car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

BMWが2021年発売想定の4ドアグランクーペのコンセプトモデルを出品

BMWは今月開催されたフランクフルトモーターショー2017で、BMW i Vision Dynamicsを発表した。

(写真は新型BMW i Vision Dynamics)
BMW i ヴィジョンダイナミクス

今回のフランクフルトモーターショーは欧州のEV化のトレンドを大きく受けた内容となった。特にBMWは、2025年までに25モデルの電動パワートレイン搭載モデルを導入する計画で、そのうち12モデルについては純粋なEVになることを宣言している。BMW i Vision Dynamicsはそのうちの一つにカウントされるモデルで2021年の発売が想定される。

BMW i ヴィジョンダイナミクス リアコンビネーションランプ

BMW i Vision Dynamicsは縦型キドニーグリルを採用、サイドウィンドウもキドニー化

BMW i Vision Dynamicsのボディサイズは全長4804mm×全幅1933mm×全高1387mm、ホイールベースは2993mmとなる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス コンセプト

4ドアグランクーペのボディスタイルに仕上げられていることから将来の4シリーズEVに相当するモデルか、あるいは現状i3とi8が市販されるEVラインアップの中で新たにi5シリーズとして販売される可能性が考えられる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス EV

搭載されるEVパワートレインの詳細は未発表であるが、その加速性能は0-100km/hで4秒以内、航続距離は600kmを予告。最高速度は200km/hを超えるとする。

BMW i ヴィジョンダイナミクス フロントグリル

フロントには縦型キドニーグリルが置かれる。2018年の市販化が想定されるConcept X7 iPerformanceにおいても同様の縦型キドニーグリルが採用されており、BMWを象徴するキドニーグリルは近い将来大きく変化することになる。

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

サイドエクステリアではキドニーウィンドウとも呼ぶべきか新たなデザインも発見できる。サイドウィンドウのBピラー部が面取りされ、ガラス面によってキドニーグリル同様のシルエットが大きく作り出されている。

#1 匿名さん2017/09/25(Mon)19:56:31
EVに逃げるしか道は無いのは分かるけど、つまらんなぁ……
#2 匿名さん2017/09/25(Mon)21:52:54
そんなネガティブになることないだろ
モーターvsエンジンは鉄道で結果出てる
バッテリーもどんどん技術革新中
#3 匿名さん2017/09/25(Mon)22:10:21
ガンダムもバッテリーだそうですね。
#4 匿名さん2017/09/26(Tue)12:31:36
EVは安く耐久力と航続距離ある車に仕立てるのが難しい
高価&ハイパフォーマンスで良いなら、五流メーカーどころか振興会社でも大学のクラブでさえも作れる
力のあるメーカーには、他ではできない難しいEVに挑戦してもらいたい
#5 匿名さん2017/09/26(Tue)19:02:00
バッテリーが動力のガンダムは「ガンダムSEED」に出てくるMSだけだよ。
#6 匿名さん2017/09/27(Wed)00:35:42
10年後のエンジン車って、今のガラケー並の渋さなんだろな
#7 匿名さん2017/09/28(Thu)16:07:36
急速充電5分とかになったら、ガソリンエンジン完全終了だな
ガソリンスタンドもほとんど無くなって給油困難になる

名前(任意)
コメント

車名

4シリーズ

4シリーズ

代表グレード

420iクーペ スポーツ

420iグランクーペ

発売日

2018年1月

2018年1月

型式

DBA-4N20

DBA-4D20

ボディ形状

2ドア クーペ

5ドア セダン

乗員定員

4名

5名

全長(mm)

4640

4640

全幅(mm)

1825

1825

全高(mm)

1375

1395

ホイールベース(mm)

2810

2810

トレッド 前(mm)/後(mm)

1550/1600

1545/1595

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1590

1640

エンジン型式

B48B20A

B48B20A

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

184ps(135kW)/5000rpm

184ps(135kW)/5000rpm

最大トルク

27.5kg・m(270N・m)/1350〜4600rpm

27.5kg・m(270N・m)/1350〜4600rpm

圧縮比

11.0

11.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、

サスペンション(リア)

5リンク式、コイル・スプリング

5リンク式、コイル・スプリング

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/45R18

225/50R17

タイヤサイズ(リア)

225/45R18

225/50R17

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

5,930,000円

6,010,000円

車名

4シリーズ

4シリーズ

代表グレード

420iクーペ ラグジュアリー

420iクーペ Mスポーツ

発売日

2018年1月

2018年1月

型式

DBA-4N20

DBA-4N20

ボディ形状

2ドア クーペ

2ドア クーペ

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

4640

4670

全幅(mm)

1825

1825

全高(mm)

1375

1375

ホイールベース(mm)

2810

2810

トレッド 前(mm)/後(mm)

1550/1600

1550/1575

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1590

1590

エンジン型式

B48B20A

B48B20A

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

184ps(135kW)/5000rpm

184ps(135kW)/5000rpm

最大トルク

27.5kg・m(270N・m)/1350〜4600rpm

27.5kg・m(270N・m)/1350〜4600rpm

圧縮比

11.0

11.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、

サスペンション(リア)

5リンク式、コイル・スプリング

5リンク式、コイル・スプリング

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/45R18

225/45R18

タイヤサイズ(リア)

225/45R18

255/40R18

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

6,120,000円

6,140,000円

過去記事(2017/04/08)

BMW 4シリーズがマイナーモデルチェンジ、ジュネーブモーターショー画像

BMW 4シリーズ、クーペ、M4、カブリオレ、グランクーペがリフレッシュ

BMWは先月開催されたジュネーブモーターショー2017で新型4シリーズを公開した。

(写真は新型BMW 4シリーズ カブリオレ)
BMW4 カブリオレ

BMW 4シリーズは、かつての3シリーズ クーペの系統を受け継ぎ、2013年に新設されたモデル。今回、マイナーモデルチェンジを受けて、クーペ、カブリオレ、グランクーペ、M4の各新型がジュネーブモーターショーで出展された。

BMW4 カブリオレ リアコンビネーションランプ BMW4 カブリオレ ジュネーブモーターショー2017

新型BMW 4シリーズ、フェイスリフトでさらに洗練されたシャープな印象に

ニューモデルとしながらもエクステリアで変更された箇所は多くはない。フロントではバンパー下エアインテーク内のデザインに改良がみられ、引き締まった印象となった。またヘッドランプ内のLEDリングは、従来型は円形でBMWのトレードマークの一つであったが、これがヘキサゴンタイプとなった。丸目によって表現された愛嬌は控えめとなったが、シャープなイメージが強調されスポーツクーペらしい目つきに仕上げられた。

(写真は新型BMW 4シリーズ クーペ)
BMW4 クーペ BMW4 クーペ リアコンビネーションランプ

リア周辺も改変されており、特にコンビネーションランプ内のデザイン変更は地味ながらもリフレッシュ効果は高い。独特のラインで構成されるLEDが特徴的で、これはおそらくフロントのイーグルアイを象形化したものだろう。コンセプトカーのような近未来的なイメージとなり、バックスタイルからもBMWらしさが主張される。

(写真は新型BMW M4)
BMW M4 BMW M4 リアコンビネーションランプ

またパワートレインでも一部に改良があり、2.0Lガソリンターボエンジンが新開発のものに刷新されている。

(写真は新型BMW 4シリーズ グランクーペ)
BMW4 グランクーペ BMW4 グランクーペ リアコンビネーションランプ

過去記事(2014/04/24)

BMW M4コンバーチブルがワールドプレミア、ニューヨーク国際オートショー画像

M4コンバーチブルを発表、M4クーペがベースのリトラクタブルハードトップ仕様

BMWが今月4月に開催のニューヨーク国際オートショー2014で公開したM4コンバーチブルの写真を入手したので紹介する。

M4 コンバーチブル

BMWは2013年12月にクーペの頂点に立つフラッグシップモデルとしてM4クーペを発表しており、翌月のデトロイトモーターショー2014で車体を公開したばかり。今回はそのオープンモデルとなるM4コンバーチブルのワールドプレミアとなった。

BMW M4 コンバーチブル BMW M4 コンバーチブル マフラー

リトラクタブルハードトップシステムはベースとなる4シリーズ カブリオレ譲りで、開閉時間20秒、18km/h以下で動作するもの。ドライバーが気軽にオープン走行を楽しめる仕様となっている。

BMW M4 コンバーチブル レザーシート

インテリアやエクステリアのデザインは基本的にM4クーペのものを採用しており、レザー製スポーツシートがクールな印象を与える。

M4コンバーチブルに搭載されるエンジンは431馬力の直6ツインターボエンジン

パワートレインについてはM4クーペと同様のシステムがM4コンバーチブルに採用されている。直6 3.0Lの直噴ツインターボエンジンがメインユニットとして積まれ、その最高出力は431ps、最大トルクは56.1kgmという仕様。トランスミッションは2タイプ用意され、6速MTについては0-100km/h加速を4.6秒、7速DCTの方は同4.4秒という加速性能を誇る。

BMW M4 コンバーチブル 2ドアボディ

やはり電動コンバーチブル化されたゆえ、M4クーペとの比較では重量増となっているわけだが、それでも先代モデルに相当するM3コンバーチブルからは41kgの軽量化を実現している。

BMW M4 コンバーチブル アルミホイール

2014年夏には米国のショールームに展示されるスケジュールとなっており、日本発売も待望されるところである。

過去記事(2014/03/10)

BMW4シリーズグランクーペがジュネーブモーターショーで発表、新型4ドアクーペ

4シリーズグランクーペがジュネーブ発表、スポーティーな4ドアクーペ

開催中のジュネーブモーターショー2014でBMWは、新型車4シリーズ グランクーペをワールドプレミアさせた。

4シリーズ グランクーペ

新型4シリーズ グランクーペは、4シリーズ クーペ(2ドア)の4ドア版という位置付け。新型グランクーペのボディサイズは一見すればこれまでの2ドアモデルと変わりがない。実際に全長が4638mm、全幅が1825mm、ホイールベースが2810mmといった寸法は2ドアと4ドアで同じ。ただし4ドアのグランクーペの全高は1389mmと+12mm高くなっているほか、ルーフは+112mm延長されており、スポーティーなクーペスタイルを維持しながらも後席の居住性に配慮された仕様となっている。

BMW 4 GRAN COUPE 435i グランクーペ ジュネーブ2014

4ドアグランクーペのインテリアは、基本的に2ドアクーペと共通。

BMW 4シリーズ グランクーペ 発表 BMW 4 グランクーペ 4ドア

通常時のトランク容量は480Lで、これは2ドアクーペから35Lアップしている。後部座席のシート座席を倒せば1300Lに拡大する。

BMW4 グランクーペ トランク BMW435i Gran Coupe

BMW435iグランクーペは0-100km/h加速5.5秒のハイパフォーマンスモデル

BMW435i 4ドアクーペ リアシート BMW435i Gran Coupe 4ドア

新型4シリーズ グランクーペに搭載されるエンジンタイプは5種類用意される。
まずはガソリンエンジンとして3種類、435iは3L 直6ターボの搭載で最高出力306ps、428iは2L 直4ターボの245ps、420iは2L 直4ターボの184psとなる。
ディーゼルエンジンとしては420dが最高出力184ps、418dが143psでともに2.0Lの直4ディーゼルターボとなる。

中でも最高性能の435iにおいては、0-100km/h加速が5.5秒、最高速度もリミッター付きの250km/hと文句のない数字だ。