car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インスパイア北米仕様、アキュラTLXはトルコン付き8速DCT搭載

アキュラTLXの市販モデルがワールドプレミア、NYオートショー

アキュラTLXの市販モデルが先月4月に開催されたニューヨーク国際オートショー2014で公開された。
2014年内にも米国で発売される計画となっている。

アキュラTLX

新型アキュラTLXは、2012年まで日本で販売されたインスパイアをルーツとするモデル。これまで海外市場でTLシリーズとして販売されてきたが今回のフルモデルチェンジよりTLXシリーズに車名変更される。

アキュラ TLX インスパイア アキュラ TLX NYオートショー2014

インスパイアを引き継ぐアキュラTLXは、新開発トルコン付きDCTを搭載

新型アキュラTLXに搭載されるパワートレインは2タイプ用意される。直4 2.4Lエンジンは新開発の直噴 DOHC i-VTECで、トランスミッションはトルクコンバーター付きの8速DCTとなる。

8速DCT トルクコンバーター

CVTやトルコンATと比較して、DCTは高速でダイレクト感のあるシフトチェンジが特徴。スポーティかつ燃費性能にも優れる。しかし、低速時のギクシャク感について、とやかく言われることが多かった。
新開発トランスミッションは、トルクコンバーターを組み合わせることで、このDCTの弱点が克服されたとしている。

インスパイア 新型アキュラTLX

ホンダのDCTは、昨年2013年よりフィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドへ採用されたことで普及が進んだが、トラブル続きで評判が良くなかった。このトルコン付き8速DCTは、日本向け車種への採用も期待される。

TLX インテリア TLX トランク

また、V6 3.5Lエンジンは直噴 SOHC i-VTECで、4WDシステムのSH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)との組み合わせになる。SH-AWDは従来型アキュラTLでも採用されたが、約25%の軽量化を果たしている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

インスパイア

インスパイア

代表グレード

ベースグレード

35TL

発売日

2011年6月

2009年8月

型式

DBA-CP3

DBA-CP3

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4960

4940

全幅(mm)

1845

1845

全高(mm)

1475

1475

ホイールベース(mm)

2800

2800

トレッド 前(mm)/後(mm)

1580/1580

1580/1580

室内長(mm)

1920

1920

室内幅(mm)

1525

1525

室内高(mm)

1220

1220

車両重量(kg)

1600

1600

エンジン型式

J35A

J35A

シリンダー配列

V型6気筒

V型6気筒

排気量(cc)

3471

3471

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

89.0×93.0

89.0×93.0

最高出力

280ps(206kW)/6200rpm

280ps(206kW)/6200rpm

最大トルク

34.9kg・m(342N・m)/5000rpm

34.9kg・m(342N・m)/5000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

70

70

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

9.6

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

サスペンション(リア)

マルチリンク・ダブルウイッシュボーン式

マルチリンク・ダブルウイッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/50R17 94V

225/50R17 94V

タイヤサイズ(リア)

225/50R17 94V

225/50R17 94V

最小回転半径(m)

5.7

5.7

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,680,000円

3,300,000円

車名

インスパイア

インスパイア

代表グレード

35iL

30TE

発売日

2009年8月

2005年11月

型式

DBA-CP3

DBA-UC1

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4940

4855

全幅(mm)

1845

1820

全高(mm)

1475

1455

ホイールベース(mm)

2800

2740

トレッド 前(mm)/後(mm)

1580/1580

1555/1555

室内長(mm)

1920

1950

室内幅(mm)

1525

1500

室内高(mm)

1220

1190

車両重量(kg)

1610

1540

エンジン型式

J35A

J30A

シリンダー配列

V型6気筒

V型6気筒

排気量(cc)

3471

2997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

89.0×93.0

86.0×86.0

最高出力

280ps(206kW)/6200rpm

250ps(184kW)/6000rpm

最大トルク

34.9kg・m(342N・m)/5000rpm

30.2kg・m(296N・m)/5000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

70

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン式

ダブルウイッシュボーン式

サスペンション(リア)

マルチリンク・ダブルウイッシュボーン式

5リンク・ダブルウイッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/50R17 94V

205/60R16 92V

タイヤサイズ(リア)

225/50R17 94V

205/60R16 92V

最小回転半径(m)

5.7

5.5

トランスミッション

5AT

5AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,900,000円

2,835,000円

過去記事(2013/05/11)

アコード ハイブリッド発売間近、インスパイア後継、カムリ対抗のHV専用セダン

新型アコード ハイブリッドが6月公式発表の見込み

新型アコードの公式発表が2013年6月に計画されている。次期モデルからボディサイズは大型化しインスパイアとの統合車種という側面も受け持つことになる。そもそも日本市場におけるインスパイアは北米仕様のアコードと共通ボディだった。実質的には、日本仕様の小柄なアコードが廃止され、北米モデルと共通化されることになる。
(写真はアコード PLUG-IN 北米仕様)
アコード プラグインハイブリッド
アコードハイブリッド 2013 ニューヨーク
新型アコードのボディサイズは全長4910mm×全幅1850mm×全高1465mmとなる見込みで、先にデビューしたアコード プラグイン北米仕様とエクステリアデザインは近いものになる。ただし、このプラグイン仕様の日本導入は限定的なリース販売のみで一般向けに販売されるのは、新たに設定されるハイブリッド仕様のみ。ハイブリッドはプラグインに対して、充電機能が省かれるほかバッテリー容量の縮小とガソリンタンクの拡大がなされる。

新型アコードはカムリと直接対抗、ハイブリッド専用車に

新型アコードの直接のライバルとして考えられるのは2011年にフルモデルチェンジしたトヨタ・カムリ。ハイブリッド専用車として販売されたのが良かったのか、最近のミドルクラスセダンとしては珍しくヒットモデルとなった。これにならってか新型アコードもハイブリッド専用車として販売されることになる。北米仕様では直4やV6といった通常のガソリンエンジンモデルがラインアップしているがこれらは日本には導入されない。
アコードハイブリッド
新型アコードに搭載されるハイブリッドシステムは、i-MMD(インテリジェント マルチ モード ドライブ)と名付けられた2モーター式の新型システムで、アトキンソンサイクルの2.0L 直4エンジンに駆動用と発電用に別々のモーターを備えたものとなる。これは従来のホンダIMAハイブリッドよりもトヨタのTHSⅡに近いシステムとも言えるだろう。駆動用モーターの最高出力/最大トルクは169ps/31.3kgmとなり、これはカムリの143ps/27.5kgmというスペックを上回るものになる。ガソリンエンジンを停止させたゼロエミッション走行も可能で、その最高速度は100km/h程度に達するという。JC08モード燃費についてもライバル車カムリの性能を超えてくるだろう。

過去記事(2012/06/19)

レジェンド、インスパイアが生産終了、ホンダの高級セダンが消滅

レジェンド、ホンダの最上級セダンが販売終了へ、後継車の販売は無し

レジェンドは、ホンダのフラグシップセダンとして1985年からラインアップしてきたが、今月2012年6月末を以って生産を終了することになった。
レジェンド
通算4代目となる現行レジェンドは、2004年にフルモデルチェンジデビューし、その後8年に渡る販売が続いた。
北米を中心にグローバル展開しているホンダの上級ブランド、アキュラでは、レジェンドがRLシリーズとして販売されている。ホンダ・レジェンド消滅後もアキュラRLとしての販売は継続される見込みだ。しかしこのアキュラRLが日本に導入される見込みはなく、日本市場における後継車種は用意されないことになる。これまでアキュラブランドの日本導入が何度か計画されることはあったものの、実現することはなかった。
ホンダ系列ディーラーによるレジェンドの受注受付は既に終了している。

インスパイアはアコードの車格アップに伴い、車種統合される

さらに、レジェンドに次ぐ上級セダン、インスパイアも来月の2012年7月末を以って生産を終了する見込みだ。
インスパイア
ホンダはアコードのフルモデルチェンジを2012年の11月~12月頃に計画しており、次期アコードは現行モデルよりもワンクラス上級へと進化する。よってインスパイアの車名は、アコードに統合される形で消滅することになる。

レジェンド、インスパイアの両車種は、埼玉製作所で生産してきた。ホンダは長引く円高の対策として、国内生産車の輸出比率を引き下げる方針だ。国内販売が振るわない上級セダンを廃止する代わりに、国内専用車である軽自動車のラインアップを充実させつつある。
国内のセダン需要が衰退するなか、国産高級セダンをラインアップするのはトヨタ、日産の2メーカーを残すのみとなった。

過去記事(2012/03/20)

アコードはフルモデルチェンジで大型化し、インスパイアと車種統合

アコード・プラグインハイブリッドの最新情報

アコードのフルモデルチェンジが2012年の11月頃に予定されている。
次期アコードはプラグインハイブリッド版がラインアップされると、過去の記事でも話題にしたが、大型化することもさらにわかった。新型アコードのボディサイズは、全長4895mm×全幅1845mm×全高1460mm程度となる予想が現在のところ有力。全長に関しては、現行モデルのアコードとインスパイアのちょうど中間ぐらいになる。そして、そのインスパイアがアコードと車種統合する形で廃番となりそうだ。インスパイアは現行のCP3型5代目へのモデルチェンジで大型化し、一つ上の車格のレジェントと、ほぼ同サイズの車体となっていた。国内のセダン需要が縮小傾向にある中、ホンダはこのカテゴリーの車種統合を避けられない状況にある。
(写真は、今年の北米国際自動車ショーで公開されたアコードクーペのコンセプトモデル)
アコード クーペ コンセプト
アコード クーペ 北米オートショー2012

新型アコード、PHVの他にも、新開発2.4Lも

新型アコードに採用されるパワートレーンは、話題のプラグインハイブリッド(PHV)を含め、現在のところ4タイプが有力。

ベースグレードとなるのが新開発の直4 2.4Lの直噴エンジン。
PHV版は、2.0L アトキンソンサイクルに2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたものが採用される。
この2つのタイプが、初期導入モデルに投入されそうだ。

さらに、このPHVモデルからバッテリー容量を削減することで、コストダウンさせた通常のハイブリッドが、1年遅れのタイミングで追加ラインアップされる見込み。
これらの他に、北米ではV6 3.5Lの新開発エンジンを搭載させたモデルもラインアップされる。

(写真は、新型の2.4L直噴エンジン)
直列4気筒2.4L直噴エンジン
ベースの2.4Lエンジンモデルも、新開発の直噴エンジンということで期待大なのだが、注目度が高いのはやはりPHVモデル。アコードPHVは、ホンダとして初めて市販化される中型車向けハイブリッドシステムということで期待が大きい。アコードPHVを成功させることができれば、その技術をベースにして、今後はステップワゴン、オデッセイといったミニバン車種をハイブリッド化することが容易になるというわけだ。
アコードPHVに搭載されるシステムは、これまでのインサイトやフィットハイブリッドなどに搭載された小型車向けのIMAハイブリッドとは全く違うシステムになる。2モーター式が採用され、その出力合計は120kW。プリウスPHVですら60kWであるから、アコードPHVは電気モーターの介入が、相当大きいシステムということになる。これだけの大出力モーターを装備しておきながらも、高速巡航時にはモーターを完全に切り離して、ガソリンエンジンからのトルクのみで走行するといった制御も行われる。もちろん外部電源からの充電が可能で、プリウスPHVと同等程度の航続距離のEV走行ができる見込みだ。