iK-2は次期スイフトの可能性、新開発1.0Lガソリンターボエンジン搭載

スイフト後継のiK-2、スズキは2台のコンセプトカーをジュネーブで同時発表

ジュネーブモーターショーが2015年3月5日より一般公開された。今年も欧州市場での販売拡大を狙う日系メーカーの多くが参加したが、なかでもスズキは新型コンセプトカーとしてiK-2とiM-4を2台同時デビューさせており意欲的となった。

次期スイフト iK-2

今回、特に紹介したいのは写真のiK-2である。Bセグメントサイズのコンパクトカーで具体的には次期スイフトをイメージしたコンセプトモデルとなる。市販モデルの発売は2016年初頭とされ、約一年後に欧州より販売がスタートされることになる。

次期SWIFT スズキ iK-2 スズキ次期スイフト iK-2

次期スイフトに搭載されるのは1.0L直噴ガソリンターボのBOOSTERJETエンジン

iK-2のボディサイズは全長4023mm×全幅1920mm×全高1450mmと公表された。もちろんこれはコンセプトカーであるから、このままの寸法で次期スイフトとして市販されるわけではない。全幅については1.7m前後に縮小されることになるだろう。

SWIFT後継 iK-2 suzuki

全長と全高についてiK-2と現行スイフトを比較してみると、全長は+173mm、全高は-60mmとなっている。iK-2はロー&ロングな印象のボディに仕上がっており、特にサイドからのシルエットはCセグメントカーと見紛うほどである。

次期スイフト ジュネーブ2015 iK-2

これらの数値から次期スイフトは、全長の延長により後席ニースペースおよびラゲッジ容量が大きくなるが、全高が落とされた分ヘッドクリアランスが切り詰められることが予想される。

iK-2に搭載されるエンジンは、新開発の1.0L直噴ガソリンターボエンジンとしている。BOOSTERJETとネーミングされたこの小排気量ターボエンジンは、次期スイフト以外にもスズキの他車種への搭載が展開されることになるだろう。

関連するレポート

[ 2015/03/05 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スバル XV フルモデルチェンジ、2017年3月9日予約スタート

ノート・e-POWER 試乗、アクセルオンからの加速までのタイムラグが短い

BMW Z5が2017年フランクフルトモーターショーで発表か、スープラ姉妹車

マツダ・CX-6が2017年内に発売される見込み、3列シートのクロスオーバーSUV

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.