car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型GLAが日本発売、メルセデスベンツの小型クロスオーバーSUVの販売スタート

新型GLA、Aクラスがベースのメルセデスベンツ最小SUVが日本市場に導入

メルセデスベンツの新型コンパクトクロスオーバーSUVのGLAシリーズが2014年5月29日に日本発売となった。

(写真は新型GLAクラス、フランクフルトモーターショー2013)
ベンツGLA

新型GLAシリーズは、Aクラスのプラットフォームをベースに開発されたコンパクトSUVで、メルセデスベンツのラインアップの中で最も小さなSUVという位置付けになる。

GLA フランクフルトモーターショー

ボディサイズは全長4430mm×全幅1805mm×全高1505mm、ホイールベースは2700mm。同クラスのライバル車としてはBMW X1やアウディQ3が挙げられる。

GLA 2013

メルセデスベンツGLAは3タイプのエンジンがラインアップされる

GLAシリーズはレクサスNXシリーズと競合する価格帯となる。

メルセデス新型GLA 2013

GLA180としてラインアップされるのは、直4 1.6Lの直噴ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力122ps、最大トルク20.4kgmのスペックで、組み合わさるトランスミッションはFFの7速DCTのみ。エントリーモデルの税込価格は344万円で、さらにGLA180 Sports が399万円、GLA180 Off-Roadが399万円と設定された。

GLA250は、直4 2.0Lの直噴ターボエンジンと4WDシステムの4MATICを搭載。最高出力211ps、最大トルク35.7kgmのスペックは、先日に日本発売された日産・スカイライン200GT-tに搭載されたM274エンジンと同値であるが、GLAに搭載されるのはその横置きバージョンであるM270エンジンとなる。税込価格はGLA250 4MATICが459万円、GLA250 4MATIC Sportsが499万円、GLA250 4MATIC Off-Roadが499万円となる。

さらにAMGモデルとして、最高出力360ps、最大トルク45.9kgmの直4 2.0L直噴ターボエンジン搭載のGLA 45 AMG 4MATICが730万2000円でラインアップされる。

GLA トランクルーム

いずれのモデルも納車時期は2014年秋に向けて準備中とのことだ。

#1 匿名さん2018/05/02(Wed)16:28:11ID:FjMTdkMDzZ
ベンツはこのGLAの発表から短期間にSUVラインナップを充実させている。GLC,GLEにはクーペも登場。GLAとGLCの中間モデルGLBの発表も間近らしい。
#2 匿名さん2018/05/02(Wed)16:47:39ID:Y0M2FiNzzO
GLBは楽しみだ!
ってか、この記事古いでしょ!
もう間もなくGLAもフルモデルチェンジするし(笑)
#3 匿名さん2018/05/02(Wed)16:51:57ID:FjMTdkMDzZ
#2
同じくGLB楽しみ!
ベンツのGL系の板、ここしかなかった・・(汗)

名前(任意)
コメント

過去記事(2013/09/22)

新型GLAクラス、メルセデスベンツの小型クロスオーバーSUVがワールドプレミア

新型GLAがフランクフルト発表、遂にメルセデスもコンパクトクロスオーバーSUVに参入

GLA 2013

メルセデスベンツは、今月2013年9月のフランクフルトモーターショーで、新しい小型SUV『GLA』の市場投入を発表した。名前から分かるように、コンパクトタイプのAクラスをベースとしており、AクラスのSUVとしては4ドアクーペの『CLA』に続く2台目、メルセデスベンツのSUVとしては、5番目に投入されたモデルということになる。

ベンツGLA

メルセデスベンツ GLAの特徴は、風格あるSUVデザインでありながらもコンパクトな車体にある。ボディサイズは、全長4,417mm、全幅1,804mm、全高1,494mmと現行メルセデスSUVで最も小さな『GLKクラス』(全長4,550mm、全幅1,840mm、全高1,670mm)と比較してさらに一回り小さいサイズに設定されていることがわかる。
メルセデス新型GLA 2013

SUVとはいえど、あくまで都市部での走行を重視した、若者向けのクロスオーバータイプとなる。サイズはコンパクトだが、インテリアはメルセデスらしい流線型で高級感あふれる仕様になっており、デザインのオプションが豊富で様々なニーズにも対応可能とのこと。

GLA トランクルーム GLA フランクフルトモーターショー

GLAに搭載される主力エンジンは1.6Lガソリンターボか

メルセデスベンツ GLAのパワートレインには、4種類あるどのグレードにも4気筒エンジンを採用し、ガソリンエンジンが2種類、ディーゼルエンジンが2種類というラインナップ。例えば1.6L 直列4気筒のターボガソリンエンジンであるGLA200は、最大出力156ps/5,300rpm、最大トルク25.5kgm/1,250-4,000rpmという文句のないスペックだ。

メルセデスベンツ 1.6L ガソリンターボエンジン

二輪駆動のGLA200以外のグレードには、全てフルタイム4WDシステムが採用されている。燃費性能も素晴らしく、ディーゼルエンジンのGLA200CDIで23.3km/Lという数字。
メルセデスベンツGLAについての欧州スケジュールは、オーダーが11月末から開始し、2014年明けてからの納車になると発表されている。

過去記事(2013/08/15)

GLAがフランクフルトモーターショーで公開予定、メルセデス新型コンパクトSUV

GLAが発売予定、メルセデス・ベンツがコンパクトSUVに参入

今年2013年の上海モーターショーでは、メルセデス・ベンツの新型クロスオーバーSUVとしてGLAコンセプトが公開された。その市販モデルのワールドプレミアが2013年9月開催のフランクフルトモーターショーで行われる見込みだ。これに先立ちメルセデス・ベンツは市販型GLAのスケッチ画像2枚を公開した。
GLA

GLAコンセプトのエクステリアデザインから大きくは変わらず

公開されたスケッチ画像を上海のGLAコンセプトと比較すると、フロントデザインはほぼ同じといった印象である。ただしリアデザインはハッチゲート周辺のラインに変化が確認でき、より洗練さが加わったと感じた。元来このGLAは、新型Aクラスと車体の多くが共通化される派生車という立ち位置で存在している。そのため市販型のGLAは、Aクラスの影響を強く受けたエクステリアデザインになるという話もあった。しかし、このスケッチを見る限り、基本的にはGLAコンセプトから大きく変わらないものと受け取れる。
(写真はGLAコンセプト、上海モーターショー2013)
GLA
GLA コンセプト
また、GLAコンセプトのボディサイズは、全長4383mm×全幅1978mm×全高1579mm、ホイールベースは2699mmであった。テストカーとして偽装パネルが貼られたGLAの目撃情報も多くあがっているが、これによれば市販型GLAのボディサイズはコンセプトGLAをほぼ踏襲すると予測されている。2mに届きそうな全幅は、コンパクトながらも迫力のあるエクステリアデザインの所以でもあるわけだが、日本市場では駐車場等の事情で敬遠されることになるだろう。

そして、メルセデスベンツ日本のボデルケ副社長によって明言された通り、日本市場の発売が確定している。その導入時期は2014年頃という予測だ。

追伸、新型GLAをメルセデス・ベンツが発表

新型GLA メルセデス・ベンツGLA
GLA メルセデス・ベンツ
追伸となるが、写真は発表されたGLA 250 4MATIC 。
やはり、コンセプトGLAのデザインをほぼそのままの形で市販化させたようです。