トヨタの欧州コンパクト、アイゴがジュネーブモーターショー2014で発表

アイゴがフルモデルチェンジ、姉妹車プジョー108、シトロエンC1も同時デビュー

トヨタは開催中のジュネーブモーターショー2014で新型アイゴをワールドプレミアさせた。

トヨタ アイゴ

新型アイゴはプジョー・シトロエンとの共同開発で、新型108、新型C1らと今回のジュネーブで同時発表となった。

トヨタ AYGO トヨタ 新型アイゴ

新型アイゴの日本発売は無いが、コンパクトFRスポーツのベースになる可能性も

トヨタ アイゴ ジュネーブ2014 トヨタ AYGO ジュネーブ2014

アイゴのボディサイズは全長3455mm×全幅1615mm×全高1460mm、ホイールベースは2340mmで欧州Aセグメントカーに位置付けられる寸法となる。全長だけ見ても日本国内向けのパッソより20cm程度も短く、軽自動車がシェアを占める日本市場へは導入されない車種となる。欧州市場での最大のライバルはフォルクスワーゲンのUP!となるだろう。

こちらは姉妹車種の108とC1である。
プジョー108 シトロエン C1

車体の基本メカニズムは同じであるがアイゴとはエクステリアデザインの違いで差別化されている。108はオーソドックスにプジョーのデザインルールに従い、C1は上下に分割されたヘッドライトで個性的となった。これらに対してアイゴはキーンルックを発展させたようなフロントデザインが特徴的となった。

最高出力69psの3気筒1.0Lエンジンを搭載。
トヨタ アイゴ エンジン

アイゴの大胆なXフェイスはアフターパーツで色の変更が可能となっている。
アイゴ フロントグリル

一方で、トヨタでは86より下のクラスのコンパクトFRスポーツカーの開発が噂となっているが、その車体はアイゴのモノコックがベースになるという話もある。当然アイゴはFFのためFR化という手順を踏むことになるがボディサイズは新型コンパクトFRスポーツカーとして想定されるものに近い。低予算でコンパクトFRモノコックを開発する手段としてはあり得るのではと考える。

関連するレポート

[ 2014/03/13 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.