car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・クロスハイカーの東京モーターショー2013画像、ジューク ジュニア狙い

スズキのクロスハイカーはレジーナベースの派生クロスオーバーSUV

スズキは新型コンセプトカーとしてクロスハイカーを東京モーターショー2013でワールドプレミアさせた。

クロスハイカー

クロスハイカーのプラットフォームは、2011年の東京モーターショーでコンセプトカーとして公開されたレジーナからの引用となっており、クロスオーバーSUVとしての派生車と判断できる。

スズキ クロスハイカー

四隅の大きなタイヤが迫力を感じさせるが、5ナンバーに対応するコンパクトな車体が持ち味。エクステリアデザインは正直に言ってしまえば、日産のコンパクトSUV、ジュークのさらに小型版といった印象を受ける。

スズキ クロスハイカー 東京モーターショー クロスハイカー 東京モーターショー スズキ

最近のこういった車種のスタイリングにおいて、世界的大ヒット車ジュークを参考にしていない手は無いわけだが、このクロスハイカーはジューク「ジュニア」のポジションを明確に狙っているとも感じた。
ただしクロスハイカーのデザインレベルは非常に高い。これを単にジュークからのデザイン模倣と、ネガティブな表現にまとめるのは相応しくない。

クロスハイカー 東京モーターショー2013

真正面からのデザインはキャラクター性があり愛着が持てるものに、というレジーナのコンセプトを更に色濃く表現している。

クロスハイカー インテリア クロスハイカー スズキ

エクステリアだけでなくインテリアについてもレッド系カラーで統一されている。グラスルーフを装備し、音声入力を主体としたパーティクルインターフェイスが導入される。

クロスハイカーは超軽量化ボディと1.0Lエンジン搭載による優れた燃費性能に期待

スズキ クロスハイカーのパワーユニットは、直列3気筒1.0LエンジンのK10。海外新興国市場向けリッターカーとしての採用が多いエンジンの採用となる。これにデュアルジェット・エネチャージⅡ・アイドリングストップシステム、CVTといった最新技術を導入し、動力性能と環境性能を高い次元で両立させている。

また車体重量は軽自動車並の810kgということで、これが優れた燃費性能のベースとなることは間違いないだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント