バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

ホンダ、バモスを一部改良し販売継続

ホンダが、バモスの一部改良を発表した。軽ワンボックスカーとして1999年のデビュー以来、基本構造を大きく変えずに長く販売をしてきたバモスだが、ここでさらに改良が加わり、販売が継続されることとなった。
バモスG
新バモスには、新タイプ「G」が設定され、メッキフロントグリル、リアバンパーガーニッシュの他、13インチのアルミホイールまでもが標準装備になる。また、ボモスホビオは、ハーフシェイドフロントウィンドウ、ユーティリティフックなどが標準装備化される。新色としてバニラクレム、ピンクゴールド・メタリック、プレミアムミスティックナイト・パールの3色が加わりカラーバリエーションの充実が行われた。
しかし、トランスミッションのCVT化など大掛かりな改変は行われず、従来通り5MT、3AT、4ATが装備される。エンジンも旧型のままである。
価格改定も行われたが、バモス タイプGの価格は3ATモデルでも129万8千円で、N BOX タイプGの124万円よりも高い価格設定となっている。

この他にライフ、商用車のアクティバン、アクティトラックの各軽自動車についても一部改良が行われた。

バモスを販売停止できないホンダの理由は何?

ホンダは、軽自動車ラインアップの再編を進めており、バモスに近いタイプのワンボックス軽ワゴン車として昨年2011年に新型N BOXの販売を開始している。さらに、ユーティリティ性能を強化したN BOXプラスを来月の2012年7月から販売開始する予定だ。これらN BOXシリーズの登場によって、バモスシリーズは近いうちには販売終了になるだろうと考えられていたのだが、今回の一部改良を受けて販売が継続されることになった。
バモス インテリア
バモスおよびバモス ホビオの月間販売計画台数は600台。先月2012年5月のN BOXの販売台数は、軽自動車ナンバーワンの19,354台を記録しており、バモスシリーズの計画の32倍以上となる売り上げ台数を記録している。
ホンダが、僅か600台/月のバモスシリーズを販売終了できない理由って何なんでしょう?ホンダのハイトワゴン型の軽自動車は、乗用N BOX、商用アクティの2シリーズで十分な気もします。

関連するレポート

[ 2012/06/14 ]
#1 オールドボーイ2016/09/03(Sat)00:01:47
バモスL4wd 愛車です。現在走行距離は29万㎞近くになります。足回りのゴトゴトが少し気になりますが、機関はすこぶる調子がいいです。結論的になりますが、これ程魅力ある軽は他に見当たりません。ストリートからの系譜は根強いファンがいます。FFでは味わう事が出来ない楽しさがあります。メーカーの経営的な判断はともかく、是非残して欲しい車です。
#2 荒武克己2016/10/10(Mon)23:10:30
私も現在のバモスを継続して欲しいと思っています。インパネとかサイドブレーキをスズキエブリワゴン同様にして欲しいですね。サイドブレーキがフット式になれば座席が広くなるし、ナビが見やすくなると良いですね。荷室長はやっぱり180㎝以上は必要です、仕事上!!
#3 匿名さん2016/12/25(Sun)00:18:19
バモスM(MT)です。走行距離17万Km程ですが、ほんとに良く走って乗りやすい車です。
軽ワゴンでMR!17万Kmほどになりますが、飽きないですね!特にコーナーを曲がるときは、うそでしょというくらい曲がります。ホンダさん出来れば、S660のエンジンを載せてほいですね(MTで)

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.