car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ザ・ビートルのSUVコンセプトが北米国際オートショーでワールドプレミア

ザ・ビートル デューン コンセプトがデトロイトで公開、クロスオーバーSUV

2012年から日本発売されているザ・ビートルに、クロスオーバーSUVの派生車としてのコンセプトモデルが登場した。1月13日よりデトロイトで開催されている北米国際オートショー2014で公開されている。

ザ・ビートル デューン

ザ・ビートル デューン コンセプトと名付けられたこのモデルは、アリゾナ砂漠での走行をイメージしたコンセプトカーとなる。

ザ・ビートル DUNE

ノーマルのザ・ビートルに、アンダーガードやフェンダーエクステンションを装備。ボディサイズは若干大きくなり、全長は+0.5インチ、全幅は+2.2インチのアップとなる。
またタイヤは大径の19インチを履き、サスペンションの調整が加わることで、最低地上高は+2インチ、全高で+0.8インチの拡大を果たす。

VW ザ・ビートル デューン コンセプト

ザ・ビートル デューンはフロントグリルも専用デザインが採用されている。フォグランプと分離した台形のメッシュグリルとなり、これはR-Lineとも共通する。さらに、このザ・ビートル デューンではクロームメッキのフレーム装飾が加わっている。

ザ・ビートル デューンに搭載されるエンジンは2.0L TSIの直噴ターボエンジン

ザ・ビートル デューンのパワートレインについては、R-Lineと共通である。直4 2.0L 直噴ガソリンターボエンジンのTSIで、最大出力213ps。トランスミッションは6速DSGとなる。

またXDSも装備される。フォルクスワーゲン車のスポーツモデルに装備されてきたXDSは、高速コーナーでの走行シーンにおいて、グリップ不足を補う制御システムであったが、これは悪路でのグリップ不足解消にも貢献してくれることだろう。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

具体的な市販化の目処については公表されていないが、ボディの大半が市販版のザ・ビートルと共通であることから、市販化のハードルは低いはず。今後の展開に期待したい。

#1 匿名さん2018/02/17(Sat)07:45:56
皆さんにご愛好いただいたThe Beetleは、
2019年をもって日本での販売が終了になります。
2018年は色々なキャンペーンや特別モデルが登場しますので、
どうぞお楽しみに!

だそうです
残念
#2 匿名さん2018/02/17(Sat)22:36:41
マジでございますか!
#3 匿名さん2018/02/17(Sat)22:42:58
ザ・ビートルのウェブサイトで確認して
なお、後継モデルはありません
買うなら今

名前(任意)
コメント

過去記事(2013/03/30)

VW・ザ・ビートル カブリオレが日本発売、電動ソフトトップ装備で375万円

ザ・ビートルにカブリオレが追加、日本価格は375万円

フォルクスワーゲンジャパンはザ・ビートル カブリオレ日本仕様を発売した。
車体は昨年2012年12月開催のロサンゼルスオートショーで発表されていたものであり、2012年から日本導入されていたザ・ビートルのコンバーチブル版となる。
(写真はジュネーブモーターショー2013で出展された特別カラーのザ・ビートル カブリオレ。日本導入カラーはレッド、ホワイト、イエロー、ブルー、ブラックの5色のみ。)
ザ・ビートル カブリオレ

ザ・ビートル カブリオレは電動式ソフトトップを採用

ザ・ビートル カブリオレに装備されるルーフは電動開閉式で、オープンで9.5秒、クローズで11秒といった短時間での動作を実現している。この手の電動ソフトトップは最後のロック施錠解除を手動によって行うものもあるが、このザ・ビートルカブリオレはフルオートによる開閉が可能となっている。また、速度50km/h以下であれば走行中の開閉にも対応しており、気軽にオープン走行を楽しめるのも嬉しい。

搭載されるパワートレインは、既に日本導入されているザ・ビートルと共通で、1.2L TSIのガソリンエンジンに7速DSGのトランスミッションを組み合わせたシステムとなる。JC08モード燃費は17.6km/Lを達成しており、エコカー減税75%対象であることもユーザーにとってありがたい。
ザ・ビートル カブリオレ 2013
またオープンカーならではの安全対策としては、横転時に頭部を保護するロールバーが後部座席後方から自動的に飛び出すシステムが導入されている。通常時は、このロールバーがリアシート後方に隠れており、安全装置がデザインの犠牲にならない工夫が施されている。先代のニュービートル カブリオレから引き続き導入されたこの装置のおかげで、ザ・ビートル カブリオレのリア周りはクラシックオープンカーのようなスッキリとした仕上がりとなった。
ザ・ビートル カブリオレ ジュネーブ2013
ザ・ビートル カブリオレに設定されるグレードは1タイプのみで、カラーリングは外装5色、内装2色(ブラック、ベージュ)の展開。車両価格は375万円でフォルクスワーゲンジャパンより販売される。

