car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ジープ・コンパスがフルモデルチェンジ、大阪モーターショー2017出品

新型コンパス発売、ジープのコンパクトクロスオーバーSUVが2代目モデルに

ジープ・コンパスが2017年12月2日にフルモデルチェンジを受け日本発売された。12月8日より開催される大阪モーターショー2017でも出品された。

(写真は新型コンパス、大阪モーターショー2017)
ジープ コンパス

新型コンパスのボディサイズは全長4400mm×全幅1810mm×全高1640mm、ホイールベースは2635mmとなり、先代型のサイズ感は維持された。同クラスのモデルでは、販売が好調なトヨタ・C-HR、あるいは最近日本発表のあった三菱・エクリプスクロスがあり、日本でも扱いやすい小型クロスオーバーSUVとしてライバル関係となるだろう。

ジープ コンパス 大阪モーターショー2017 ジープ コンパス リアコンビネーションランプ

JEEPコンパスシリーズは323万円から、2.4Lエンジン+6ATの余裕のパワートレイン

コンパス SPORTとしてラインアップされるグレードは、FFモデルながらも車両価格は税込323万円と戦略的。パワートレインは2.4L NAガソリンエンジンと6ATの組み合わせで、シティSUVとして考えれば魅力的である。

ジープ コンパス バックドア ジープ コンパス ラゲッジルーム

4WDモデルはコンパス Limited以上となる。こちらも2.4L NAガソリンエンジン採用であるがトランスミッションは9ATが採用され、車両価格は税込419万円。さらに装備充実のLaunch Editionが限定100台、429万円で用意される。

ジープ コンパス インテリア ジープ コンパス フロントグリル

エクステリアはジープらしい存在感のあるフロントフェイスが印象的。ボディ全体は飽きのこないオーソドックスなSUVスタイルとなる。

ジープ コンパス トカゲ ジープ コンパス 蛇
ワイパー収納部にトカゲ、バックウィンドウに蛇の装飾。

ジープ コンパス リアシート ジープ コンパス シート

海外向けには1.4L マルチエア直噴ターボエンジンモデルも用意されている。日本市場にマッチしていそうなこの小排気量ターボエンジンも途中からラインアップに追加して欲しいところだ。

#1 匿名さん2017/12/09(Sat)00:48:46
小型SUVで燃費より加速とパワーが大事な人には魅力的なのだろうな。
内装などは高級感があって良さげだの。
#2 匿名さん2017/12/09(Sat)07:24:29
アメリカ車において、日本で唯一安定して売れているのが「ジープ」
SUVブームも手伝って、このコンパスも安定して売れるだろう
#3 匿名さん2017/12/09(Sat)11:49:55
この値付けで安いと思わせるブランド力、商品力が今のジープにあるかな
CX-5なら2.5ディーゼル4WDの最上級グレードが321マンだからな~
#4 匿名さん2017/12/10(Sun)00:39:21
え、この内装で高級感あるの?
分からんもんだね
#5 匿名さん2017/12/10(Sun)03:50:45
♯4
その指摘、理解できる
本記事の写真の撮り方が「ヘタクソ」だからそう見える

実際はかなりマトモ
http://www.jeep-japan.com/compass/interior/
ナビ画面が多少小さめか
#6 匿名さん2017/12/10(Sun)08:06:41
輸入車のファブリックシート仕様なんだから、普通は高級感なんか無いだろ
そもそもハイブランドじゃないし
300万円~の大衆SUV
#7 匿名さん2017/12/10(Sun)12:23:14
国産ミニバンしか乗ってないやつにはわからんだろう、質感なんて
#8 匿名さん2017/12/12(Tue)10:09:37
レネゲード乗ってるけど、レネゲードは質感悪くないよ。
#9 匿名さん2017/12/12(Tue)10:24:18
レネゲードの日本市場向けは、イタリア生産。インテリアの色使い等、オシャレで良いクルマだと思う。

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/03/20)

レネゲード画像、ジープが新型コンパクトSUVをジュネーブモーターショーで発表

ジープ新型レネゲード、B-CセグメントのコンパクトクロスオーバーSUV

ジープ・レネゲードが今月3月に開催されたジュネーブモーターショー2014で発表された。現在、ジープブランドはフィアットクライスラーグループによって生産販売されている。この新型レネゲードのプラットフォームはスモール-ワイド4×4アーキテクチャーがベースになっており、これはフィアット500Lなどと共通化される。

レネゲード

ボディサイズのデータを手にすることができていないが、B-CセグメントのコンパクトSUVのカテゴリーに属することになり、全長は4.2m前後といったところだ。環境志向が強まるなか、このコンパクトSUVのセグメントにジープブランドも参入することになる。

ジープ レネゲード ジープ新型レネゲード

レネゲードのエクステリアデザインは丸型ヘッドライトと大型の縦桟グリルが特徴的

新型レネゲードのエクステリアはコンパクトなボディを感じさせない大胆なフロントデザインが特徴的である。近年の特にレンジ・ローバー・イヴォーグ以降のSUVデザインは、切れ長のヘッドライトがトレンドになっていると考えている。ジープブランドでもグランドチェロキーのマイナーチェンジでは、こういったトレンドを取り入れる動きも見られた。しかし、新型レネゲードでは敢えて古典的でジープらしくもある丸型ヘッドライトが採用された。大型の縦桟グリルも健在で小さなボディながらもこれがジープであることを主張するデザインとなっている。

レネゲード ジュネーブモーターショー2014

今回の新型レネゲードのワールドプレミアは欧州での発表ということもあり、特に日本市場に向けてのアナウンスは無い。ただし、世界100ヶ国以上で販売されるグローバルモデルとして計画されており、日本発売の動きに注目していきたい。

過去記事(2013/04/07)

ジープ・チェロキーがフルモデルチェンジ、ニューヨークモーターショー2013画像

NYショーでジープが新型チェロキーを世界初公開

2013年3月より開催されたニューヨークモーターショーにおいて、ジープは新型チェロキーのワールドプレミアを行った。先代モデルは北米ではリバティ、日本ではチェロキーと命名されていたが、本モデルからはチェロキーに統一される。
チェロキー NYショー
新型チェロキー
小型SUVのチェロキーシリーズは日本でも扱いやすい大きさということもあって、先代モデルを含めて人気の高い輸入SUVの一つであった。今回のフルモデルチェンジ発表は本国アメリカだけでなく日本でも注目しているファンは多い。

新型チェロキーに搭載されるエンジンはタイガーシャークとペンタスターの2タイプ

まずは新型チェロキーのエクステリアからチェックしてみると、クラシカルで愛嬌のあった先代モデルのイメージからは一転していることに気付く。新型は特徴的な切れ長のヘッドライトが採用され都会的な洗練さとワイルドさを融合した造形となった。独特のアクの強さを残すフロントマスクは、国産SUVでは物足りないと感じるユーザーにとって魅力的に感じるだろう。
チェロキー フルモデルチェンジ
チェロキー ニューヨークモーターショー2013
新型チェロキーに用意されるパワートレインは2種類が予定されている。まず1つは、タイガーシャークと呼ばれている2.4L 直列4気筒のエンジンで、これには提携企業のイタリア フィアット社が誇る「マルチエア技術」が導入されている。最大出力は186ps/6250rpm、最大トルクは23.6kgm/4800rpmというスペックで、燃費性能は先代モデル比で45%の向上を達成している。
さらにペンタスターと名付けられている3.2L V型6気筒エンジンも用意され、最大出力は270ps/6500rpm、最大トルクは32.2kgm/4400rpmとパワフルな仕様だ。また、トランスミッションには9速ATが市販モデルのSUV車として初めて導入される。
日本発売の具体的な時期はまだ明らかとなっていない。