car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・アルト ラパンのフルモデルチェンジが6月実施見込み、Sエネチャージ搭載か

アルト ラパンが7年ぶりのフルモデルチェンジ、2015年6月に計画

スズキのアルト ラパンがフルモデルチェンジされる計画となっている。

(写真は現行アルト ラパン)
アルトラパン

現行アルト ラパンは2008年に発売された2代目モデル。販売ターゲットを女性に絞った可愛らしい内外装が人気で、月販3000台クラスの販売規模をモデル末期まで維持してきた。そんなアルト ラパンが2015年6月に7年ぶりのフルモデルチェンジを受ける見込みとなった。

(写真は現行アルト ラパン ショコラ)
ラパン ショコラ アルトラパン ショコラ

次期アルト ラパンはハイブリッドシステムを採用か、Sエネチャージ

次期アルト ラパンにはSエネチャージの採用が予想される。SエネチャージはワゴンRで先行して搭載されてきた簡易型ハイブリッドシステムの一種。モーターアシストは発進加速時の数秒間に限定されるが、軽自動車向けのハイブリッドシステムとしてスズキで開発された。

(写真は現行ワゴンR Sエネチャージ)
ワゴンR S-エネチャージ

ただしスズキのラインアップを見ると、このSエネチャージは現段階では全ての軽自動車へ採用していく方針では無さそうだ。例えば2014年12月にフルモデルチェンジしたアルトではSエネチャージの採用が見送られている。その理由としては、エントリー価格84万7800円に設定されるアルトではSエネチャージの採用は車格とコスト面で合わなかったためと想像する。

Sエネチャージの採用は現段階では上級車種に限られると考えられる。アルト ラパンは現行エントリーモデルが132万8400円に設定される上級車種であり、新型ではSエネチャージが採用される可能性が高い。

スズキ ラパン ショコラ

この他スズキの新技術としてはレーダーブレーキサポートなどもあげられ、これも次期ラパンへの装備が可能となってくるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント