car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディがTTロードスタ、TTSロードスターをパリモーターショーで発表

アウディ新型TTシリーズのロードスター版がパリモーターショーに登場

アウディはパリモーターショー2014で新型TTロードスターおよびTTSロードスターを発表した。

(写真はアウディTTSロードスター)
TTSロードスター

TTシリーズは3月に開催されたジュネーブモーターショー2014で3代目モデルが発表されていたが、そのオープンクーペスタイルの派生モデルとしてTTロードスターが今回発表された。上級モデルのTTSロードスターも設定される。

TTロードスター アウディ TTS ロードスター

ルーフは電動ソフトトップが装備されるが、これは先代モデルから軽量化されている。またコンパクト化されており、オープン時の荷室容量も向上している。ルーフ開閉に要する時間は約10秒となっており、これは50km/h以下での走行時でも可能とする。

AUDI TT roadster TT ロードスター アウディ

TTロードスターに搭載されるエンジンは、ガソリンとディーゼルの2タイプが用意される。なかでも日本仕様に導入される可能性が高いのは当然ガソリンのTFSIで、その仕様は直4 2.0Lの直噴ターボ過給により最高出力は230hp、最大トルクは37.7kgfmとなる。組み合わさるトランスミッションは6速MTと6速Sトロニックが用意される。

TTSロードスターは2.0L TSFI 310hpのハイパフォーマンスエンジンを搭載

TTSロードスターでは、TTロードスターと同排気量のTFSIながらも最高出力は310hp、最大トルクは38.7kgmのハイパフォーマンスユニットが搭載される。0-100km/h加速は4.9秒の性能を誇る。

TTSロードスター エンジン TTSロードスター インテリア

欧州での発売日は来月2014年11月からが予定されている。英国向けと思われる右ハンドル仕様も2015年3月の発売予定となっていることから、順次日本市場へも導入されることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/05/02)

アウディがTTオフロードコンセプトを発表、北京モーターショー2014画像

アウディ新型TTオフロード コンセプトがワールドプレミア、北京ショー画像

アウディは北京モーターショー2014でTTオフロードコンセプトをワールドプレミアさせた。

TTオフロード コンセプト

3月に開催されたジュネーブモーターショー2014で、アウディはスポーツクーペ TTシリーズのフルモデルチェンジを発表したばかりであった。翌月に開催された北京モーターショー2014では、派生モデルにあたるTTオフロードコンセプトを発表した。

アウディ TTオフロード コンセプト

独特のスタイリングを持つTTシリーズの派生クロスオーバーSUVということで、そのエクステリアデザインに多くのファンが興味を持ったことだろう。しかし、北京でそのボディを見るなり、正直に言えば期待外れな印象を受けてしまった。

アウディ TT オフロード コンセプト 2014

TTオフロードコンセプトは、SUVとして、あるいはシューティングブレイクとしてあるべき利便性が備えられたものとなった。それ故にオーソドックスな5ドアハッチバックボディが採用されることで後席の居住性が確保され、ヘッドクリアランスは余裕のあるものとなった。ルーフ後半が弧を描くTTシリーズ独特のスタイリングは採用されず、TTシリーズというよりもA3シリーズの派生モデルといった印象を受けた。

(写真はアウディ新型TT、ジュネーブ2014)
アウディ TT ジュネーブモーターショー

TTオフロードに搭載されるのはシステム最高出力408psのプラグインハイブリッド

TTオフロードコンセプトに搭載されるパワートレインについては、パフォーマンス的にも環境性能の面においても上級なものが搭載され、2.0Lの直噴ガソリンターボTFSIをメインユニットに2つのモーターによるアシストが加わったPHV仕様となる。システム最高出力は408ps、最大トルクは66.3kgmというスペックとなった。

アウディ TTオフロード コンセプト 北京モーターショー2014

TTオフロードコンセプトは新型TTシリーズから譲り受けるデザインもある。ヘッドライトやフロントグリル、リアコンビネーションランプなど細かな部分は新型TTシリーズからの引用となり、これがアウディの上級モデルであることを主張するものとなった。

TTオフロード コンセプト 2014 北京

今回の北京ショーではメルセデス・ベンツがコンセプト クーペ SUVを発表するなど、クーペ+SUVといったカテゴリの車種が目立った。アウディTTオフロードコンセプトのボディサイズは、全長4390mm×全幅1850mm×全高1530mm、ホイールベースは2630mmと、この手のクーペSUVとしてはコンパクトに仕上がっている。軽量かつ手頃なサイズのボディとハイパフォーマンスエンジンの搭載という組み合わせにより、クーペSUVのセグメントは新たな購買層を刺激することになるだろう。

過去記事(2014/03/12)

アウディTTがフルモデルチェンジ、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

新型アウディTTがジュネーブで発表、新エクステリアデザインで3代目へ

アウディは今月3月に開催されているジュネーブモーターショー2014でフルモデルチェンジした新型TTを初公開した。

(写真はTTシリーズの中でも310ps 2.0 TFSIを搭載するTTS)
AUDI TT TTS

TTシリーズは本モデルで1998年の初代モデルより数えて3代目となる。丸く曲線的であった歴代TTと比較すれば、新型TTは直線的なラインが目立つ。

アウディTT ジュネーブ アウディ TT ジュネーブモーターショー

フロントデザインはシングルフレームのヘキサゴングリルが採用される。内部はブラックのメッシュで覆われており、バンパーラインはすっぽり隠された。ヘッドライトは他のアウディ車のそれとは少し異なり、シンプルな平行四辺形タイプとなりスポーティーなイメージが表現されている。

新型アウディTT TTS

新型TTのボディサイズは全長4180mm×全幅1832mm×全高1353mmと先代モデルより僅かに小さくなっているがほぼ変わらず。ホイールベースは2505mmで+37mmの延長を受けている。

アウディTTクーペに搭載されるエンジン、コンセプトモデルの最強エンジンは420ps

TTシリーズに用意されるパワーユニットは3タイプ。標準モデルのTTには、最高出力230psを発生する直噴ターボガソリンエンジンの2.0TFSIと184psのターボディーゼルエンジンの2.0TDI。上級モデルのTTSではハイパフォーマンスな2.0TFSIが搭載され、こちらは最高出力310psとなる。

アウディTT クアトロスポーツ アウディTTクアトロスポーツ コンセプト

更にこれら市販モデルに追加発表されたのがコンセプトカーのTTクワトロ スポーツである。

TTクアトロスポーツ TTクアトロスポーツ 420ps

こちらは4気筒2.0Lのガソリンターボながらもその最高出力は420psに及ぶ。駆動方式はクアトロの名の通り4WDとなる。