car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BRZ

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

投稿日:2017/08/07 更新日:

次期86/BRZもトヨタ&スバルの協業で開発中、ボクサーFRスポーツは継続

トヨタ・86とスバル・BRZが2012年にデビューしてから5年が経過する。フルモデルチェンジ時期は2020年頃が予想されており、次期モデルが開発段階となっている。

(写真は現行86)
86後期型

次期86はパワートレインの出力アップとプレミアム化で車両価格アップ、低価格FRスポーツはS-FRへ

若者のクルマ離れを阻止すべく、手頃な価格の本格FRスポーツカーとして導入されたのが86/BRZであった。それでも今時、250万円のスポーツカーをローンを組んでまで買うようなマインドの若者はそう多くはない。むしろ中高年層から多く売れ、そういった世代の若返りアイテムとして捉えられた一面もあった。

86後期型エンジン 86後期型リアコンビネーションランプ

こういった現行型の販売状況から、次期型に期待されるのは、多少の値上がりは寛容されながらも、パワートレイン部分での抜本的なパフォーマンスアップ、およびプレミアム感を満足させるモデルとなる。エンジンはターボ化あるいは排気量アップが盛り込まれることが予想され、もちろんスバル協業によるボクサーエンジンは継続される。

(写真は86オープンコンセプト)
86オープン 86 オープンコンセプト

現行型はオープン、シューティングブレーク、セダンといった派生モデルも検討されたが、いずれもショーモデルか構想止まりであった。なかでもコンバーチブルタイプのオープンカーは次期型での市販ラインアップが予想される。

(写真はコンセプトカー、S-FR)
S-FR S-FR,リアコンビネーションランプ

若者向けFRスポーツカーは、2015年の東京モーターショーで出品されたコンセプトカーのS-FRに役割が移されることになる。S-FRの開発は続いており、2021年の発売が予想される。

#1 匿名さん2017/08/08(Tue)19:47:13
S-FR?安いっても198万円とかでしょ。若者もオッサンも買わねーよw
#2 匿名さん2017/08/09(Wed)00:48:36
若いモンに買って欲しいならせめて120万ぐらいにはしなきゃ・・・って無理かwww >S-FR
#3 匿名さん2017/08/10(Thu)01:36:57
>>S-FR
コンセプトがありえんぐらい安っぽいだろ
軽自動車で150万が相場じゃ…ダイハツOEMレベルの話
つーかコペンのがマシだな
#4 匿名さん2017/08/10(Thu)10:50:50
コンセプトでいいから市販時に何処までコストを下げた車が出せるか、そういう視点の車を試しに作ってみて欲しい。
#5 匿名さん2017/08/11(Fri)21:48:51
あれれー皆さん貧乏ですかー
僕とかランボ5台(アヴェンタドール3台、ヴェネーノ、ウラカン)、ファントム、とか色々乗ってるよー
#6 匿名さん2017/08/11(Fri)21:49:36
なら、写真を乗せろよ
#7 匿名さん2017/08/18(Fri)18:07:27
でも200万でも若者は、買えるレベルにある人なら買うんだよね
軽自動車なんてターボつけて~その他装備つけて~とかやってると200超えたり、超えなくとも近い。
それでも買う人は買うんだ。そしてそれらは売れ線でもある
#8 匿名さん2017/08/29(Tue)12:53:17
ほぼ流用の軽ですら170万当たり前の時代に、専用設計FRを150万でとか、取り残されたまま何も考えてない証拠
BMWの1シリーズは460万~、まともな動力性能持ったバージョンは650万ですよ。FFから様々流用できる上にスマートとも使い回しでコスト極限に絞ったtwingoでさえ200万越えます

いくら匿名とはいえ、見当違いな発言は控えましょう。他の言葉も誰にも聞いて貰えなくなります

名前(任意)
コメント