car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

投稿日:2017/09/06 更新日:

シャトルがマイナーモデルチェンジ、ハイブリッド燃費向上の見込み

ホンダのステーションワゴン、シャトルのマイナーモデルチェンジが2017年9月14日発表、9月15日発売のスケジュールで進められている。

(写真は現行シャトル)
シャトル

新型シャトル、エクステリアとインテリアは小変更、ホンダセンシング採用

現行シャトルは2015年に発売されたモデル。先代フィットシャトルから「フィット」の文字が外され、独立した車種としてラインアップされているが、やはりベースはフィットであり、ホイールベース共通のリアオーバーハング延長ワゴンといった性質は変わらない。

シャトル ハイブリッド

今回のマイナーモデルチェンジは、先行して実施されたフィットのマイナーモデルチェンジに準じた内容となっており、安全運転支援システムのホンダセンシングの標準装備グレード設定がメインとなる。Sport Hybrid i-DCDは改良版の採用となり、燃費性能も向上する見込みだ。

新型シャトルのエクステリアは、フロントグリル中央のエンブレムの拡大、LEDフォグランプが採用される。インテリアではドリンクホルダーに折りたたみ式浅底を追加することで、小型カップコーヒーの使用に対応した。いずれも従来型シャトルからの小変更にとどまる内容である。

車両価格は現行モデル比で小幅ながら値上げとなる。1.5L NAエンジンのGグレードがエントリーモデルで170万円から。売れ筋のハイブリッド ホンダセンシングは208万円となる。ホンダセンシングは7万円高で各グレードに設定される。

#1 匿名さん2017/09/07(Thu)12:24:37
家族が乗ってるが、道具としてはかなりいい感じ
燃費はフィットとほとんど変わらん
荷物いっぱい乗るし、後ろも広い
乗り心地はミニバンよりまし
#2 匿名さん2017/09/07(Thu)22:04:27
で、写真は?
#3 匿名さん2017/09/14(Thu)14:44:40
コメントし辛い内容だな。
#4 匿名さん2017/09/22(Fri)08:38:34
トンデモなDCTの欠陥仕様で、とてもじゃないが社員や家族に乗せるわけにはいかなかったが
改良後のを乗ったら、まぁ若い社員向けなら仕方ないか、と思えるくらいにはなってた
原因は違うが、改良後の違和感は2代目プリウスの初期型くらいには収まってると感じる

名前(任意)
コメント

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

ホンダ・シャトルが2016年8月5日一部改良で発売、小型ステーションワゴン車

ホンダ・シャトルが169万円から発売、ハイブリッドは199万円からで34.0km/L

ホンダ・フィットシャトル後継車はシャトル、ニューモデル画像を公開