car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・アクセラ 1.5Lディーゼル登場、ジュネーブモーターショー2016画像

アクセラ1.5Lディーゼルの日本発売はあるのか?ジュネーブ出品

マツダは開催中のジュネーブモーターショー2016で、Mazda3 SKYACTIV-D 105を出品した。日本でのアクセラ SKYACTIV-D 1.5に相当するモデルとなる。

(写真はMazda3 SKYACTIV-D 105)
アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 エンジン

マツダが小型車向けの1.5L クリーンディーゼルエンジンとして、SKYACTIV-D 1.5を公式に発表したのがちょうど2年前の同ショーであった。その後、デミオ、CX-3においてSKYACTIV-D 1.5搭載モデルの市販を実現してきた。さらに、昨年2015年後半には、Mazda3 SKYACTIV-Dの排気量1.5Lバージョンを英国発表しており、今回の出品はこのモデルということになる。

アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 リアコンビネーションランプ

Mazda3 SKYACTIV-D 1.5Lモデルは最高出力105ps、最大トルク270Nm

日本のアクセラ ディーゼルでは、SKYACTIV-D 2.2搭載モデルが用意されており、5ドアハッチバックのスピードだけでなく、4ドアのセダンもラインアップに加わっている。これらは最高出力175ps、最大トルク420Nmといったスペックで同シリーズの中では上級グレードにポジショニングされている。

アクセラ 1.5Lディーゼル Mazda3 SKYACTIV-D 1.5

2.2Lから大きく排気量を下げた1.5Lディーゼルは環境性能が重視されたモデルとなる。スペックは最高出力105ps、最大トルク270Nmとなり、CX-3に搭載されるSKYACTIV-Dと同タイプと考えられる。今回出品モデルのトランスミッションは6速MTであるが、6速ATモデルも用意される。

アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 ジュネーブ

なお、アクセラ SKYACTIV-D 1.5の日本発売は明らかとなっていない。

スカイアクティブ-D 1.5 マツダディーゼル

VWの排ガス不正問題以降、ディーゼルエンジンに対する風当たりが厳しい。国交省が新たに検討中の法規制を現状でパスできるのはマツダのディーゼルのみという結果もあり、SKYACTIV-Dは今後益々注目されることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント