car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

Caterham SEVEN 130日本仕様、全幅1470mmの軽自動車規格適合モデルが出展

Caterham SEVEN 130のプロトタイプが大阪モーターショーに出展

大阪モーターショーが2013年12月23日まで開催されたが、そこでは新型Caterham SEVEN 130が出展された。

ケータハム セブン 130

新型Caterham SEVEN は、パワーユニットとしてスズキの軽自動車向け658ccエンジン、K6A型ターボが採用されるということで多くのメディアで取り上げられたモデル。既に2013年12月1月より予約受注がスタートしているが、日本市場へのデリバリーは2014年4月頃になるとのこと。同ショーでは、プロトタイプとしていち早くその車体を見ることができた。

ケータハムセブン130 ケータハム セブン 130 日本仕様

フランクフルトモーターショー2013でワールドプレミアされた欧州仕様はSEVEN 165として披露されたが、今回の日本仕様はSEVEN 130となる。

これは日本の軽自動車規格に適合させた仕様に変更されており、欧州仕様では80psまでチューンアップされた最高出力は64psに抑えられている。車体重量は490kg。これらから算出されるパワートゥーウェイトは129bhp/t(≒130)ということで日本仕様はSEVEN 130と名付けられた。

ケータハムセブン130 メーター インストルメントパネル ケータハムセブン130 シート

過給器付きK6Aエンジンが縦置きされたFR駆動ということから、スズキ・ジムニーのパワートレインからの引用部分が多いと考えられる。

日本仕様Caterham SEVEN 130は全幅が縮められ軽自動車規格に適合

欧州仕様のCaterham SEVEN 165は全幅が1575mmということだったが、これも日本仕様のCaterham SEVEN 130では1470mmに縮められ軽自動車規格をクリアしている。写真の大阪モーターショーに出展されたプロトタイプは全幅1470mmの日本仕様である。

ケータハム セブン 130 軽自動車 ケータハムセブン130 軽自動車

Caterham SEVEN 130の車両価格は349万6500円。
趣味の軽スポーツカーとしてはちょっと手が出にくい価格と感じる。

#1 匿名さん2019/06/08(Sat)09:14:52ID:ExMmY0ZGjM
80PSが本来の性能。64PS規制解除はいつか。

名前(任意)
コメント

過去記事(2013/12/13)

ケータハム・セブン130が発売、スズキ製K6A型ターボエンジン搭載で349万6500円

スズキ製K6A型ターボ搭載のケータハム・セブン130が日本発売

スズキの軽自動車向け660ccエンジンを搭載したケータハム・セブン130が2013年12月1日に発売された。

ケータハム SEVEN165

写真はフランクフルトモーターショーで公開された欧州仕様Caterham Seven 165のカットモデル。
搭載されるエンジンはスズキ・ジムニーなどで実績のあるK6A型の3気筒ターボで、トランスミッションとしては5MTが装備される。

ケータハム セブン165

ケータハム・セブン130は軽自動車登録が可能、価格は349万6500円

セブン130に設定された車両価格は349万6500円。ちょっと手が届きにくい価格帯となってしまったのが残念であるが、軽自動車登録が可能となっている。

ケータハム セブン165 K6Aターボ

同タイプエンジンを搭載する欧州仕様セブン165は最高出力80psであったが、日本仕様のセブン130では軽自動車規格の自主規制値でもある64psにデチューンされている。またリアフェンダーの幅を削ることで全幅が軽自動車枠に収められた。

英国仕様のセブン165は、1ポンド168円のポンド高相場でも約287万円であることを考えると、そこまでして軽自動車規格に拘る必要があったのかは疑問に感じなくもない。デチューンなどせず、そのまま輸入して白ナンバー登録車でもよかった気もするが。

CATERHAM SEVEN 165

ともかく日本仕様のセブン130は、一般的な出力の軽ターボエンジンの搭載になってしまったわけだが、それでも車体重量はわずか490kg、パワーウェイトレシオは131ps/tである。0-100km/h加速は6.9秒、最高速度は160km/hと公表されており、スロットル全開を使った痛快な走りが楽しめるモデルとなりそうだ。

セブン130の販売は既に開始されており、納車は2014年4月以降になる見込み。

過去記事(2013/10/13)

ケータハムのエントリーモデル、セブン165に搭載されるのはスズキのK6Aターボ

スズキ660cc3気筒ターボエンジンを搭載したケータハム・セブン165

今年の東京モーターショーは、軽自動車規格のオープンスポーツカーというジャンルで目立った動きがあり、ホンダがNスポーツ、ダイハツが次期コペンを発表する見込みとなっている。そんななか、スズキに関してはカプチーノ後継となるようなモデルの噂を聞くことができない。しかし、先月のフランクフルトモーターショー2013では少し違った方面での動きが見られた。
そのモデルこそが写真のケータハム・セブン165である。
ケータハム セブン165

フランクフルトモーターショーではスズキブースに出展されたこのセブン165は、先代ワゴンR等に採用されてきたK6A型エンジンを搭載。厳しくなる欧州の排ガス規制の中、スズキの軽自動車向け 660cc 3気筒ターボエンジンがケータハムのエントリーモデルに採用されることになる。

ケータハム セブン165 K6Aターボ

スズキの関与はエンジンの提供に限られ、車体生産はもちろんエンジンチューニングについてもケータハム側で行われる。軽自動車規格の無い欧州では最高出力64psの規制も無いわけで、これは環境性能も考慮した結果80psにまで引き上げられ、最大トルクは10.9kgmとなる。車体重量は490kgで、そこから導き出されるパワーウェイトレシオは6.1kg/psというスペックだ。

CATERHAM SEVEN 165

ケータハム・セブン165の日本発売の可能性は高いと考える

出展されたセブン165はエンジン剥き出しのカットモデルで、コンセプトカーという位置付けであった。しかし、セブン165としての市販が前提となっており、2014年の年明けにも生産がスタートする計画となっている。本国イギリスでの車両価格は1万7000ポンド程度(約260万円)が見込まれている。

ケータハム SEVEN165

日本にも販売拠点を持つケータハムとしては、当然このセブン165の日本市場への投入も考えているだろう。ただし、軽自動車規格で販売されるかどうかは不明だ。