car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ジープ

ジープ・コンパスがフルモデルチェンジ、大阪モーターショー2017出品

投稿日:

新型コンパス発売、ジープのコンパクトクロスオーバーSUVが2代目モデルに

ジープ・コンパスが2017年12月2日にフルモデルチェンジを受け日本発売された。12月8日より開催される大阪モーターショー2017でも出品された。

(写真は新型コンパス、大阪モーターショー2017)
ジープ コンパス

新型コンパスのボディサイズは全長4400mm×全幅1810mm×全高1640mm、ホイールベースは2635mmとなり、先代型のサイズ感は維持された。同クラスのモデルでは、販売が好調なトヨタ・C-HR、あるいは最近日本発表のあった三菱・エクリプスクロスがあり、日本でも扱いやすい小型クロスオーバーSUVとしてライバル関係となるだろう。

ジープ コンパス 大阪モーターショー2017 ジープ コンパス リアコンビネーションランプ

JEEPコンパスシリーズは323万円から、2.4Lエンジン+6ATの余裕のパワートレイン

コンパス SPORTとしてラインアップされるグレードは、FFモデルながらも車両価格は税込323万円と戦略的。パワートレインは2.4L NAガソリンエンジンと6ATの組み合わせで、シティSUVとして考えれば魅力的である。

ジープ コンパス バックドア ジープ コンパス ラゲッジルーム

4WDモデルはコンパス Limited以上となる。こちらも2.4L NAガソリンエンジン採用であるがトランスミッションは9ATが採用され、車両価格は税込419万円。さらに装備充実のLaunch Editionが限定100台、429万円で用意される。

ジープ コンパス インテリア ジープ コンパス フロントグリル

エクステリアはジープらしい存在感のあるフロントフェイスが印象的。ボディ全体は飽きのこないオーソドックスなSUVスタイルとなる。

ジープ コンパス トカゲ ジープ コンパス 蛇
ワイパー収納部にトカゲ、バックウィンドウに蛇の装飾。

ジープ コンパス リアシート ジープ コンパス シート

海外向けには1.4L マルチエア直噴ターボエンジンモデルも用意されている。日本市場にマッチしていそうなこの小排気量ターボエンジンも途中からラインアップに追加して欲しいところだ。

#1 匿名さん2017/12/09(Sat)00:48:46
小型SUVで燃費より加速とパワーが大事な人には魅力的なのだろうな。
内装などは高級感があって良さげだの。
#2 匿名さん2017/12/09(Sat)07:24:29
アメリカ車において、日本で唯一安定して売れているのが「ジープ」
SUVブームも手伝って、このコンパスも安定して売れるだろう
#3 匿名さん2017/12/09(Sat)11:49:55
この値付けで安いと思わせるブランド力、商品力が今のジープにあるかな
CX-5なら2.5ディーゼル4WDの最上級グレードが321マンだからな~
#4 匿名さん2017/12/10(Sun)00:39:21
え、この内装で高級感あるの?
分からんもんだね
#5 匿名さん2017/12/10(Sun)03:50:45
♯4
その指摘、理解できる
本記事の写真の撮り方が「ヘタクソ」だからそう見える

実際はかなりマトモ
http://www.jeep-japan.com/compass/interior/
ナビ画面が多少小さめか
#6 匿名さん2017/12/10(Sun)08:06:41
輸入車のファブリックシート仕様なんだから、普通は高級感なんか無いだろ
そもそもハイブランドじゃないし
300万円~の大衆SUV
#7 匿名さん2017/12/10(Sun)12:23:14
国産ミニバンしか乗ってないやつにはわからんだろう、質感なんて
#8 匿名さん2017/12/12(Tue)10:09:37
レネゲード乗ってるけど、レネゲードは質感悪くないよ。
#9 匿名さん2017/12/12(Tue)10:24:18
レネゲードの日本市場向けは、イタリア生産。インテリアの色使い等、オシャレで良いクルマだと思う。

名前(任意)
コメント

ジープ・コンパスがフルモデルチェンジ、大阪モーターショー2017出品

レネゲード画像、ジープが新型コンパクトSUVをジュネーブモーターショーで発表

ジープ・チェロキーがフルモデルチェンジ、ニューヨークモーターショー2013画像