car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ケータハム・セブン130が発売、スズキ製K6A型ターボエンジン搭載で349万6500円

スズキ製K6A型ターボ搭載のケータハム・セブン130が日本発売

スズキの軽自動車向け660ccエンジンを搭載したケータハム・セブン130が2013年12月1日に発売された。

ケータハム SEVEN165

写真はフランクフルトモーターショーで公開された欧州仕様Caterham Seven 165のカットモデル。
搭載されるエンジンはスズキ・ジムニーなどで実績のあるK6A型の3気筒ターボで、トランスミッションとしては5MTが装備される。

ケータハム セブン165

ケータハム・セブン130は軽自動車登録が可能、価格は349万6500円

セブン130に設定された車両価格は349万6500円。ちょっと手が届きにくい価格帯となってしまったのが残念であるが、軽自動車登録が可能となっている。

ケータハム セブン165 K6Aターボ

同タイプエンジンを搭載する欧州仕様セブン165は最高出力80psであったが、日本仕様のセブン130では軽自動車規格の自主規制値でもある64psにデチューンされている。またリアフェンダーの幅を削ることで全幅が軽自動車枠に収められた。

英国仕様のセブン165は、1ポンド168円のポンド高相場でも約287万円であることを考えると、そこまでして軽自動車規格に拘る必要があったのかは疑問に感じなくもない。デチューンなどせず、そのまま輸入して白ナンバー登録車でもよかった気もするが。

CATERHAM SEVEN 165

ともかく日本仕様のセブン130は、一般的な出力の軽ターボエンジンの搭載になってしまったわけだが、それでも車体重量はわずか490kg、パワーウェイトレシオは131ps/tである。0-100km/h加速は6.9秒、最高速度は160km/hと公表されており、スロットル全開を使った痛快な走りが楽しめるモデルとなりそうだ。

セブン130の販売は既に開始されており、納車は2014年4月以降になる見込み。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント