car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アウディ新型A3セダン、S3セダンが2014年に日本発売、アルミボンネット採用

A3セダンが日本導入、S3セダンが東京モーターショー2013に出展

新型A3セダンが2013年4月に行われた上海モーターショーでワールドプレミアを迎えていた。
その新型A3セダンが今年2014年に日本市場に導入される予定となっている。

(アウディ新型S3、東京モーターショー2013)
アウディ A3/S3 セダン

写真は最上級グレードのS3セダンで昨年11月の東京モーターショー2013でジャパンプレミアを迎えていた。

アウディ A3/S3 セダン 東京モーターショー2013 アウディ S3 東京モーターショー

左ハンドル仕様であることから、本当の日本仕様はまだ準備ができていなかったようだ。搭載されるパワートレインは直4 2.0Lのターボチャージャー付き直噴ガソリンエンジン 2.0TFSIと、6速DCTのSトロニックによる組み合わせ。駆動方式はフルタイム4WDのクワトロ、最高出力300ps、最大トルク38.7kgmというハイパフォーマンスモデルである。

(写真は2.0TFSIエンジン)
アウディ 2.0 TFSI エンジン

A3セダンの車体重量はわずか1250kg、アルミボンネットで軽量化

この他、新型A3セダンの主力グレードとしては、ダウンサイジングターボエンジンの1.4TFSIを採用したモデルが挙げられる。車体重量はわずか1250kgで、ボディはアルミ素材ボンネットフードの採用等により軽量化されている。エクステリアデザインはS3セダンと基本的には変わりがない。

(写真はA3セダン、上海モーターショー)
アウディ A3 セダン

アウディの新型A3シリーズとしては、既に5ドアのスポーツバックが日本市場でも先行して販売されている。そのセダンモデルが今回追加投入される形となる。

コンパクトセダンのセグメントにおいては国内ブランドモデルの不振が続いているが、アウディのような輸入プレミアムブランドに限れば人気が高く待ち望むファンも多いはずだ。

S3 アウディ

A3セダンの発売日は未定ながらも2014年の日本発売が宣言されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

A3

A3

代表グレード

スポーツバック30TFSI

スポーツバック30TFSI スポーツ

発売日

2018年9月

2018年9月

型式

DBA-8VCXS

DBA-8VCXS

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4325

4325

全幅(mm)

1785

1785

全高(mm)

1450

1435

ホイールベース(mm)

2635

2635

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1500

1525/1495

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1320

1320

エンジン型式

CXS

CXS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1394

1394

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

74.5×80.0

74.5×80.0

最高出力

122ps(90kW)/5000〜6000rpm

122ps(90kW)/5000〜6000rpm

最大トルク

20.4kg・m(200N・m)/1400〜4000rpm

20.4kg・m(200N・m)/1400〜4000rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

50

50

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

19.5

19.5

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット

マクファーソンストラット

サスペンション(リア)

4リンク

4リンク

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/55R16

225/45R17

タイヤサイズ(リア)

205/55R16

225/45R17

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,960,000円

3,320,000円

車名

A3

A3

代表グレード

スポーツバック40TFSIクワトロ

スポーツバック40TFSIクワトロ スポーツ

発売日

2018年9月

2018年9月

型式

ABA-8VCZPF

ABA-8VCZPF

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4325

4325

全幅(mm)

1785

1785

全高(mm)

1450

1435

ホイールベース(mm)

2635

2635

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1500

1525/1495

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1460

1460

エンジン型式

CZP

CZP

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1984

1984

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

82.5×92.8

82.5×92.8

最高出力

190ps(140kW)/4180〜6000rpm

190ps(140kW)/4180〜6000rpm

最大トルク

32.6kg・m(320N・m)/1500〜4180rpm

32.6kg・m(320N・m)/1500〜4180rpm

圧縮比

11.6

11.6

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット

マクファーソンストラット

サスペンション(リア)

4リンク

4リンク

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/55R16

225/45R17

タイヤサイズ(リア)

205/55R16

225/45R17

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

7AT

7AT

駆動方式

フルタイム4WD

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

4,030,000円

4,330,000円

過去記事(2013/10/07)

アウディがフランクフルトで発表した新型A3カブリオレの画像、クワトロあり

A3カブリオレがフランクフルトで発表され、新型A3シリーズが揃う

アウディがフランクフルトモーターショー2013で公開した新型『A3カブリオレ』を紹介する。

A3カブリオレ アウディ2013

アウディのA3シリーズと言えば、コンパクトな中にもラグジュアリー感を追求した車のパイオニアとも言える存在で、1996年に登場して以来世界中で人気のシリーズである。現行のA3シリーズは3代目にあたり、特にA3 Sportbackは今年の9月から日本市場に導入されている。3ドアの『A3』、4ドアセダンの『A3セダン』、5ドアの『A3 Sportback』に続いて、最後に新型A3カブリオレが発表され、これでシリーズの新型がすべて揃ったということになる。

アウディ A3 カブリオレ フランクフルトモーターショー2013

アウディ新型A3カブリオレにクワトロが設定される

アウディ A3カブリオレのボディサイズは全長4420mm×全幅1790mm×全高1410mm。先代モデルと比較して全長全幅方向に拡大し重心は低く設定された。ホイールベースは2600mmと20mm長くなったおかげか、特に後部座席は非常に広々とした印象となった。全体的なサイズアップの一方で-50kgという軽量化にも成功しており、これは他の新型A3シリーズと同様の特徴である。
電動式ルーフは、マグネシウム合金を構造体として用いた軽量ソフトトップで、開閉時間は18秒、速度50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。

アウディ A3カブリオレ

また今回のA3カブリオレは、アウディの誇るフルタイム4WDシステムのクワトロが採用された。
現在のところA3カブリオレの日本市場への投入時期は未定となっている。

過去記事(2013/08/08)

新型アウディ A3 スポーツバックの日本発売は9月、3ドアとセダンは今回も無し?

アウディA3が9月日本発売、やはりスポーツバックのみの導入か

アウディの新型A3シリーズが2012年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを迎えていた。その待望される日本発売が今秋2013年9月に行われる見込みとなった。
(写真は新型A3スポーツバック)
A3 sportback
既に本国ドイツでは、A3に加えハイパフォーマンスモデルのS3がラインアップしており、それぞれに3ドア、5ドアのスポーツバック、セダンの3つのボディタイプが与えられている。
このうち日本に導入されるモデルは、従来モデルと同じくスポーツバックのみとなる可能性が高い。というのもアウディ幹部によって、新型A3は現行モデルの価格帯を維持することが発表されたが、この時名指しされたのは5ドアのA3スポーツバックについてのみであった。
先代モデルから導入されたシングルフレームグリルは新型A3でも踏襲される。
A3 スポーツバック 5ドア 新型アウディA3スポーツバック

(写真は新型S3)
S3 トランクルーム

新型A3スポーツバックは大型化かつ軽量化、2.0 TFSIはS3のみ

新型A3スポーツバックのディメンションは全長4310mm×全幅1780mm×全高1425mm、ホイールベースは2636mmと従来モデルと比較してわずかに大型化し居住性能が向上される。一方で車体重量は約70kgの軽量化を果たしている。
パワーユニットは直噴ダウンサイジングターボエンジンのTFSIが、グローバルでは1.2L~1.8Lの排気量でラインアップされている。このうち日本に導入される可能性が高いのは、1.4Lと1.8Lと予想する。従来モデルでは2.0Lモデルがラインアップしたが、新型A3に2.0 TFSIの設定は無く、これはハイパフォーマンスモデルのS3に与えられる。
(写真は新型S3スポーツバック)
S3スポーツバック アウディ

過去記事(2013/05/01)

アウディ A3 セダンが上海モーターショーでワールドプレミア、S3セダンも公開

アウディA3シリーズのセダンモデルを上海モーターショーで発表

アウディは、今春開催された上海モーターショー2013でA3セダンおよびS3セダンを初公開した。
アウディ A3 セダン
アウディA3シリーズといえば、昨年2012年のジュネーブモーターショーで新型A3 3ドアハッチバックモデルのワールドプレミアを皮切りに、5ドアハッチバック及びこれらのS3モデルをラインアップしてきた。今回は4ドアセダンのワールドプレミアということで、その発表の場としてプレミアムセダンの人気が世界で最も熱い中国市場の上海が選ばれた。
アウディA3セダン 上海

リアテールランプは新デザイン、S3セダンは2.0TFSIを搭載

A3シリーズは、VW・ゴルフと同じMQBプラットフォームを採用し、MMI(Multi Media Interface)というラジオ・音楽・ナビなど車内の情報環境を統合的に直感的に操作できるシステムを採用したということで話題となっていた。
今回は4ドアセダンということで、トランクが付くリア周辺に新たなデザインが見られる。大まかにはこれまでのアウディのデザインルールに則ったものであるが、リアコンビネーションランプの内側の角が鋭くなっているあたりは、アウディ車全体としても新鮮さを感じた。

(写真はS3セダン)
S3セダン アウディ
アウディS3セダン 上海モーターショー
また同時公開となったS3セダンは、A3セダンの高性能バージョンとしての位置付け。ボディは基本的にはA3セダンと同じで、パワートレインには、他のS3モデルと同様に2.0TFSIという高出力エンジンが搭載される。
アウディ 2.0 TFSI エンジン
このエンジンは、直列4気筒2.0Lの直噴ガソリンターボエンジンで、最大出力300ps、最大トルク38.7kgmというスペック。0-100km/h加速は4.9秒、最高速はリミッター作動の250km/hとしている。
アウディ S3 セダン 上海モーターショー2013

過去記事(2013/04/01)

A3 スポーツバック g-トロン、アウディの次世代天然ガス車は航続距離1300km

ハイブリッドだけでないアウディの環境対策車、g-トロン

アウディがジュネーブモーターショー2013で発表した『A3 スポーツバック g-トロン』は興味深い一台であった。アウディは同じくジュネーブモーターショーで『A3 スポーツバック e-トロン』というプラグインハイブリッド車を発表したが、e-トロンのeはもちろん電気を表すもの。一方でg-トロンのgは、2011年よりアウディが開発を進めてきた「e-ガス」プロジェクトの1つである次世代の天然ガス車を意味するのである。
A3 g-tron
A3 gトロン

g-トロンは1.4L TFSIエンジンを天然ガス燃料にも対応させた

A3 スポーツバック g-トロンのパワートレインは、アウディではTFSIエンジンと呼んでいる1.4L直列4気筒の直噴ターボガソリンのユニットがベースになっており、最大出力は110ps、最大トルクは20.4kgmというスペック。もちろん燃料に天然ガスを使用するための特別な調整がなされており、シリンダーヘッドやターボチャージャーなどは専用設計となった。また、天然ガス用のタンクにも工夫が凝らされており、炭素繊維樹脂と特殊ポリマーによって軽量化されたものがトランク床下に2基設置された。
A3 天然ガス
A3スポーツバック gトロンは、天然ガスで400kmを走行することができ、ガソリンでさらに900km、合計すると一度の燃料補給で1,300kmの航続距離を持っている。天然ガスのおかげで、CO2排出量が30g/kmに抑えられるという抜群の環境性能を誇りながら、0-100km/h加速は11秒、最高速度も190km/hと実用的なスポーツ性能を持つ。

過去記事(2012/10/19)

A3スポーツバックとS3がフルモデルチェンジ、アウディの新型Cセグメント

アウディA3シリーズはMQBプラットフォーム採用で軽量化

近年ブランド力を高めてきたアウディがパリモーターショー2012の舞台でメインに持ってきたのが、新型A3スポーツバックと新型S3のワールドプレミアである。新型A3シリーズとしては、2012年3月のジュネーヴ国際モーターショーで新型A3(3ドア)を発表し既に欧州で発売している。今回のA3スポーツバック(5ドア)とS3を加えてラインナップが揃うことになる。
(写真は新型A3スポーツバック)
A3 スポーツバック 5ドア
新型アウディA3スポーツバック
5ドア版のA3スポーツバックは、3ドアに比べボディサイズも若干延長され、全長4310mm×全幅1780mm×全高1425mmとなっている。ガソリンエンジンとしては1.4TFSIと1.8TFSIが、ディーゼルエンジンとしては2.0TDIが用意される。
先代モデルに対してアドバンテージを感じられることの一つが車体の軽量化である。次世代プラットフォームとして期待されているMQBを採用することで、メイングレードの1.4Lモデルにおいて90kgのウェイトダウンを果たしている。

S3、A3スポーツバックは2013年に欧州発売

(写真は新型S3)
アウディ 新型S3
一方で新型S3は、新型A3シリーズの中でも頂点に立つ高性能グレードモデルとして注目を集めている。
3代目となる新型S3の搭載エンジンは先代と同じ直噴2.0L直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」を採用するものの、最大出力は300ps、最大トルクは38.7kgmと、先代モデルよりもパワーアップしたエンジンとなっている。
アウディS3 エンジン
エンジンがパワフルになっただけでなく、車体重量は1395kgと先代モデルより60kgの軽量化に成功したこともあり、0-100km/h加速が5.1秒(6段MTは5.4秒)、最高速は250km/hというスポーツタイプとしてトップクラスのパフォーマンスを誇る。それでいて燃費は14.5km/L(6段MTは14.3km/L)、二酸化炭素排出量は159g/km(6段MTは162g/km)と、環境性能も素晴らしい。アウディ自慢の4WDシステム「クワトロ」を搭載するため、走行安定性も抜群ということだ。
AUDI新型S3
さて発売時期についてだが、欧州販売としてはA3スポーツバックが2013年春に、S3が2013年初頭の発売見込みとなっている。日本での発売時期については、明確な情報がまだ無い。

過去記事(2011/10/06)

アウディ A3 スポーツバックにアイドリングストップが追加

A3スポーツバック、今年の改変はスタートストップシステムの採用

現行のアウディA3シリーズは、2003年に二代目としてデビューしてから8年が経過する。
これまでマイナーチェンジを繰り返すことで進化してきた。
今年はスタートストップシステムと呼ばれる、いわゆるアイドリングストップシステムが採用されることになった。

A3スポーツバックの燃費は更に良くなった

アウディ A3 スポーツバックは、TFSIエンジンが採用され、排気量は1.4L、1.8L、2.0Lとラインアップされる。
TFSIエンジンは、直噴+ターボチャージを組み合わせた高効率エンジンで、良好な燃費性能が特徴だ。
この中で最も小排気量である1.4LのTFSIエンジンのモデルに、アウディではスタートストップシステムと呼んでいるアイドリングストップ機構が採用されることになる。
10・15モード燃費はこれにより、従来の16.6km/Lから18.4km/Lに向上。
11%程度の燃費改善となる。
ライバル車としては、2009年にフルモデルチェンジしたゴルフTSI Comfortline Premium Editionが挙げられるだろう。
ゴルフⅥとして2009年にフルモデルチェンジしたA3スポーツバックより新しい車種ではあるが、10・15モード燃費は16.4km/L。
この数値を大きく上回ることになる。
ボディデザインについては設計から時間が経っているA3スポーツバックだが、中身はゴルフⅥよりも新しいテクノロジーが投入されている。
スタートストップシステム搭載による価格アップが、わずか3万円なのもライバル車に対して商品力がある。
また、昨年の改変でエコカー減税対象車となったことは輸入車としてはアドバンテージ。
平成17年排出ガス基準75%低減レベルに認定された4つ星を獲得しており、自動車取得税と自動車重量税が75%減税される。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先