予想される。

C-HR ジュネーブ2016

C-HRのスタート価格は251万6400円、ハイブリッドは264万6000円からに設定される。このクラスのクロスオーバーSUVでこれほど売れたのもあまり例がなく、トヨタとしても大きな利益が出ているのではないだろうか。

トヨタC-HR日本仕様 C-HR日本仕様リアコンビネーションランプ

C-HRがCセグメントクロスオーバーSUVとしては異例の人気ぶり、他メーカーへの波及も期待

C-HRの全長は4350mmとなっており欧州でよく売れるボディサイズとなっている。そのため発売前までは欧州でのプロモーションが活発であった。

(写真は日産キャシュカイ)
キャシュカイ プロパイロット

かつて日産がこれに近いサイズのクロスオーバーSUVとして欧州向けのキャシュカイをデュアリスの車名で日本発売させたが、台数が出ずラインアップを継続させることができなかった。ただしこういった市場の特性もC-HRの成功により流れが変わっているかもしれない。欧州キャシュカイを再び日本販売させるのも面白いのではないだろうか。

関連するレポート

[ 2017/04/21 ]
#1 ぺぺめめ2017/04/21(Fri)22:56:56
デュアリスはジュークと販売がかぶったのでジュークが売れたからしょうがないと思う。ヴェセルも好調だしデュアリスはデザインが渋すぎたのでは。個人的にはいいデザインと思うけど。
#2 匿名さん2017/04/22(Sat)03:00:09
ヴェゼルな
#3 匿名さん2017/04/22(Sat)11:25:01
パチンコ屋に入るプリウスがこれに変わっていくのか。
#4 匿名さん2017/04/22(Sat)23:26:39
ワイドなボディとタイトな室内
厳つい眼光、ハードな乗り味
なのに…売れてる不思議。
#5 匿名さん2017/04/23(Sun)02:21:30
上手く時流に乗った良い商品。
今は自己主張、自己顕示欲の強い人達がたくさん車を買ってくれる。
#6 匿名さん2017/05/01(Mon)17:02:35
今このセグメントは出せばすぐ売れる、そんなブームな気がする。
#7 匿名さん2017/05/05(Fri)22:13:34
トヨタは商売うまいな~
単なるハイブリッドのプリウスは飽きたしSUVで目立ちたい顧客心理
でも1年後にはC-HRだらけになる

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.