car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スイフト EVハイブリッドがレンジエクステンダーから進化、東京モーターショー出展

スイフトEVハイブリッドは市販化前提モデル

スズキからスイフトEVハイブリッドが、2011年12月開催の東京モーターショーにて出展される。
トヨタ・ホンダに続くハイブリッド化の波が、他の自動車メーカーにも及んできており、スズキはスイフトをベースに開発を進めてきた。
2009年の東京モーターショーに出展されたスイフト・プラグイン・ハイブリッドは、ハイブリッドカーとして完成度の高いモデルであったが、市販化には遠い段階にあった。
今回、2011年の東京モーターショーに出展されるスイフトEVハイブリッドは、その進化版になり、2012年には市販化も予定されている。
ガソリンエンジンOFFでのEV走行は、20kmから30kmへ向上するなど、性能面も上げてきた。
スイフトの同セグメントとなるコンパクトカークラスのハイブリッドとして、ホンダ・フィットハイブリッドに続き、トヨタ・アクアが2012年1月より発売が開始される。
2012年は激戦となるハイブリッド小型車、スイフトEVハイブリッドも注目の一台となりそうだ。

スイフトEVハイブリッドには軽自動車用エンジンが採用される

スイフトEVハイブリッドは、その名の通りEVベースのハイブリッドカーである。
かつてはスイフト・レンジエクステンダーと名乗ることもあった。
ガソリンエンジンが搭載されるものの、その用途は発電に限られ、動力は55KWの電気モーターの出力のみから得られる。
フィットハイブリッドやアクアのように、ガソリンエンジンからのトルクを直接車軸に伝える構造は無い。
その発電用エンジンに、軽自動車向けの658ccエンジンを採用するところがスズキらしく、他のハイブリッド車には無い特徴になる。
トヨタ、ホンダのハイブリッドよりも小さなエンジンユニットが使えるのは、小型車への採用にあたってメリットが大きい。
バッテリー積載位置はラゲッジルーム床面にすっきり収められる。
ガソリンエンジンを使って発電した場合のJC08モード燃費は28km/L以上とされるが、アクアの34.5km/Lには今一歩及ばない。
ただし、さらなる燃費向上策が既にテスト段階に入っており、次期モデルのスイフトEVハイブリッドは、450ccの2輪用エンジンをベースにしたものの採用が有力になっているという。
今後のスイフトEVハイブリッドの進化にも目が離せない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント