car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

F-PACEフランクフルトモーターショー画像、ジャガー初のクロスオーバーSUV

F-PACEがワールドプレミア、ジャガーの新型クロスオーバーSUV

ジャガーは同ブランドで初となるクロスオーバーSUVとして、新型F-PACEをワールドプレミアさせた。

(写真は新型F-PACE、フランクフルトモーターショー2015)
f-pace

新型F-PACEは、これまでC-X17コンセプトとして公開されてきたモデルの市販型である。

f-pace-face f-pace-side

ジャガーとは同グループであるランドローバーの車種と比べると、F-PACEはややシティSUVは寄りのモデルとなる。全長4731mm、ホイールベース2874mmというボディサイズは、RANGE ROVER SPORTあるいはDISCOVERYと近い。

f-pace-rear f-pace-engine

F-PACE日本仕様が既に発表されている、2.0Lディーゼルと2タイプのV6ガソリンがラインアップ

既にF-PACE日本仕様についても発表されている。設定されたグレードはPURE、PRESTIGE、R-SPORT、S、FIRST EDITIONの5タイプ。

f-pace-interior f-pace-rearseat

PURE、PRESTIGEそしてR-SPORTには、直4 2.0Lディーゼルターボエンジンが採用され、そのスペックは最高出力180ps、最大トルク43.8kgmとなる。

f-pace-seat f-pace-trank

R-SPORTにはディーゼルに加えて、V6 3.0Lスーパーチャージャー付きガソリンエンジンモデルもラインアップされる。最高出力340ps、最大トルク45.9kgmとなる。

f-pace-red

上位モデルのSとFIRST EDITIONはV6 3.0Lスーパーチャージャー付きガソリンエンジンのハイパフォーマンス版が搭載される。最高出力は40ps増しの380ps、最大トルクは46.9kgmとなる。

なおF-PACE日本仕様のトランスミッションは何れのモデルも8速ATで駆動方式は4WDとなる。

(写真はC-X17コンセプト)
C-X17

新型F-PACEの発売は2016年後半ということで、まだ少し先になりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
XC90

過去記事(2014/06/21)

C-X17は日本でも発売される、ジャガーがプレミアムコンパクトSUV市場に参入

C-X17コンセプトが日本発表、ジャガーのクロスオーバーSUVが日本市場に参入

ジャガー初のクロスオーバーSUVとして、コンセプトカーC-X17が2013年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされていた。そのC-X17が2014年6月17日に日本発表された。C-X17の市販モデルは日本市場でも販売されることになるだろう。

(写真はC-X17コンセプト、フランクフルトモーターショー2013)
ジャガー C-X17 コンセプト

コンセプトモデルC-X17のボディサイズは全長4718mm×全幅1959mm×全高1649mmで、ホイールベースは2905mm。プレミアムSUVというジャンルで見れば、2014年7月31日に正式発表されるレクサスの新型NX200tおよびNX300hとボディサイズが近い。ただしジャガーブランドからの発売ということになると、その価格帯は428万円からラインアップされるレクサスNXシリーズよりも高額となることが予想される。

C-X17 C-X17 NY2014

C-X17市販モデルは2015年にグローバル発売、モノコックとエンジンは新型XEがベース

C-X17の特徴の一つがアルミ製モノコックによる軽量化ボディである。このアーキテクチャは2015年の発売が予定されている新型スポーツセダンのXEがベースとなる。

ジャガー SUV コンセプト C-X17 ジャガー C-X17 リアテールランプ

C-X17に搭載されるパワーユニットは、インジニウムと名付けられたジャガーの新開発2.0Lターボエンジンになると予想される。このユニットはガソリンとディーゼルが同排気量でラインアップされる見込み。さらに後追いでプラグインモデルの投入が宣言されており、恐らくこれはプラグインハイブリッド方式ではないかと思われる。特にこれは、ハイブリッド車が席巻している日本市場での導入が予想される。

C-X17の日本発売時期については情報がないが、2015年のグローバル販売開始が明言されている。遅くとも2016年での日本市場投入が期待される。

過去記事(2013/09/23)

C-X17がフランクフルトで発表、ジャガーがクロスオーバーSUV市場に2015年参入か

ジャガーがC-X17をワールドプレミア、高級クロスオーバーSUVを提案

ジャガーは今月9月に開催されたフランクフルトモーターショー2013で『C-X17』を初公開した。これはジャガーにとってブランド初のクロスオーバーSUVタイプのコンセプトカーということで注目を集めた。プレミアムカーのトレンドがSUVへシフトするなか、ジャガーも遂にそこへの参入を宣言したことになる。

C-X17 ジャガー

C-X17はスポーツクロスオーバーコンセプト、2015年以降の市販化を期待

C-X17の全高は1649mm。全長は4718mmとクロスオーバーSUVとしては比較的ロングボディなためかスポーティな印象が強い。また、車体のベースがアルミ製モノコックから成っているのも特徴の一つである。軽量化が期待できるその車体は、スポーツ・クロスオーバー・コンセプトの名に恥じないパフォーマンスを予感させる。

ジャガー C-X17 コンセプト ジャガー C-X17 リアテールランプ

C-X17のエクステリアデザインは、いかにもジャガーと連想させるようなところが多い。例えば、四角いフロントグリルはXJやXFを思わせるし、テールランプはFタイプからの流れを感じる。インテリアにもイギリスの高級皮革メーカーであるコノリーレザーを採用しており、これもジャガーでは定番とも言える仕様である。

ジャガー SUVコンセプト

このC-X17は、まだ市販が確定的なモデルではないが、2015~2016年の発売が予測されている。

ジャガー SUV コンセプト C-X17

一方でジャガーの兄弟ブランドであるランドローバーは、これまでSUVを中心に販売を進めてきたわけで、今後両者がどのような方向性でコンセプトを分けていくのかも大変興味深いところである。

過去記事(2012/10/26)

ジャガーが新型Fタイプを2013年発売、5.0L V8搭載のオープンクーペ

Fタイプ、ジャガーがパリモーターショーで公開した新型オープンスポーツ

英国ジャガーカーズがパリモーターショー2012の開幕直前にわざわざパリのロダン美術館でプレビュー展を行ったのが、ジャガーの新型オープンスポーツカー『Fタイプ』である。
ジャガー Fタイプ
ジャガー Fタイプ 2012
ジャガーのオープンスポーツカーと言えば、1961年から1975年までの間に発売されていた『Eタイプ』が有名だ。ジャガーの歴史に燦然と輝く名車として、Eタイプはまさしく英国金持ち紳士の代名詞のような存在であったが、今回発表された『Fタイプ』も同社幹部であるラルフ・スペス氏によれば「反響は大きく、特別な需要にあふれている」とのことで、同社のかける期待も大きい。
パリモーターショー2012 Fタイプ
Fタイプ ジャガー パリモーターショー2012

Fタイプはボクスター対抗、3つのエンジンタイプを用意

このジャガーFタイプは昨年9月のフランクフルトモーターショー11に出品されたコンセプトスポーツカー『C-X16』の市販版とのことだが、C-X16がクーペモデルであったのに対して、オープンボディーのみが用意されるとのことだ。
ボディには進化したアルミモノコック技術がふんだんに用いられ、電動ルーフを採用。気になるスペックは、ガソリンエンジンの3種類で、全てスーパーチャージャーを搭載している。ベースは、新型モデルの『XJ』と『XF』に搭載された3.0LV型6気筒エンジンと同じもので、最大出力は340psを発生。最高速は260km/hで、0‐100km/h加速は5.3秒を誇るスペックとなっている。
1つ上のクラス『FタイプS』が積む3.0LV6は、むしろXJとXFにはない高出力版で、最大出力380ps、0‐100km/hを4.9秒、最高速は275km/hに到達する。さらにトップグレードの『FタイプV8 S』には、名前の通り5.0LV型8気筒エンジンを搭載し、最大出力は495ps、最大トルクは63.7kgm、0‐100km/h加速は4.3秒、最高速は300km/hの申し分ない実力だ。
全モデルにアイドリングストップを装備し、トランスミッションとして8速ATを搭載している。
パリモーターショー2012 ジャガー Fタイプ
ジャガーによれば2013年発売開始予定とのこと。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先