car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

フィットは今春の改良でフェイスリフト、後期型に移行される

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジが2017年4月下旬に実施される計画となっている。

(写真は現行フィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

現行型フィットは2013年発売されたモデルで、今春のマイナーモデルチェンジで後期型に切り替わることになる。エクステリアもフェイスリフトが施され、イメージが一新される。

フィットおよびフィットハイブリッドの後期型はホンダセンシングの導入で商品力アップ

フィットが属するBセグメントハッチバック市場は、各メーカーが主力車種を参入させ競争が激しい。ハイブリッド性能で圧倒的人気のトヨタ・アクア、新開発シリーズハイブリッドe-POWER搭載で売上が急上昇した日産・ノート、上質感とディーゼルエンジンによって存在感を上げてきたマツダ・デミオといったモデルはフィットの有力なライバルとなっている。

(写真は日産・ノート e-POWER)
ノート e-POWER エンジン

そんななか行われるフィットのマイナーモデルチェンジは、安全運転支援システムのホンダセンシングの導入で商品力が上げられる。

一方で、ダウンサイジングターボエンジンの直3 1.0L VTEC-TURBOエンジン搭載モデルがフィットに追加設定されるかどうかも気になる。

(写真は欧州シビックに搭載される1.0L VTEC-TURBOエンジン)
シビックVTEC-TURBO 1.0

ホンダの1.0L VTEC-TURBOエンジンは欧州向けには新型シビックで先行導入されていることからもわかる通り既に完成済みである。ただし、ハイブリッド人気の日本市場では燃費性能と価格のバランスで存在価値を見出すのが難しそう。

(写真はスズキ BOOSTERJET 1.0L)
スズキ ブースタージェットエンジン1.0L

直3 1.0Lターボという括りでは、スズキがバレーノで販売を実現しているが、JC08モード燃費が20.0km/L、車両価格が161万7840円となっており、これでは多くの台数が売れる状況ではない。

#1 匿名さん2017/02/01(Wed)14:51:51
新型フィットのテストカーは既に都内で目撃例があるみたいで、フロントバンパーが北米仕様のように長くなってるそうです。
これにより全長が拡大しますが、フィットはライバルに比べ全長が短いので問題ないかと。
寧ろズングリ感が消えてスタイリッシュでいい感じ。
ホンダセンシングやオフセット衝突対応によるものでしょうかね。
#2 匿名さん2017/02/01(Wed)15:06:43
往年の輝きを取り戻す事はできるのだろうか……
#3 匿名さん2017/02/01(Wed)23:42:18
>>2
ノートe-powerもデミオDもスイフトMHVも、アクア、ヴィッツHVもあるこの状況で
初代や2代目のようなフィット一強状態に持っていくのは難しいでしょうね。
先代まではただ単にライバル不在だっただけなので。
#4 とら2017/02/03(Fri)18:45:49
>>3
世はまさに大コンパクトカー戦国時代。
#5 匿名さん2017/02/07(Tue)04:15:57
〉〉1
目撃例のソースは?
#6 匿名さん2017/04/17(Mon)16:54:09
現行モデルは度重なるリコールでイメージが悪すぎるからマイナーしても難しいと思います。

名前(任意)
コメント