car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

2012年エコカー補助金は7月中に終了する可能性大、早めの申請を

今からエコカー補助金が受けられるのは即納車種だけ

昨年2011年末より始まったエコカー補助金の財源が、2012年7月中にも終了することになりそうだ。
6月22日~6月28日の一週間の申請金額は142.7億円で、補助金残額は912億円となった。このままの申請ペースが続いたとしても残り6週間でエコカー補助金の財源は底を突くことになる。しかし、これから駆け込み申請が本格化するため、7月末頃に終了するというのが各ディーラー販売店での認識となっている。
なお、エコカー補助金の申請をするには、納車を済ませておく必要がある。そのため、即納ができない人気車種は、事実上エコカー補助金は終了している。

特にトヨタのハイブリッド車は、納期が遅くなるため、エコカー補助金が受けられない可能性が高いことが随分以前から想定されていた。トヨタのハイブリッドカーは車種が違っても中身のハイブリッドシステムがほとんど共通パーツである。プリウス、プリウスα、アクアと人気車種を立て続けに投入してきたことで、納期遅延が慢性化していた。
そんな中、比較的納期が短いということで、好調だったのが、ホンダのフィットハイブリッドである。しかし、エコカー補助金の駆け込み需要期でもある5月24日に鈴鹿工場で火災を起こしてしまった。これにより、バンパーの塗装工程が被災してしまい、フィットの納期に影響が出ている。
フィットハイブリッド

エコカー補助金が終了してもメーカー負担の補助金があるケースも

スバルでは、対象車種に制限があるが、エコカー補助金受付最終日までに成約すれば、エコカー補助金を受けられなかった場合でも10万円、7万円の補助金をメーカー負担によって保証してくれる。レガシィ、インプレッサ、エクシーガ、トレジア、ルクラ、ステラ、プレオが対象で、BRZやフォレスター、WRXなどは対象外となる。トヨタやダイハツからOEM供給されている車種も対象に含まれており、スバルで買ったほうが断然お得ということになる。

ミラージュ 2012
また、三菱が8月に発売予定の新型ミラージュは、これまでエコカー補助金の給付に間に合うタイミングを想定しつつ発売準備が進められてきたが、実際には全く間に合わない状況になってきた。やむを得ず、メーカー負担による補助を検討中だという。新型ミラージュは最も安いグレードで99万円という価格である。もしメーカー負担の補助金10万円が実現すれば、実質89万円ということになり、エコカー補助金終了後の自動車販売が冷え込む中、大きなインパクトになるだろう。

#1 匿名さん2018/04/23(Mon)17:17:26ID:NiMGY1MWzY
他に書ける場所が無いのでここに書くが、日本の自動車に関する税金制度は明らかにおかしい。
#2 匿名さん2018/04/23(Mon)17:19:02ID:NiMGY1MWzY
理由は阪神高速の掲示板に書いてあった。
#3 匿名さん2018/04/23(Mon)19:36:50ID:Y5YzYzMjWO
消費税10%にするなら、自動車取得税を廃止して欲しい。
#4 匿名さん2019/01/26(Sat)23:58:06ID:VkMzIyYmDY
自動車重量税やガソリン税等に上乗せされている「当分の間税率」や一定期間経過した車に一律に課される重課措置、ガソリン税のTax On Tax(二重課税)など、廃止もしくは改善すべき問題も、手付かずのまま。

名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先