car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

投稿日:

ホンダが都市型小型EVを開発中、URBAN EV CONCEPTがフランクフルト発表

ホンダはフランクフルトモーターショー2017で、URBAN EV CONCEPTをワールドプレミアさせた。

(写真は新型URBAN EV CONCEPT)
アーバンEVコンセプト

自動車の電動化が急速に進められる欧州市場に向けて、ホンダは都市部のための小型EVの発売を2019年に計画していることを発表した。今回のURBAN EV CONCEPTはそのデザインとテクノロジーの方向性を示すコンセプトカーとなる。

URBAN EV CONCEPT フランクフルトモーターショー

ホンダのシティEVのエクステリアはN-ONE風、コンセプトカーは小さすぎる

URBAN EV CONCEPTのプラットフォームはEV専用に新規開発されたもの。ボディサイズはフィットよりも全長で100mm短いとしており、つまり全長3.8m前後のBセグメントハッチバックEVが想定される。

URBAN EV CONCEPT フロントグリル

フロントフェイスは、軽自動車のN-ONEを彷彿とさせる丸目ヘッドランプが印象的。ホンダエンブレムがセンターに置かれ、その両脇のブラックアウト部はディスプレイ表示機能が備わり、ディスプレイはリアバンパー付近にも置かれる。周辺への挨拶とメッセージ機能を提供するとしているが、外からの充電状況の確認というのが主な用途となりそうだ。

URBAN EV CONCEPT シート URBAN EV CONCEPT インテリア

このURBAN EV CONCEPTは、恐らく前述の全長には達しておらず、コンパクトさがより強調されていると考える。あるいは、今回のフランクフルトではEVモデルの発表ラッシュとなったが、こういった他メーカーへの牽制か。インテリアはヘッドレストが十分でない質素なベンチシートを採用するなどで、果たしてこのような頼りないモデルが本当に二年後市販化されるのか真実味に欠ける部分もある。

URBAN EV CONCEPT ホンダ URBAN EV CONCEPT リアコンビネーションランプ

ただし、市販型は全長3.8mということであるから完成形は立派な姿となるであろう。フィットと比較しても遜色ない積載能力とユーティリティが与えられることが予想される。

#1 匿名さん2017/09/17(Sun)00:32:22
EVっていうからには、お値段それなりだろ
こんなダサいの誰が買うんだw
#2 すば2017/09/17(Sun)09:37:03
カッコいいホンダ見たいのに残念
#3 匿名くん2017/09/17(Sun)15:10:56
現実味のないコンセプトカーですね。

開発者の遊び心も少しは入っていると思うけど、魅力的な部分が中側にも外側にも無い。
#4 匿名さん2017/09/17(Sun)18:11:07
コンセプトだからな…近未来をイメージさせたかったのだろうが
これを見るとホンダのデザイン力の弱さが感じ取れるな。( ´ー`)フゥー...
#5 匿名さん2017/09/17(Sun)22:16:21
ヨーロッパではEVの流れが来てるから
とりあえずなんか発表しておきたい
ドイツでやってるモーターショーだし
ちょっとゴルフ1っぽくして…
っていう受け狙いだけやって
あとはハリボテなんじゃないの?
#6 匿名さん2017/09/17(Sun)23:14:32
ガソリンエンジン車を意識しすぎたレトロ感覚の外観。 EVでフロントノーズをこんなに長くする理由がわからない。ダサい。
#7 匿名さん2017/09/18(Mon)09:43:13
※5
大体、ホンダがまともに自走できるコンセプトカーを作ってるような記憶がない。
ショーで流れるPVの走行シーンはCGばっかりだし
#8 匿名さん2017/09/18(Mon)17:17:55
日産IDxがちょっとウケたから、
初代シビック辺りをイメージしたのかなと感じた。
しかし座椅子は酷いねw
#9 匿名さん2017/09/18(Mon)21:08:53
こういうシンプルなのは良いと思います。
#10 匿名さん2017/09/19(Tue)09:32:31
技術的に取り残され、けどプライドにすがるしかない欧州には
使いにくいEVを売り付けるのが最良
#11 匿名さん2017/09/20(Wed)22:25:07
こういうEVが50万円とかで買えるのが未来じゃね。
リッチ-プア二極化で、プアでも生活余裕みたいな。
クルマもケータイ→スマホと同じような運命たどるんだろ。

名前(任意)
コメント

-ホンダ
-

関連記事

ハイブリッドカー比較

フィットシャトルの価格が決定

待望されるフィットシャトルの価格情報 フィットシャトルの価格情報が、既にホンダの各営業部門に配布されている。 下記に掲載しているものは、ノーマルガソリンエンジン車のもの。 価格表 エンジン 駆動方式 …

アコード

アコード・PHV(プラグインハイブリッド)が2012年発売

アコード・プラグインハイブリッドが新型ハイブリッドシステム搭載で発売 ホンダのアコードがプラグインハイブリッド化されて2012年に発売される。 採用されるパワーユニットは、2L DOHC 最高出力13 …

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

ステップワゴンスパーダが新デザインで登場、SPORT HYBRID i-MMD搭載 ホンダのステップワゴン スパーダがマイナーモデルチェンジを受けて、2017年9月29日に発売された。SPORT HY …

S2000

ホンダはS2000後継車の開発をスタートさせていた、2015年の発売予定

S2000の開発が再開、リーマン・ショックから復活 S2000は1999年から2009年まで販売されていたホンダのFRオープンスポーツカー。モデル末期には次期S2000へのモデルチェンジ計画も進められ …

オデッセイ コンセプトM 上海モーターショー2013

新型オデッセイ発売日は10月の見込み、ハイブリッドは2014年以降か

オデッセイが10月にフルモデルチェンジ、ホンダが新型車種投入を活発化 オデッセイのフルモデルチェンジが2013年10月頃になる見込みとなった。先月2013年4月に開催された上海モーターショーでは、次期 …

新着コメント

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

北米仕様 インサイト

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

BMW X7コンセプト

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

ポロ GTI リアシート

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

aspark owl フランクフルトモーターショー2017

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー