オーリスターボ120Tが4月6日発売、150X(FF)より約35万円も高くなる見込み

オーリスターボ120Tが4月6日に発売、トヨタ新開発1.2Lターボエンジンを搭載

オーリスターボが2015年4月6日に発売される予定となっている。現行オーリスは1.5L、1.8Lと2タイプのNAガソリンモデルがラインアップされているが、1.2Lターボエンジンモデルとして120Tが加わることになる。

(写真は新型オーリス欧州仕様)
オーリス フェイスリフト

今回はマイナーモデルチェンジということで外観デザインも新しくなる。ヘッドライト、リアコンビネーションランプ、フロントグリルに新デザインが採用されることで、しっかりフェイスリフトされる。

オーリス リアコンビネーションランプ 新型オーリス ハイブリッド 欧州仕様

オーリス120Tは車両価格が高い、優れたトルク性能は1.8Lモデルを凌ぐ

オーリスターボ120Tのスタート価格は、220万円前後になると予測される。現行1.5L NAの150X(FF)が車両価格184万1143円、現行1.8L NAの180G(FF)が車両価格211万8857円に設定されており、トヨタ新開発ターボエンジンを搭載した120Tはこれらの中で最も高価格なパワートレインということになる。

オーリス120TのJC08モード燃費は19.4km/L、最高出力は116ps、最大トルクは18.9kgmとなることが見込まれている。

燃費性能とエンジンスペックを現行モデルと比較してみると、150XはJC08モード燃費18.2km/L、最高出力108ps、最大トルク13.9kgm。180Gは同16.0km/L、143ps、17.6kgmとなっており、120Tのエンジンパフォーマンスはトルクで最も優れ、出力性能で1.5Lをやや上回る程度となる。期待される燃費性能は120Tが最も優れるが、150X比で5%程度の改善に留まる。

新型オーリス 2015 オーリス新デザイン

やはり150Xに対して約35万円も高い120Tの車両価格が厳しいと感じる。これならば欧州仕様にあるオーリスハイブリッドを日本に導入した方が人気となりそうだが。

関連するレポート

[ 2015/03/28 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.