car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

オーリス ターボが2014年2月追加発売、マイナーモデルチェンジも実施

オーリスがマイナーモデルチェンジで後期型へ移行、フロントデザインも変更

トヨタのCセグメントハッチバックカー、オーリスは2014年2月にマイナーモデルチェンジを受ける計画となっている。そして、その後期型オーリスにはターボエンジン搭載モデルが追加ラインアップされる予定だ。

(写真はオーリスハイブリッド欧州仕様)
オーリス ハイブリッド

後期型オーリスではフロントデザインも次世代型キーンルックへ進化することが予想される。

オーリス ハイブリッド 欧州仕様

オーリスにターボエンジン搭載モデルを追加発売、ゴルフTSI 1.2に対抗する

現行オーリスは欧州市場での主力車種、VW・ゴルフの対抗モデルとしてポジショニングされる。

(写真は現行オーリス日本仕様)
オーリス 2012

現行オーリスの日本仕様のパワートレインは1.5Lと1.8Lの2タイプのNAガソリンエンジンモデルが設定される。欧州仕様ではこの他に1.3Lガソリン、1.6Lガソリン、1.4Lディーゼル、2.0Lディーゼル、さらに上級パワートレインとしてプリウスと同じ1.8LのTHSⅡを搭載したモデルが用意され、多彩なエンジンラインアップでライバルのゴルフに対抗している。

(写真は現行シャア専用オーリス)
シャア専用オーリス MS-186H CA ジオニックトヨタ

一方で現行基準に対応した小排気量のガソリンターボエンジンについては、トヨタは実用化が未だできておらず開発を急いでいた。そして、今回のオーリス後期型でようやく市販モデルとしての搭載が実現することになる。

(写真はVW・ゴルフと1.2L TSIエンジン)
VW ゴルフ TSI 1.2L

新開発の1.2Lターボエンジンは、現行ゴルフ TSIの1.2Lエンジンをベンチマークとしていることが想定される。ゴルフ TSI 1.2Lのスペックは、最高出力が105ps、最大トルクが17.8kgfm、JC08モード燃費が21.0km/Lであった。オーリスターボは少なくともこれを上回るパフォーマンスが求められることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント