car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

ホンダ次期バモスが開発中、N-BOXとの差別化はどうなる

現行バモスは1999年に発売された2代目モデルであった。販売期間19年となる2017年のタイミングでフルモデルチェンジを受ける計画となっている。

(写真は現行バモス)
バモス

バモスは軽商用ワゴンのアクティバンをベースに、乗用車向け装備が与えられたモデル。このアクティバンも1999年から基本構造を変えることなく販売が続いており、バモスと同時にフルモデルチェンジされる見込みである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

次期バモスはFF化、パワートレインはようやく最新型に切り替わる

次期バモス、次期アクティバンの大きな変化は、エンジン搭載位置の変更にある。現行型はミッドシップ(MR)レイアウトが採用されるが、次期型はオーソドックスなFFレイアウトとなる。ホンダの新世代軽自動車であるNシリーズのシャシーをベースに開発されていることが予想される。

パワートレインも最新型に切り替わる。特にトランスミッションについては、現行型は2WD車が3ATと5MT、4WD車が4ATと5MTといった設定で、一昔前のメカニズムのままだ。Nシリーズ同様にCVTが採用されるはず。アクティに関しては5MTの維持が期待される。

そして車名についても、販売が好調なNシリーズにあやかり、N-○○に改名される可能性がある。

(写真はN-BOX カスタム)
N BOX カスタム 東京モーターショー

Nシリーズでは既にN-BOXとして、軽トールワゴン車がラインアップしており、その全高は1780mm。現行バモスの全高は1755mm、現行アクティバンはハイルーフ仕様のため1880mmとなっている。次期バモスがFF化されることになると、室内のパッケージングもN-BOXに近くなりそうである。複数の軽トールワゴンモデルがどういった差別化でラインアップされるのかも注目していきたい。

#1 ジャガイモ2016/09/24(Sat)06:23:30
荷室は後部座席倒して180㎝欲しいな
フロントガラスは1枚ガラスに→サイド視界不良
サイドブレーキはフット式で座席座面を広く
シフトレバーの配置はインパネ側にして欲しい
後部ナンバー現バモス同様,ハッチドアにリアモニター
前部座席の腰部20㎝位空洞に蒸れないように。
#2 OLD BOY2016/10/17(Mon)00:10:44
正直FFのバモスに乗りたいとは思わんね。車が好きで思い入れたっぷりの人が作った傑作がバモスだって、乗り続けてるとその事がよくわかるんよ。簡単にNに乗り換え出来んのよ。大体、MRの車乗った事が無い人が殆どだからメーカーも切り捨て出来るんかな?ただ、後で後悔すると思うな。販売台数が稼げないS660出すくらいだから、MRの進化したバモス…期待したかったな。名車だよ。コンセプトが秀逸なのに。こだわり見せるとこがホンダだよ。スバル見てよ。今頃凄く評判良くなってきたよ。信念みたいなこだわり続けたとこが今頃結果になって出て来たと思うな。20年近くモデルチェンジしない車に付き合って来た事の意味解ってるのかな?
#3 ぽんたろう2017/02/08(Wed)21:28:19
バモスLターボローダウン4WDに乗っています。バモスは古臭いけど、バモスホンダからのそのカルチャーのようなものが、われわれ車好きの心を引き付けるのです。おそらく、相当格好良くつくってもFMCでかなり酷評され、現行バモスの中古車市場が跳ね上がります。そもそも好きではないが新バモス=N-BOX? ならばN-BOX買えばいのでは? 位置付けが不明。仮にホンダが、きちんと定義付けしても我々バモ好きは到底納得はしないでしょう。バモスってそんな車です!8年おちの愛車ですが、N-BOXの現行と交換しますと言われても断るかな(笑) 
#4 笹尾健心2017/02/09(Thu)16:34:02
ベストカーを見ていたらばんらしいホンダの車を見た
#5 壊れるまで乗る2017/03/03(Fri)08:50:14
よっと。こんなに運転し易い商用ベースの車は無いよ。常時、荷室が詰まってる訳でもないし、メンテに窮することは無い。貴重な4ATターボ車・・・壊れるまで乗るね。ちなみに、他ユーザーと同じくFF化なら他車へ乗り換える。まだ10万キロ行ってないので、まだまだ乗れるけど。
#6 次郎2017/03/13(Mon)11:40:32
今はグレード集約でターボ車が無く致命的。この車を買う人・使う人にはターボが必須。
燃費の悪いグレードを止めて、「カタログ燃費の見せかけ」にこだわったホンダ背広組の判断ミス。
販売・営業サイドの意見、顧客の要望を無視したら売れなくなるよ!
#7 ポポ助2017/05/09(Tue)20:21:19
私もバモスL 4WD NAに14年 走行距離は未だ22万キロ現在も毎日お世話になってます。次期バモスは正直楽しみですが、現在の愛車バモスに何の不満もなく満足しています、古臭いという方もおられるようですが、これだけ長いモデルということは当時のホンダさんは先見の目があったと思っています。カッコよさ、使い勝手の良さ、私にはぴったりの一台です、この先壊れても修理して乗り続けるつもりです、次期バモス気に入ったら娘にでも乗ってもらいます、私は現行でまだまだがんばります。
#8 名無しの権兵衛2017/05/13(Sat)15:19:57
商用バンでFFではなぁ。ウェイクベースのバン仕様もさっぱり見かけないからなー
#9 匿名さん2017/05/15(Mon)22:05:55
新型は出ないから安心しろ
あと20年は売るよ
#10 匿名さん2017/10/11(Wed)04:04:03
N-VAN?態々作る必要もないでしょ?
#11 匿名さん2017/10/13(Fri)12:46:52
あるディーラーの社長からの情報なので確かですが、縦に荷室が広いN-Boxベースのハイルーフ車になるそうです。だけど、180センチのコンパネ積めなければ作業車としてはアウトなので、僕の予想では助手席収納して縦に積む変則荷台かもしれないね。さもなければウェイクバンと大して変わらないでしょう。そんなんだったら要らないので、
アクティバンの四駆マニュアルを買って、後20年乗るかな?
#12 匿名さん2017/10/13(Fri)13:13:03
♯11
ってことはウェイクバン(=ハイゼットキャディ)って仕事で使うにはつらいの?
#13 全社の軽貨物を所有しました2017/12/20(Wed)19:50:38
MRのアクティ(バモス)マニュアル四駆が一番優秀です。
ダイハツスズキ三菱は単なるFRでリアが軽過ぎ、二駆の空荷では夏期の砂利や泥で少しの坂も上れない事有り。四駆入れるとフルタイムじゃないので多くハンドル切るとどアンダーで走れたものでありません・燃費も悪くタイヤも角が欠けるように減りました。スバルRRは前が軽過ぎプッシュアンダー、荷台後端に積むと更に顕著で(仕事場が降雪、凍結します)キャビンのすぐ後ろ、荷台の前端に積まないと・どアンダーかスピンもあり運転が恐ろしく、一番の短期間で降りました。
ホンダはMRフルタイム四駆というどこかのスポーツカーのようなレイアウトで積んでも空荷でも扱いが変わらない。
どの貨物車も積載が前提ですが、空荷でも急いで向かうのですし危険回避時には持ったバランスがものを言う。ホンダを見直しました。
#14 匿名さん2017/12/21(Thu)16:09:29
バモス欲しくなってきたぞ
でも乗用ではエンジン熱で暑そうだな
#15 全社の軽貨物を所有しました。  2017/12/23(Sat)17:07:49
補足1
こちら北国で夏に最高気温33度位だからか熱で後席から文句が出た事無いです。所有してたハイエースのAC死んだ時はケツは熱くリアシートでも前から熱気が盛大でした。同じくエンジンに座る他社軽も暑いですが660ccの分ラクです。
リアシートで思いますが、Hondaはバンでも広く足組めます。スズキとかは背もたれの高さが30cm位だし床との落差は小さく体育座りで尻がとてもじゃないがモチマセン。アクティバモスはMRなのにサイズはデカくワンタッチでフルフラット。ギッチリ設計ウレシイです。他社はレイアウト上ラクなはずなんですが・・・。
#16 全社の軽貨物を所有しました32017/12/23(Sat)17:45:00
補足2
長々とスミマセン。主題はMR廃止でFF化でした・それて失礼しました。
N-BOXのフロアマットを他社ライバルに敷くと代用効かない程左右に余りまくります。Hondaは土台からしっかり造っているんですね。でも・・バモスアクティを知る方には狭いの一言。とてもじゃないが買い換えできません。可能な事のほとんどが不可能になるのですから。仕事用は1cmでも狭くなったらアウトです。(私はCVTも論外)
ダイハツスズキのシェアに比べ少なく、採算の取れる取れないになるのかもしれませんが、ホイールベースが短いものの新アクティトラックのシャーシは有るわけで、それが新バモスアクティになぜ成らないのでしょうか?
素朴な疑問なのです。

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/06/14)

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

ホンダ、バモスを一部改良し販売継続

ホンダが、バモスの一部改良を発表した。軽ワンボックスカーとして1999年のデビュー以来、基本構造を大きく変えずに長く販売をしてきたバモスだが、ここでさらに改良が加わり、販売が継続されることとなった。
バモスG
新バモスには、新タイプ「G」が設定され、メッキフロントグリル、リアバンパーガーニッシュの他、13インチのアルミホイールまでもが標準装備になる。また、ボモスホビオは、ハーフシェイドフロントウィンドウ、ユーティリティフックなどが標準装備化される。新色としてバニラクレム、ピンクゴールド・メタリック、プレミアムミスティックナイト・パールの3色が加わりカラーバリエーションの充実が行われた。
しかし、トランスミッションのCVT化など大掛かりな改変は行われず、従来通り5MT、3AT、4ATが装備される。エンジンも旧型のままである。
価格改定も行われたが、バモス タイプGの価格は3ATモデルでも129万8千円で、N BOX タイプGの124万円よりも高い価格設定となっている。

この他にライフ、商用車のアクティバン、アクティトラックの各軽自動車についても一部改良が行われた。

バモスを販売停止できないホンダの理由は何?

ホンダは、軽自動車ラインアップの再編を進めており、バモスに近いタイプのワンボックス軽ワゴン車として昨年2011年に新型N BOXの販売を開始している。さらに、ユーティリティ性能を強化したN BOXプラスを来月の2012年7月から販売開始する予定だ。これらN BOXシリーズの登場によって、バモスシリーズは近いうちには販売終了になるだろうと考えられていたのだが、今回の一部改良を受けて販売が継続されることになった。
バモス インテリア
バモスおよびバモス ホビオの月間販売計画台数は600台。先月2012年5月のN BOXの販売台数は、軽自動車ナンバーワンの19,354台を記録しており、バモスシリーズの計画の32倍以上となる売り上げ台数を記録している。
ホンダが、僅か600台/月のバモスシリーズを販売終了できない理由って何なんでしょう?ホンダのハイトワゴン型の軽自動車は、乗用N BOX、商用アクティの2シリーズで十分な気もします。

過去記事(2011/05/30)

軽自動車燃費ランキング(11位~)

軽自動車の実用燃費、ランキング下位にも人気車が

軽自動車燃費ランキング(1位~5位)
軽自動車燃費ランキング(6位~10位)

実際のドライバーからの報告を元に平均化して算出した実用燃費でランキングしている。

11位:バモス 実用燃費15.69km/L

実用燃費はトランスミッションに5MTを採用したモデルの数値である。
4ATだけでなく3ATを搭載したモデルもあり、オートマチックトランスミッション車であれば、3~4km/L程度の燃費悪化は避けられない。
背の高いワゴン車でもMT車なら燃費は良好だが、CVTの効率の良さには及ばないようだ。

12位:ミラココア 実用燃費15.40km/L

ミラと共通のプラットフォームとエンジン、トランスミッションの組み合わせで、ボディのみ専用設計となる。
ミラはランキング1位の実用燃費19.51km/Lを記録している。
ミラよりもミラココアの方が風の抵抗を受けやすいボディ形状のため、燃費では少し不利のようだ。
それよりも、短距離かつ短時間走行に使われることの多いミラココアに対し、ミラは事業用車として長時間かつ長距離の走行が多いことが実用燃費に差が出た大きな理由だ。

13位:タント/エグゼ 実用燃費15.30km/L

室内の広さは最大級で人気の車種だ。
CVTを採用しているものの大きなボディがマイナスで、軽自動車としての燃費は標準以下。
後席のドア仕様が、タントはスライドドア、タントエグゼはヒンジドアとなっている。

14位:ライフ 実用燃費15.14km/L

コンパクトカー実燃費No1のホンダは、軽自動車の燃費はあまり力をいれていない。
いまどき、CVTを採用していないので、燃費ランキングでは下位。
ライフはハンドリングやブレーキフィールも評判が悪く、不人気車となっている。

15位:ゼスト 実用燃費15.13km/L

デザインはホンダ系のミニバン風にまとまっており、軽ワゴン車の中ではクールな印象だ。
ただし、燃費向上に欠かせないCVTが装備されておらず、従来のトルコンATの採用である。
燃費面では時代遅れな印象。

軽自動車の実燃費ランキング 11位~15位まとめ

ランキング下位には背の高いワゴンタイプの軽自動車がランクしてきた。
そんな中、ホンダの軽自動車の技術的遅れが目立つ。
フィットの燃費を超えてはいけない、社内ルールでもあるのだろうか。

ミラとミラココアの実用燃費の差も興味深い。
ほとんど同じ車体でも、使い方によって燃費は大きく変わる。