car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

シャトルがマイナーモデルチェンジ、ハイブリッド燃費向上の見込み

ホンダのステーションワゴン、シャトルのマイナーモデルチェンジが2017年9月14日発表、9月15日発売のスケジュールで進められている。

(写真は現行シャトル)
シャトル

新型シャトル、エクステリアとインテリアは小変更、ホンダセンシング採用

現行シャトルは2015年に発売されたモデル。先代フィットシャトルから「フィット」の文字が外され、独立した車種としてラインアップされているが、やはりベースはフィットであり、ホイールベース共通のリアオーバーハング延長ワゴンといった性質は変わらない。

シャトル ハイブリッド

今回のマイナーモデルチェンジは、先行して実施されたフィットのマイナーモデルチェンジに準じた内容となっており、安全運転支援システムのホンダセンシングの標準装備グレード設定がメインとなる。Sport Hybrid i-DCDは改良版の採用となり、燃費性能も向上する見込みだ。

新型シャトルのエクステリアは、フロントグリル中央のエンブレムの拡大、LEDフォグランプが採用される。インテリアではドリンクホルダーに折りたたみ式浅底を追加することで、小型カップコーヒーの使用に対応した。いずれも従来型シャトルからの小変更にとどまる内容である。

車両価格は現行モデル比で小幅ながら値上げとなる。1.5L NAエンジンのGグレードがエントリーモデルで170万円から。売れ筋のハイブリッド ホンダセンシングは208万円となる。ホンダセンシングは7万円高で各グレードに設定される。

#1 匿名さん2017/09/07(Thu)12:24:37
家族が乗ってるが、道具としてはかなりいい感じ
燃費はフィットとほとんど変わらん
荷物いっぱい乗るし、後ろも広い
乗り心地はミニバンよりまし
#2 匿名さん2017/09/07(Thu)22:04:27
で、写真は?
#3 匿名さん2017/09/14(Thu)14:44:40
コメントし辛い内容だな。
#4 匿名さん2017/09/22(Fri)08:38:34
トンデモなDCTの欠陥仕様で、とてもじゃないが社員や家族に乗せるわけにはいかなかったが
改良後のを乗ったら、まぁ若い社員向けなら仕方ないか、と思えるくらいにはなってた
原因は違うが、改良後の違和感は2代目プリウスの初期型くらいには収まってると感じる

名前(任意)
コメント

車名

シャトル

シャトル

代表グレード

G ホンダセンシング

発売日

2017年9月

2017年9月

型式

DBA-GK8

DBA-GK8

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4400

4400

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2530

2530

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1485

1480/1485

室内長(mm)

1925

1925

室内幅(mm)

1450

1450

室内高(mm)

1290

1290

車両重量(kg)

1130

1130

エンジン型式

L15B

L15B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

132ps(97kW)/6600rpm

132ps(97kW)/6600rpm

最大トルク

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

15.8kg・m(155N・m)/4600rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

40

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

22.0

22.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

タイヤサイズ(リア)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

最小回転半径(m)

4.9

4.9

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,699,920円

1,770,120円

車名

シャトル

シャトル

代表グレード

ハイブリッド

ハイブリッド ホンダセンシング

発売日

2017年9月

2017年9月

型式

DAA-GP7

DAA-GP7

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4400

4400

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1545

1545

ホイールベース(mm)

2530

2530

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1485

1480/1485

室内長(mm)

1925

1925

室内幅(mm)

1450

1450

室内高(mm)

1290

1290

車両重量(kg)

1190

1190

エンジン型式

LEB

LEB

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1496

1496

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

73.0×89.4

73.0×89.4

最高出力

110ps(81kW)/6000rpm

110ps(81kW)/6000rpm

最大トルク

13.7kg・m(134N・m)/5000rpm

13.7kg・m(134N・m)/5000rpm

圧縮比

13.5

13.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

32

32

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

34.4

34.4

サスペンション(フロント)

マクファーソン式

マクファーソン式

サスペンション(リア)

車軸式

車軸式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

タイヤサイズ(リア)

185/60R15 84H

185/60R15 84H

最小回転半径(m)

4.9

4.9

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,009,880円

2,080,080円

過去記事(2017/08/10)

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

シャトルにHONDA SENSING装備グレードが追加、安全運転支援システム拡充

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが2017年9月中旬に実施される予定となっている。

(写真は現行シャトル ハイブリッド)
シャトル

シャトルは2015年に発売されたモデル。販売三年目ということであるが、今回の改良はやや規模が大きくマイナーモデルチェンジ相当になる見込み。安全運転支援システムのホンダセンシング採用モデルが導入される。

シャトル ハイブリッド

シャトルだけではない、ホンダは国内向けラインアップを一新、結局売れるのはN-BOXだけか

ステーションワゴンのシャトルは、ハッチバックのフィット、セダンのグレイスと基本構造を同じとする。フィットとグレイスは既にホンダセンシング採用モデルがラインアップされており、シャトルについてもこれに準じた改良を受ける。

(写真は新型フィット)
フィット ハイブリッド

エクステリアについても小変更が予想される。現行シャトルのフロントグリルは三本横桟ラインで装飾されているが、ここがフィットやグレイスのようになれば、現行モデルらしくスッキリしそう。ただし、ここは敢えて大きく変えずシャトルらしさを残すかもしれない。

(写真は新型グレイス)
グレイス ハイブリッド グレイス リアコンビネーションランプ

東京モーターショー2017を目前としたホンダは、5月グレイス、6月フィット、9月シャトル、9月ステップワゴン、10月レジェンドと国内向け車種のマイナーモデルチェンジを立て続けに行い、ラインアップをリフレッシュする。ただし、完全なニューモデルは、海外主力で国内はあまり売れそうにないシビックと、8月末発表のN-BOXのみ。結局、販売台数が多くなるのは軽自動車のN-BOXだけになる可能性もあり、ホンダラインアップ全体としては厳しい展開が予想される。

過去記事(2016/08/04)

ホンダ・シャトルが2016年8月5日一部改良で発売、小型ステーションワゴン車

シャトルが販売1年、コンパクトステーションワゴン市場で存在感

シャトルは2015年5月に発売されたモデルであった。販売から1年が経過するタイミングでの一部改良は、インテリアライトのLED化、新ボディカラーの設定など小変更に留まる。

(写真は新型シャトル ハイブリッドZ)
シャトル

新しくなったシャトルのなかでも主力グレードのハイブリッドX、ハイブリッドZは、ステンレス製スポーツペダル、ETC車載器の標準化など更なる装備が充実された。

シャトル リアコンビネーションランプ

ホンダがステーションワゴンのラインアップを拡充する計画、シャトル、ジェイド

シャトルはホンダの主力コンパクトカーであるフィットをベースに開発されたステーションワゴン車であり、本モデルからフィットシリーズからモデル名を独立させている。発売直後は月販5000台前後の実績があったが、発売から1年が過ぎた最近では月販3000台前後の水準に落ち着いている。さほど活況でないステーションワゴン市場を考えても、今回の一部改良でやや落ち込んだ販売台数を大きく回復させることを期待するのは難しそう。

(写真は現行ジェイドRS)
ジェイドRS

一方でホンダは、ロールーフミニバンのジェイドにステーションワゴン版を設定し、2017年に日本発売する見込みとなっている。中国向けに開発されたジェイドであるが、日本仕様は3列シート6人乗りモデルのみが導入されている。ジェイド中国仕様では元々2列シート5人乗りでラゲッジを大きくとったステーションワゴンタイプのモデルが存在しており、これを日本でも発売することになる。シャトルより一回り大きいステーションワゴンということで、かつてのアコードワゴンのようなポジションになるだろう。窮屈感のあるミニバン、ジェイドより日本ウケしそうだ。

過去記事(2015/05/15)

ホンダ・シャトルが169万円から発売、ハイブリッドは199万円からで34.0km/L

ホンダがシャトルを発売、フィットシャトルの後継モデルはJC08モード燃費34.0km/L

ホンダの新型ステーションワゴン、シャトルが本日2015年5月15日に発売となった。

(写真は新型シャトル)
シャトル

新型シャトルは、フィットシャトルの後継モデルに位置付けられる。車名からフィットの冠が外されたが、主要コンポーネントの多くは現行フィットと共通化されている。

シャトル ホンダ

新型シャトルは1.5Lガソリン車が169万円から、1.5Lハイブリッド車が199万円からとなる

シャトルのボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1545mmとなった。ホイールベースは2530mmでフィットと同サイズ。フィットのラゲッジ拡大版というコンセプトは先代モデルと変わらない。

(写真は現行フィット)
フィット ハイブリッド

パワートレインは2種類が用意される。

まずはエントリーモデルに設定されるガソリンエンジン車は、直4 1.5Lの直噴 DOHC i-VTECとCVTの組み合わせとなった。トランスミッションはCVT。こちらはグレードGとして1タイプのみがラインアップされる。FF車のJC08モード燃費は21.8km/L、車両価格は169万円から。4WD車は19.4km/L、188万4400円からとなる。

そして、販売の主力となりそうなのがSport Hybrid i-DCD搭載モデルで、1.5L アトキンソンサイクルDOHC i-VTECとアシストモーターを内蔵する7速DCTが装備される。ハイブリッドモデルのグレードは3タイプ用意され、HYBRIDはFF車が199万円、4WD車が218万4400円から。HYBRID XはFF車が219万円、4WD車が238万4400円から。HYBRID ZはFF車が238万円、4WD車が254万2000円からに設定される。HYBRIDのJC08モード燃費はFF車が34.0km/L、4WD車が27.6km/Lを達成する。

shuttle-rear ホンダ シャトル トランクルーム

月間3000台と公表された販売計画台数は控えめの数字か。実際にはこれを大きく上回る販売実績となることが予想される。

過去記事(2015/04/19)

ホンダ・フィットシャトル後継車はシャトル、ニューモデル画像を公開

新型シャトルが先行公開、フィットシャトルがフルモデルチェンジ

ホンダの新型車、シャトルが今春発売される。その画像が公開された。

(写真は新型シャトル ハイブリッド)
シャトル

シャトルは、ホンダが2015年5月15日に発売予定の新型ステーションワゴン車である。現行フィットシャトルのフルモデルチェンジに相当するモデルであるが、車名からフィットの冠は消され、シャトルとして販売されることになる。

ただしエクステリアデザインの傾向は、フィットに近い印象を受ける。

シャトル ハイブリッド ホンダ シャトル

フロントはグリルと左右ヘッドランプ一体型のワンモーションデザインが採用される。これはホンダの他車種とも共通するもので、ブランドアイデンティティとして確立してきたものである。

サイドビューではドアハンドル高さのキャラクターラインが入れられており、これはフィットの流れを汲むデザインと感じさせる。

シャトル 2015発売

シャトルはハイブリッドモデルが主力で発売日は5月15日、4WDハイブリッド有り

新型シャトルに搭載されるパワートレインは、画像からも判断できるようにハイブリッドモデルがラインアップされる。これはフィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドと同タイプの1.5L SPORT HYBRID iDCDということになり、駆動用バッテリーにリチウムイオン電池を採用した1モーター式でトランスミッションは7速DCTとなる。

また、ハイブリッドシステム搭載のステーションワゴン車としては初めて4WDモデルが用意され、フィットシャトル時代よりもユーザーの裾野は広がることになるだろう。

ホンダ シャトル トランクルーム

グレード構成は最上級の「HYBRID Z」、充実装備の「HYBRID X」、ハイブリッドエントリーの「HYBRID」のほか、1.5L直噴ガソリンモデルの「G」を加えた4タイプがラインアップ。車体価格についての情報はまだ公開されておらず発売日を待つことになる。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先