car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ノートがワールドプレミア、1.2L直噴スーパーチャージャー搭載

新型ノート、3気筒1.2L直噴スーパーチャージャーエンジン搭載

本日2012年7月16日、日産は新型ノートを発表した。
新型ノート 2012
新型ノートのエクステリアデザインは、コンセプトカーのインビテーションに比べれば、低価格コンパクトカーらしくまとまってしまった。もっとはっきり言えばホンダ顔で、フィット、フリード、エアウェイブ…このあたりの車種を連想させてしまう。
日産HR12DDR(DIG-S) 1.2L直噴スーパーチャージャーエンジン
新型ノートに搭載されるエンジンは、新型のHR12DDR(DIG-S)。マーチに搭載されている1.2Lの3気筒エンジンをベースに、直噴ミラーサイクル化+スーパーチャージャー+アイドリングストップを装備。100%エコカー減税の対象車となり、燃費は25.2km/Lを達成する。
燃費重視型の過給器付きダウンサイジングエンジンの採用は、国産コンパクトカーで初めてとなる。
このほか、マーチと共通エンジンであるNAのHR12DE型を搭載した廉価グレードも用意され、こちらは75%減税になる。

また日産は、この新型ノートが現行ノートだけでなく「現行ティーダ」の客層をカバーするモデルであると、発表した。これにより、中国で販売中の新型ティーダが日本に導入されないことが、改めて確定的となった。
これまでのティーダの客層向けに、新型ノートの最上級グレードとしてメダリストを設定。これには上質表皮のシートやコンパクトカーでは初となるAVMが装備される。

新型ノートは九州工場で生産、9月から販売開始

日本仕様の発売は9月からを予定しており、生産は九州工場で行われる。マーチはタイ生産の輸入車となってしまったが、ノートに関しては国内生産が維持される。
欧州モデルは2013年の発売で、英国工場で生産。この他、北米、アジアでの販売が計画されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント