car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

86オープンコンセプトが東京モーターショーの主力展示車に、市販可能性は?

86派生のオープンカーが東京モーターショー2013に出展、電動ソフトトップ装備

前回2年前の東京モーターショー2011では、トヨタの水平対向エンジン搭載のスポーツクーペ、86がデビューした。今回の2013年の東京モーターショーでは、その派生車としてFT-86 Open Conceptが出展された。

86 オープン コンセプト

86をベースに電動ソフトトップを装備させたコンバーチブルモデルの存在については、86の発売以前から噂となっていた。そもそも86はオープンモデルありきで開発されたとも言われている。むしろこのオープンモデルが本家であると思わせるほど完成されたデザインを持っていると感じた。

86 オープン ルーフ開閉 86オープン 電動ソフトトップ

FT-86 Open Concept東京仕様は新色フラッシュレッド、右ハンドル仕様

FT-86 Open Conceptとしては、今年2013年3月のジュネーブモーターショーでホワイトボディのFT-86 Open Conceptが初登場し、その車体は世界各国のモーターショーで姿を見せることになった。
今回の東京モーターショーで出展されたモデルは、このジュネーブ仕様とは異なり、フラッシュレッドのエクステリアと右ハンドル化がなされた新ボディとなった。

トヨタ 86オープン トヨタ86オープンコンセプト 東京モーターショー

86オープン市販の実現性については、否定的な意見も多い状況であった。しかし今回の東京モーターショーで、FV2、FCVコンセプト、JPN TAXI コンセプト、i-ROADらと並ぶトヨタの主力展示車の一つとして86オープンコンセプトが披露されたされたことで、市販化の可能性は高まったと期待したい。

86 open concept tokyo motor show 2013

もちろんトヨタは未だ86オープンの市販化について具体的には明言しておらず、詳細な仕様についても未定のままである。
仮に市販化が実現したとすれば、想定される価格帯は400万円前後からとも言われている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント