スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

スイフトに本格ハイブリッドエンジン搭載モデルが追加発売される予定

スズキ・スイフトにストロングハイブリッドエンジン搭載モデルが、2017年終盤に発売される見込みとなっている。

(写真は現行スイフト欧州仕様)
スイフト ジュネーブモーターショー2017

スイフトは2017年1月に4代目モデルとしてフルモデルチェンジされたばかり。現在のパワートレインは、1.0Lターボ、1.2L NA、1.2L マイルドハイブリッドと3タイプがラインアップされる。そして、後追いで1.2L ストロングハイブリッドが追加されるということであったが、フルモデルチェンジから約1年遅れのタイミングでの発売がスケジュールされている。まずは10月の東京モーターショー2017での参考出品が予想される。

スイフト スズキ スイフト トランク

スイフトに採用される1.2L ストロングハイブリッドは基本的にはソリオのシステムと同タイプとなる。スズキのマイルドハイブリッドはトランスミッションとしてCVTが採用されるが、ストロングハイブリッドではシングルクラッチ式の5速AGSが採用される。シングルクラッチ式の自動変速はギアシフト時間が長く、乗客にはギクシャク感として伝わるデメリットがあった。スズキのストロングハイブリッドのシステムでは、ギアシフト中にモータートルクが介入することで、このデメリットを解消している。

スイフト スイフト リアコンビネーションランプ

AGS採用によるコストダウン効果も幾分あるようだが、本格ハイブリッドということでモーター出力およびリチウムイオンバッテリー容量は大幅に上げられ、車両価格は高くなる。ソリオの価格表によればストロングハイブリッド車はマイルドハイブリッド車に比べ約22万円高となっており、この価格差はスイフトでも同程度となるだろう。

スイスポは1.4Lブースタージェットエンジンの可能性が高い、最大トルク大幅アップ

この他、スイフト スポーツの発売も待たされている状況となっている。スイスポは前モデルの1.6Lからダウンサイジングされ、1.4Lターボの搭載が予想される。

(写真は1.4Lブースタージェットエンジン)
1.4L ブースタージェットエンジン

欧州ビターラ 1.4Lターボ車は最高出力140ps、最大トルク22.4kgfmとなっており、これと近い仕様となるはず。パフォーマンス的には現モデルから向上となるだろう。スイスポもスイフトストロングハイブリッドと同じく2017年末の発売となる見込みである。

関連するレポート

[ 2017/06/21 ]
#1 a2017/06/22(Thu)13:53:26
価格的にストロンハイブリッドのソリオ苦戦判っててスイフトも出すのね
マイルドやめてストロングに絞って180万程度ならいいとも思う
スイスポは大幅価格アップだと思うけど、買おうかと思ってる、楽しみ
#2 匿名さん2017/06/22(Thu)23:57:12
ゼンマイ回生したメカ開発できんの?ハイブリッドいらね
#3 (・∀・)2017/06/23(Fri)07:32:54
(・∀・)
#4 カンテイダン2017/06/23(Fri)10:36:23
エブリイの5AGSに乗ってるけどギクシャク感が半端ない。速度上げる度にガチャコンガチャコンなっていちいちトルクが抜けるのがイライラする。
CVTの加速にダイレクト感が無いって言う人はコレをダイレクト感と言っているんだろうか?
まあハイブリッドでそれが無くなるなら良いと思う。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.