過去記事(2012/05/30)

新型ザ・ビートルのカブリオレ版が今秋にも発表

新型ザ・ビートルのカブリオレ版が今秋にも発表

ザ・ビートルが日本発売、早くもカブリオレ登場の噂

ザ・ビートルの日本仕様がデビューした。初期投入されるグレードは、The Beetle Design Leather Packageが303万円、The Beetle Designが250万円の2タイプで、当面は前者のレザーパッケージのみの入荷となる。
そんな、新型ザ・ビートルをベースにした派生モデル、カブリオレが早くて今秋に発表となりそうだ。

Eバグスターは、ザ・ビートル カブリオレのプロトモデル

写真は、北京モーターショーで公開されたEバグスター。
ザ・ビートル カブリオレ
このEバグスターは前回のデトロイトオートショーでワールドプレミアを迎えている。「バグ」はビートルの米国でのニックネーム、「スター」はツーシーターオープンカーを意味する。
ザ・ビートルのルーフを取り払いカブリオレ化しただけでなく、出力85kWのモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載したEV(電気自動車)である。満充電からの航続可能距離は180km、0-100km/h加速は10.8秒となっている。また、専用の急速充電スタンドを使えば35分で充電を完了する。
ザ・ビートル Eバグスター
ザ・ビートル Eバグスター 北京モーターショー

これはあくまでもコンセプトカーではあるが、フォルクスワーゲンはEVとしての市販化を否定していない。しかしそれよりも、目先デビュー予定のザ・ビートル カブリオレを意図していることは明らかである。
ザ・ビートル カブリオレは、2012年11月30日より開催されるロサンゼルスオートショーでワールドプレミアを迎えるとされている。そこでは、’50s(1950年代)、’60s、’70sと名付けられた3つのモデルが出展され、各時代ごとのテーマに合わせた内外装色を持つ「ザ・ビートル カブリオレ特別仕様車」が発表される見込みだ。

過去記事(2011/12/19)

フォルクスワーゲン新型ザ・ビートルの価格は250万円、フェンダーアンプ仕様も

ザ・ビートル、1.2L TSI搭載、燃費は17.4km/L、価格は250万円から

ザ・ビートル
ザ・ビートルが、ニュービートルの後継車としてフォルクスワーゲンから発売される。
日本仕様は250万円からの価格設定。
ファブリックシート採用のベースグレードでありながらも、最新グレードのパワーユニット、1.2L 直噴TSIエンジンと7速DSGが標準装備される。
燃費は10・15モードで17.4km/Lを達成。日本の燃費基準に最適化されていない欧州車であれば、実用燃費でもこれと同程度の数値が期待できる。
さらに高級指向のザ・ビートル、レザーパッケージが設定され、こちらの車体価格は303万円から。
まずはレザーパッケージが2012年夏頃の発売に向けて、2012年4月頃から予約受付を開始。
その後、ファブリック仕様のベースグレードの発売が開始される。

また、これとは別にアメリカでは廉価グレードのザ・ビートルを販売。
価格は1万8995ドルと日本円にして150万円程度になる。
2.5L直列5気筒ガソリンエンジン、トランスミッションは5速MTと、装備は旧式と言わざるを得ないが、これと比較すると日本仕様が割高に感じてしまう。

新型ザ・ビートルのトランクルームは、先代ニュービートルに比べ広くなっている。
ザ・ビートル

燃費性能に優れたVW 1.2L TSIエンジン。
排気量を1.2Lにダウンサイジングし、足りないトルクはターボチャージャーで補う。
TSI 1.2L

VW ザ・ビートルがフェンダーとコラボ、トランクにギターアンプ内蔵

ザ・ビートル フェンダー リア

ザ・ビートル フェンダー 内装

新型ザ・ビートルの発売にあたって、アメリカのギターメーカー、フェンダー社とのコラボモデルも登場。
トランクルームにはフェンダーアンプが内蔵されるほか、ダッシュボードはギターと同じアッシュ材に3トーンサンバースト塗装、センターコンソールはフェンダーアンプ風のデザインに、ドアの内張りにはギターストラップ調の装飾がされるなど、随所にロックファンからの注目を集めやすい仕様になっている。
特に、トランクのギターアンプは400Wのチューブアンプを採用するという本格仕様で、もちろんギターを繋いで実際に鳴らすことも可能だ。
このフェンダーコラボのVW ザ・ビートルの車両は、残念なことにプロモーション用に作られただけで一般発売はされないという。
ザ・ビートル フェンダーアンプ

過去記事(2011/04/19)

新型のニュービートル(ザ・ビートル)がデビュー(写真画像あり)

新型ビートルとしてフルモデルチェンジデビュー

1998年から12年間に渡って販売され続けていたニュービートルがThe Beetle(ザ・ビートル)としてフルモデルチェンジした。
2011年4月18日の発表ではThe 21st Century Beetle(21世紀ビートル)とも表題されている。
未だ日本市場でのデビューは果たしていないが、ドイツ、米国、中国で先行発表。
特に、上海モーターショーでは赤と白の2台が披露され、人気を呼んでいた。

カタカナ表記の正式な日本語車名については不明。
従来どおりニュービートルになるのか、ザ・ビートルになるのかはわからない。
本国ドイツのウェブサイトでは既にカーラインアップの中で単純に「Beetle」と表記されている。
エクステリア、インテリア紹介を中心とした特設ページも既に用意されている。
Volkswagen Deutschland(フォルクスワーゲン・ドイツ)
価格設定やスペックの詳細についてはまだ不明な点が多い。

プレミアム志向を増したビートル

beetleスペック
新しくなったビートルの先代のニュービートルとの大きな違いは、ボディサイズを大きく変更させたことだ。
より低く、長く、幅広くなり、スポーティ感を増している。
ボディサイズ表を見てもらうと、全長、全幅方向にサイズをアップさせた反面、全高は低く抑えられたのがよくわかる。
先代ニュービートルはファニーなエクステリアで女性にも人気があった。
新型ビートルは引き締まった男性向けのスポーツカーといった印象が強く、プレミアムな雰囲気が強くなった。
ヘッドライトやボンネットなど細部のデザインの方向性は前代のコンセプトを踏襲している。
新型ビートル写真画像1 新型ビートル写真画像リア 新型ビートル写真画像サイド

大衆車的なニーズからは遠ざかった

先代ニュービートルは、クーペボディながらも後席も大人が満足に座れるものだった。トランクルームこそ軽自動車並だが、二人乗車メインであれば、日常の使い勝手に大きな不満がなかった。
実用性が何とか保たれていた理由で日本でも幅広いユーザーを獲得する事ができた。
それでも、パケージングに優れたミニバン、コンパクトカーなど実用車にありふれた現在では、旧ニュービートルは見た目重視の小さな車として我慢を強いられる事があり、オーナーとしてはできればもう少しトランクが広ければなどと思う場面もあった。
新型のビートルに関しては、このあたりのパッケージングや使い勝手に対する割り切りをより多く求められることになる。
リアにかけてなだらかに下がる低いルーフは後席の居住性を悪くするだろう。
また、1.8mを超える広い全幅は、クーペーボディの大きなドアと相まって、日本の道路や駐車場環境では使いにくい。
実用性がより低くなったことは、ユーザーが購入を決断するのに大きなハードルとなるはずだ。

ライバルとしてはアウディTTや308CCが挙げられる。

過去記事(2011/04/06)

新型21世紀ビートル(21st Century Beetle)2011/4/18発表

ニュービートルがモデルチェンジ

フォルクスワーゲン(VW)は4/18にニュービートルの後継車にあたる新型ビートルを発表する。
現在のところ「21st Century Beetle」と表題されているが、正式車名は未定。
2012の発売予定となっている。

エクステリアはこうなる

新型21世紀ビートルは既にいくらかのデモカーの写真がネット上で出回っている。
エクステリアは全体的には、従来のニュービートルを踏襲する形となっている。
全体的に丸さのある旧型に対して、新型21世紀ビートルはボンネットが長くなり、リアの傾斜もなだらかに長く伸びた。
旧型ニュービートルを上から押しつぶして、前後に延長させたようなエクステリアになっている。
サイドからの眺めた印象は、低く長くややスポーツカー風なデザインで旧型ニュービートルとは全く違う印象。
それに対して、フロント正面からのアングルでは、車に詳しくない人からすれば、旧型ニュービートルと違いがわからないぐらい、デザインを引き継いでいる。
小さくなったが、ビートルらしい丸いヘッドライトや丸いテールランプも健在だ。
新型21世紀ビートル(21st Century Beetle)1新型21世紀ビートル(21st Century Beetle)2

より高い走行安定性が期待できる

新型の21世紀ビートルは、より低く、より長いホイールベースになる可能性が高い。
旧型のニュービートルは、ドイツ車らしい走行安定性はあるものの、開発ベースとなったゴルフと比較すれば、高速走行時の安定性やハンドリング性能に不満をもつユーザーも少なくなかった。
「21st Century Beetle」は、スポーツ性能の高い位置付けの車種になることが予想される。
車体価格も従来のニュービートルよりも高くなるだろう。

ニュービートルは既に販売停止

ニュービートルは未だに古さを感じさせないエクステリアが特徴的であるが、実は1999年の日本デビュー以来12年が経過している。
人気車種だっただけに、フルモデルチェンジの発表を期待する声も多い。
最近は、震災の影響で日本車の新車発表が軒並み延期になっている。
新型ビートルの発表は自動車業界にとって久々の明るいニュースとなっている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先