car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、インフィニティQ50

日産が次期スカイライン、インフィニティQ50を発表

現在開催中の北米国際オートショー2013にて、新型インフィニティQ50が公開された。これは従来のインフィニティGシリーズに相当するもので、北米版スカイラインでもあるインフィニティG37の後継モデルということになる。
スカイラインV37 インフィニティQ50
V37スカイライン インフィニティQ50
さて、インフィニティQ50に採用されるパワートレインについては、新型V6 3.0Lやダイムラー社との合作エンジンなど様々なタイプが憶測がされていた。しかし、今回発表されたのは、インフィニティG37に搭載されていたV6 3.7Lと、フーガのV6 3.5Lハイブリッドという、2タイプの従来型エンジンということで、新型エンジンの発表には至らなかった。
v37-skyline-q50

スカイラインのフルモデルチェンジは2013年秋までに行われる見込み

今回のQ50を以って、インフィニティに「Q」シリーズが加わることになるが、これは新ネーミング戦略に基づくものである。セダン、クーペ、コンバーチブルスタイルの車種に「Q」を、クロスオーバーおよびSUVスタイルの車種に「QX」をイニシャルとする車名が与えられることになる。今後、日本車名のフーガであるインフィニティMシリーズが「Q70」に、スカイラインクーペが「Q60」などと改名されることになる。従来の数字が排気量を表していた命名則が崩されたことは、これからはハイブリッド車種がラインアップの中心になっていくことを予感させる。

インフィニティQ50は今年の夏から北米で発売が始まる見込み。日本でもフルモデルチェンジしたV37型スカイラインとして、2013年春~秋頃の発売が予測されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント