car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・ソリオ 新開発フルハイブリッドは32.0km/L、2016年11月29日発売

ソリオ フルハイブリッド、EV走行可能なMGU搭載の本格ハイブリッドシステム搭載

ソリオに新開発ハイブリッドシステムを搭載した上級モデルが2016年11月29日に発売される予定となった。

(写真は現行ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

2015年にフルモデルチェンジしたソリオは、既にハイブリッドグレードが置かれている。これは小型のアシストモーターが搭載されたマイルドハイブリッドと呼ばれるもので、そのJC08モード燃費は27.8km/Lとなっている。

スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS

今回追加発売されるモデルは、より高出力なMGU(モータージェネレータユニット)を装備した本格的なシステムとなっており、スズキはこれをフルハイブリッドと呼ぶことになる。一部でモーターのみによるEV走行に対応し、JC08モード燃費は32.0km/Lを達成する。

ソリオフルハイブリッドはFFのみ車両価格は約190万円予想、従来型マイルドハイブリッド販売継続

新型ソリオ フルハイブリッドは、「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードが用意される。

スズキ ハイブリッドシステム

リチウムイオンバッテリーはトランク下スペースに設置され、キャビンスペースへの圧迫が抑えられる。

スズキ ハイブリッド MGU

シングルクラッチトランスミッションの5速AGSが採用されているのもスズキらしさを感じさせるところ。シフトチェンジ時のショックはMGUからのトルク介入により抑えられる。

スズキハイブリッドISG AGS

ソリオ フルハイブリッドのグレード構成は、ソリオ HYBRID SZとソリオ HYBRID SXの2タイプに加え、上級のソリオ バンディット HYBRID SVも設定される。車両価格については発売日を待つことになるが、現行ソリオハイブリッドより20万円高程度になることが見込まれ、消費税込み190万円前後からの値付けが予想される。駆動方式はFFのみとなる。

こういったことからも車両価格が安く、FF/4WDともにラインアップされる従来型マイルドハイブリッドも引き続き販売が継続される見込みだ。

#1 匿名さん2016/11/14(Mon)12:36:58
こんにちは!
いよいよソリオハイブリッドも発表ですね!

OEMモデルであるデリカD:2も、ハイブリッドを発表して欲しいです!
#2 a2016/11/15(Tue)03:37:03
せっかく売れる車なのに三菱にOEMすんじゃねーよって
スズキの営業さん言ってたよ

名前(任意)
コメント