car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期アクセラのハイブリッドエンジンに1.3L案有り、燃費性能を上げて2013年発売

次期アクセラはスカイアクティブ+THSⅡ

次期アクセラについての続報である。
2013年秋の発売が予測されている次期アクセラはハイブリッドモデルが登場するということで注目されている。そのハイブリッドシステムは、マツダ・スカイアクティブGエンジンとトヨタ・THSⅡに使われているシステムを組み合わせたものとなる。
そして、このハイブリッドエンジンの排気量は、これまで1.5Lになると考えられていたが、1.3L案もあることがわかった。

(写真は現行アクセラ欧州仕様、Mazda3)
MAZDA3 アクセラ
アクセラ欧州仕様 Mazda3

アクセラハイブリッドは燃費型か?パフォーマンス型か?

次期アクセラのハイブリッドモデルを燃費重視型か、あるいは上級のスポーツグレードのどちらに位置付けるかによって、排気量が決定されることになるだろう。

まず、1.3Lから考えてみる。現行アクセラは1.5Lモデルからラインアップしており、次期モデルでは100kg前後のボディの軽量化が盛り込まれる。駆動バッテリーなど重量増を伴うハイブリッドシステムを搭載させても1.3L+モーター程度の出力で十分な走りができるというのは想像がつくだろう。燃費は当然1.3Lの方が有利なわけで、次期アクセラの燃費重視グレードとして一つの存在価値を見出すことができる。
さらに、他車種への搭載を視野に入れると1.3Lであればデミオハイブリッドという案も出てくる。1.5Lと1.3Lのどちらか一方に絞るなら、アクセラだけでなくデミオへの搭載もマッチする1.3Lがより有力な候補として挙がってくる。

一方で、1.5Lがやはり本命という考えもある。スカイアクティブGと呼ばれるマツダのガソリンエンジンは高い燃費性能とスポーツ性能を両立させたエンジンとして評価されてきた。しかし、このエンジンはハイブリッドシステムありきとして開発されたものではない。単純に燃費性能だけに着目して比較した場合、相性の問題からトヨタ製のものに勝つことは難しいということだ。
そこで、燃費性能で勝負して負けるのなら、いっそのことスポーティーな仕様に振った方が、魅力のある車に仕上がるという考えが出てくる。そういう判断がなされると排気量がより大きい1.5LのスカイアクティブGがハイブリッド化されることになる。

スカイアクティブGのハイブリッド化は非常に難しいようで、1.3Lと1.5Lの両方を近い将来にラインアップすることはないだろう。
どちらが選ばれるのか、注目していきたいところだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント