car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ザ・ビートルのSUVコンセプトが北米国際オートショーでワールドプレミア

投稿日:2014/01/14 更新日:

ザ・ビートル デューン コンセプトがデトロイトで公開、クロスオーバーSUV

2012年から日本発売されているザ・ビートルに、クロスオーバーSUVの派生車としてのコンセプトモデルが登場した。1月13日よりデトロイトで開催されている北米国際オートショー2014で公開されている。

ザ・ビートル デューン

ザ・ビートル デューン コンセプトと名付けられたこのモデルは、アリゾナ砂漠での走行をイメージしたコンセプトカーとなる。

ザ・ビートル DUNE

ノーマルのザ・ビートルに、アンダーガードやフェンダーエクステンションを装備。ボディサイズは若干大きくなり、全長は+0.5インチ、全幅は+2.2インチのアップとなる。
またタイヤは大径の19インチを履き、サスペンションの調整が加わることで、最低地上高は+2インチ、全高で+0.8インチの拡大を果たす。

VW ザ・ビートル デューン コンセプト

ザ・ビートル デューンはフロントグリルも専用デザインが採用されている。フォグランプと分離した台形のメッシュグリルとなり、これはR-Lineとも共通する。さらに、このザ・ビートル デューンではクロームメッキのフレーム装飾が加わっている。

ザ・ビートル デューンに搭載されるエンジンは2.0L TSIの直噴ターボエンジン

ザ・ビートル デューンのパワートレインについては、R-Lineと共通である。直4 2.0L 直噴ガソリンターボエンジンのTSIで、最大出力213ps。トランスミッションは6速DSGとなる。

またXDSも装備される。フォルクスワーゲン車のスポーツモデルに装備されてきたXDSは、高速コーナーでの走行シーンにおいて、グリップ不足を補う制御システムであったが、これは悪路でのグリップ不足解消にも貢献してくれることだろう。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル デューン

具体的な市販化の目処については公表されていないが、ボディの大半が市販版のザ・ビートルと共通であることから、市販化のハードルは低いはず。今後の展開に期待したい。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

ザ・ビートルのSUVコンセプトが北米国際オートショーでワールドプレミア

VW・ザ・ビートル カブリオレが日本発売、電動ソフトトップ装備で375万円

新型ザ・ビートルのカブリオレ版が今秋にも発表

フォルクスワーゲン新型ザ・ビートルの価格は250万円、フェンダーアンプ仕様も

新型のニュービートル(ザ・ビートル)がデビュー(写真画像あり)

新型21世紀ビートル(21st Century Beetle)2011/4/18発表