ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

ホンダ次期バモスが開発中、N-BOXとの差別化はどうなる

現行バモスは1999年に発売された2代目モデルであった。販売期間19年となる2017年のタイミングでフルモデルチェンジを受ける計画となっている。

(写真は現行バモス)
バモス

バモスは軽商用ワゴンのアクティバンをベースに、乗用車向け装備が与えられたモデル。このアクティバンも1999年から基本構造を変えることなく販売が続いており、バモスと同時にフルモデルチェンジされる見込みである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

次期バモスはFF化、パワートレインはようやく最新型に切り替わる

次期バモス、次期アクティバンの大きな変化は、エンジン搭載位置の変更にある。現行型はミッドシップ(MR)レイアウトが採用されるが、次期型はオーソドックスなFFレイアウトとなる。ホンダの新世代軽自動車であるNシリーズのシャシーをベースに開発されていることが予想される。

パワートレインも最新型に切り替わる。特にトランスミッションについては、現行型は2WD車が3ATと5MT、4WD車が4ATと5MTといった設定で、一昔前のメカニズムのままだ。Nシリーズ同様にCVTが採用されるはず。アクティに関しては5MTの維持が期待される。

そして車名についても、販売が好調なNシリーズにあやかり、N-○○に改名される可能性がある。

(写真はN-BOX カスタム)
N BOX カスタム 東京モーターショー

Nシリーズでは既にN-BOXとして、軽トールワゴン車がラインアップしており、その全高は1780mm。現行バモスの全高は1755mm、現行アクティバンはハイルーフ仕様のため1880mmとなっている。次期バモスがFF化されることになると、室内のパッケージングもN-BOXに近くなりそうである。複数の軽トールワゴンモデルがどういった差別化でラインアップされるのかも注目していきたい。

関連するレポート

[ 2016/06/24 ]
#1 ジャガイモ2016/09/24(Sat)06:23:30
荷室は後部座席倒して180㎝欲しいな
フロントガラスは1枚ガラスに→サイド視界不良
サイドブレーキはフット式で座席座面を広く
シフトレバーの配置はインパネ側にして欲しい
後部ナンバー現バモス同様,ハッチドアにリアモニター
前部座席の腰部20㎝位空洞に蒸れないように。
#2 OLD BOY2016/10/17(Mon)00:10:44
正直FFのバモスに乗りたいとは思わんね。車が好きで思い入れたっぷりの人が作った傑作がバモスだって、乗り続けてるとその事がよくわかるんよ。簡単にNに乗り換え出来んのよ。大体、MRの車乗った事が無い人が殆どだからメーカーも切り捨て出来るんかな?ただ、後で後悔すると思うな。販売台数が稼げないS660出すくらいだから、MRの進化したバモス…期待したかったな。名車だよ。コンセプトが秀逸なのに。こだわり見せるとこがホンダだよ。スバル見てよ。今頃凄く評判良くなってきたよ。信念みたいなこだわり続けたとこが今頃結果になって出て来たと思うな。20年近くモデルチェンジしない車に付き合って来た事の意味解ってるのかな?
#3 ぽんたろう2017/02/08(Wed)21:28:19
バモスLターボローダウン4WDに乗っています。バモスは古臭いけど、バモスホンダからのそのカルチャーのようなものが、われわれ車好きの心を引き付けるのです。おそらく、相当格好良くつくってもFMCでかなり酷評され、現行バモスの中古車市場が跳ね上がります。そもそも好きではないが新バモス=N-BOX? ならばN-BOX買えばいのでは? 位置付けが不明。仮にホンダが、きちんと定義付けしても我々バモ好きは到底納得はしないでしょう。バモスってそんな車です!8年おちの愛車ですが、N-BOXの現行と交換しますと言われても断るかな(笑) 
#4 笹尾健心2017/02/09(Thu)16:34:02
ベストカーを見ていたらばんらしいホンダの車を見た
#5 壊れるまで乗る2017/03/03(Fri)08:50:14
よっと。こんなに運転し易い商用ベースの車は無いよ。常時、荷室が詰まってる訳でもないし、メンテに窮することは無い。貴重な4ATターボ車・・・壊れるまで乗るね。ちなみに、他ユーザーと同じくFF化なら他車へ乗り換える。まだ10万キロ行ってないので、まだまだ乗れるけど。
#6 次郎2017/03/13(Mon)11:40:32
今はグレード集約でターボ車が無く致命的。この車を買う人・使う人にはターボが必須。
燃費の悪いグレードを止めて、「カタログ燃費の見せかけ」にこだわったホンダ背広組の判断ミス。
販売・営業サイドの意見、顧客の要望を無視したら売れなくなるよ!
#7 ポポ助2017/05/09(Tue)20:21:19
私もバモスL 4WD NAに14年 走行距離は未だ22万キロ現在も毎日お世話になってます。次期バモスは正直楽しみですが、現在の愛車バモスに何の不満もなく満足しています、古臭いという方もおられるようですが、これだけ長いモデルということは当時のホンダさんは先見の目があったと思っています。カッコよさ、使い勝手の良さ、私にはぴったりの一台です、この先壊れても修理して乗り続けるつもりです、次期バモス気に入ったら娘にでも乗ってもらいます、私は現行でまだまだがんばります。
#8 名無しの権兵衛2017/05/13(Sat)15:19:57
商用バンでFFではなぁ。ウェイクベースのバン仕様もさっぱり見かけないからなー
#9 匿名さん2017/05/15(Mon)22:05:55
新型は出ないから安心しろ
あと20年は売るよ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.