car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクセラ

マツダ魁(KAI)コンセプト発表、次期アクセラが想定される5ドアハッチ

投稿日:2017/10/26 更新日:

アクセラ フルモデルチェンジによる市販が期待される新デザインのCセグメントハッチバックカー

マツダは東京モーターショー2017で、魁 Concept(カイコンセプト)をワールドプレミアさせた。次期アクセラとしての市販が想定されるデザインスタディモデルである。

(写真は新型KAIコンセプト)
KAI Concept アクセラ

キャラクターラインではなく、曲面を使った新デザインを次期アクセラから導入

今回のマツダは、次世代デザインを示唆するマツダVISION COUPEと次世代ガソリンエンジンのSKYACTIV Xを発表。そして、最も市販に近いモデルとして魁 Conceptを出品した。

これらは、
”Cセグメントハッチバック×(マツダVISION COUPE+SKYACTIV X)=魁コンセプト≒次期アクセラ”
といった関係性が成り立つ。

KAI Concept アクセラ フロントグリル KAI Concept アクセラ マフラー

魁 Conceptのエクステリアは、従来型を引き継いだヘキサゴングリルを中心に構成されるフロントフェイスがまず目にとまる。そして、マツダ次世代デザインの最大の特徴である曲げを使ったサイドパネルが印象深い。

KAI Concept アクセラ リアコンビネーションランプ KAI Concept アクセラ 東京モーターショー2017

近年のサイドエクステリアは、山折あるいは谷折りがしっかり出されたキャラクターラインによって表情を付けるのが他メーカーを含めトレンドとなっている。マツダは、次世代デザインとして、より生産難度の高い「曲げ」を採用していくことで、他メーカーとの差別化を画策しており、これは次期アクセラから具現化されることになる。

KAI Concept アクセラ ドア KAI Concept アクセラ インテリア

内装ではFRかと思わせるほどの立派なコンソールが存在する。市販型では居住性が優先された5人乗り仕様で、後席足元はスッキリ、リアアームレストは収納式のオーソドックスなものになると予想する。

KAI Concept アクセラ リアシート KAI Concept アクセラ シート

(写真はマツダVISION COUPE)
マツダ VISION COUPE コンセプト

パワートレインは予混合圧縮着火(HCCI)ガソリンエンジンのSKYACTIV Xが採用される。
(写真はSKYACTIV X)
SKYACTIV-X

次期アクセラとしての市販時期は2019年が想定される。

#1 匿名さん2017/10/27(Fri)13:19:58
アクセラは初代から新しいモノ感がすごい
飽きられやすい、古くなりやすいというデメリットはあるが
#2 匿名さん2017/10/27(Fri)14:47:34
このデザインスタディが、どこまで次期マツダ3(アクセラ)に
取り入れられるか楽しみ
#3 匿名さん2017/10/27(Fri)22:35:26
昔に比べて、洗練されたデザインになったが、アクセラクラスの割に価格が高すぎるように思う。
250万円以内なら大ヒット間違いなし。
#4 2017/10/28(Sat)00:22:49
事故ったあと、板金屋さん元どおりにできるの?
#5 匿名さん2017/10/28(Sat)00:51:44
いや、まだデザインスタディだから
このままで市販なんてあり得ない
#6 匿名さん2017/10/28(Sat)08:30:45
感覚が麻痺しちゃうと、これにつまらないと思えなくなる

名前(任意)
コメント