car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

シトロエン・C3が3代目モデルへフルモデルチェンジ、パリモーターショー2016

シトロエン新型C3、主力Bセグメントカーがフルモデルチェンジ

本日で閉幕を迎えるパリモーターショー2016では、地元フランスの自動車メーカーによるワールドプレミアモデルが目立った。シトロエンでは新型C3の市販型が注目のモデルとなった。

(写真は新型C3)
C3 シトロエン

先代型C3は2009年のデビューであった。販売期間7年を経て、今回のフルモデルチェンジを迎え、3代目へ進化することになる。

C3 リアコンビネーションランプ C3 シトロエン インテリア

新型C3のボディサイズは全長3990mm×全幅1750mm×全高1470mm、ホイールベースは2540mmとなる。先代型の全長は3941mm、ホイールベースは2466mmであったから、それぞれ+49mm、+74mmの延長を受けボディサイズは拡大している。ただし、Bセグメントクラスの枠内にはしっかり収まっており、従来型からのニーズをしっかりと引き継ぐことになるだろう。

C3 シトロエン エアバンプ

新型C3のエクステリアデザインはC4カクタス風、3段フロントランプとエアバンプ装備

新型C3のエクステリアデザインは縦3段に設置されたフロントライトが特徴となる。現行型C3も縦3段にライトが置かれるが、新型は上段がシャープに、中段がサイズアップしており顔付きは大きく変わった。

C3 シトロエン パリモーターショー2016

こういったタイプの意匠は、C4ピカソやC4カクタスで採用実績がある。今回通常ハッチバックモデルのC3にも使われたことで、シトロエンのラインアップの中で幅広く採用されていく可能性があるだろう。

また、サイドにはエアバンプが設定されるグレードも用意される。これはC4カクタスで先行して採用されたSUVテイストの装飾品である。

シトロエン C3

新型C3について現在のところ日本市場に向けたアナウンスは無いが、順次発売されていくことになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
DS4/DS5

過去記事(2016/07/16)

シトロエンC4クリーンディーゼルモデルが279万円から発売、アクセラ15XD対抗

シトロエンC4に1.6Lディーゼルが追加、C4 FEEL BlueHDi 日本発売

シトロエンからC4 FEEL BlueHDiが2016年7月12日に発売された。

(写真はシトロエンC4)
シトロエンC4

シトロエンの現行C4は2010年に発売されたモデル。日本仕様としてはかつて1.6LNAガソリンエンジン、1.6Lガソリンターボエンジンを搭載してきたが、2015年のマイナーモデルチェンジで1.2Lガソリンターボエンジンに切り替わっている。そして、今回エンジンラインナップに追加されたのが、1.6Lクリーンディーゼルエンジンとなる。

シトロエンの拠点となる欧州市場では、ディーゼルエンジンが比較的好まれる傾向にある。そんななか、シトロエンC4欧州仕様では排気量1560cc、最高出力120ps/3500rpm、最大トルク300Nm/1750rpmという実用域で非常に扱いやすいディーゼルユニットとして、1.6L BlueHDiが搭載されてきた。この仕様車が今回日本で販売されることになる。

C4 FEEL BlueHDiは、アクセラ 1.5Lディーゼルの対抗モデル

現行C4は販売6年を迎えるタイミングでの新パワートレインの追加発売となるが、これはモデル後期における販売のテコ入れというよりも、実のところは2016年7月14日に発売日を迎えた1.5Lディーゼルエンジン搭載のマツダ・アクセラ15XDに向けた対抗モデルではないだろうか。

(写真はアクセラ 15XD)
新型アクセラ

アクセラ15XD Lパッケージの車両価格は、268万9200円。対するシトロエン C4 FEEL BlueHDiは279万円となる。アクセラより少し高い程度の価格水準で、スペックの近いフレンチカーに乗れるということになれば、商機となりそうである。

またシトロエンC4シリーズといえば、特に日本市場ではミニバンのGRAND C4 PICASSOの方が知名度があるかもしれない。実はピカソにもディーゼルエンジン搭載モデルの日本導入計画があり、こちらは2016年12月の発売が予定されている。

過去記事(2014/08/19)

シトロエン グランド C4ピカソ日本発売が2014年10月予定、輸入7シートミニバン

シトロエンの新型ミニバン、グランドC4ピカソが今秋日本販売の予定

シトロエンのグランドC4ピカソが2014年10月にフルモデルチェンジを受ける見込みとなった。

(写真は新型C4ピカソ、フランクフルトモーターショー2013)
シトロエン C4ピカソ

新型C4ピカソは昨年のフランクフルトモーターショー2013で市販モデルがワールドプレミアされたモデル。その後すぐに東京モーターショー2013でも発表されており、日本での発売を待ちわびていたファンも多いはずだ。

シトロエン C4 ピカソ フランクフルトモーターショー2013

先代C4ピカソは2007年の日本発売で、7年間の販売期間を経て今回の新型に切り替わることになる。

グランドC4ピカソはVW・トゥーラン対抗の7シートミニバン

(写真はC4ピカソ、東京モーターショー2013)
C4ピカソ 東京モーターショー2013 ミニバンC4ピカソ シトロエン

5シートのC4ピカソと7シートのグランドC4ピカソの2タイプがラインアップされる。
既にC4ピカソ日本仕様のティザーサイトがオープンしており、ここでは7シートのグランドC4ピカソのみが紹介されている。そのボディサイズは全長4597mm×全幅1826mm×全高1634mm、ホイールベースは2840mm。先代モデルとの比較では、全長は+7mm、全幅は-4mm、全高は-51mm、ホイールベースは+110mmの変化を受ける。横方向のサイズはほぼ変わらずだが高さ方向を抑えホイールベースが長くなったことで、先代モデルよりも高い走行安定性が期待される。VW・ゴルフ トゥーラン対抗の輸入ミニバンとして注目されるだろう。

シトロエン C4ピカソ 発売 シトロエン C4 ピカソ 日本発売2014年10月

また、5シートの新型C4ピカソは、全長が4430mmと新型グランドC4ピカソより13cm短いモデルとなる。先代モデルでは、7シートのグランドC4のみが日本販売されたが、新型は5シートモデルもラインアップされるとの情報もある。

過去記事(2014/03/31)

新型シトロエンC1画像、ジュネーブモーターショー2014でフルモデルチェンジ

新型C1、シトロエンブランドで販売される欧州Aセグメントカーの発表画像

今回紹介するのは、フランスの自動車メーカー シトロエンがスイスで開催されたジュネーブモーターショー2014で公開した、新型C1である。

シトロエン C1

新型C1のボディサイズは全長3460mm×全幅1620mm×全高1450mm。従来モデルとの比較では全長方向に+25mmの拡大をしたものの全幅方向に-10mm、全高方向に-18mmの縮小となった。欧州Aセグメントサイズが維持されている。

C1 ジュネーブ シトロエン新型C1

新型C1に搭載されるパワーユニットはコンパクトな直3エンジンで、排気量は1.0Lと1.2Lの2タイプが用意される。

シトロエンC1 シート シトロエンC1 インテリア

日本市場への導入予定は現在のところ無いようだ。

新型シトロエンC1 トランクルーム

新型C1はアイゴ&108と基本構造が共通化される、外観は独自デザインを採用

C1は、同時発表となったトヨタ新型アイゴとプジョー新型108は兄弟車の関係にある。これらの3車種はプラットフォームを含めた基本構造が共通となっており、生産はいずれもチェコにあるプジョー・シトロエンの工場で行われる。ただしエクステリアデザインについてはそれぞれの個性を感じる出来栄えとなった。新型C1はグリルこそ平凡であるが、丸目と眉によってなされるヘッドライトが個性的となった。

写真は新型アイゴ。X字のフロントマスクが特徴で他のトヨタ車からはかけ離れたイメージである。
トヨタ アイゴ

写真は新型108。オーソドックスなプジョー顔で上品な仕上がり。
プジョー 108 TOP!

また今回のジュネーブモーターショーでは、開催国をイメージした3ドアボディの特別色、スイス&ミーコンセプトが発表された。

C1スイス&ミー C1 スイス&ミー ジュネーブ2014

C1 スイス&ミー コンセプトのカラーリングが市販モデルとしてラインアップするという話は無い。しかし3ドアと5ドアの両ボディタイプが発売されることになる。

過去記事(2014/03/09)

新型C4カクタス、シトロエンがジュネーブで発表した新型クロスオーバーSUV

シトロエンC4カクタス、コンパクトクロスオーバーSUV市場に新車種登場

シトロエンは新型C4カクタスを開催中のジュネーブモーターショー2014でワールドプレミアさせた。昨年2013年のフランクフルトモーターショーではコンセプトカーのカクタスを出展していたが、その市販モデルということになる。

C4カクタス AVENTURE

新型C4カクタスはいわゆるコンパクトクロスオーバーSUVと呼ばれるカテゴリーに属し、欧州でも人気のある日産・ジュークなどに対抗するモデルとして市場投入される。そのボディサイズは全長4160mm×全幅1730mm×全高1480mmで、ホイールベースは2600mmとなる。

C4 カクタス アバンチュール

C4カクタスは流行を取り入れながらも個性的なシティSUVとなった

新型C4カクタスは機能面でもユニークな装備が取り入れられている。外観を見てまず目に入るのがボディサイドの樹脂調パネルであるが、これはエアバンプと呼ばれる新素材で出来ている。エアバンプはその内部に空気カプセルを無数に含んでおり、オフロード走行での衝撃からボディを守る役割を担ったものである。

C4カクタス ジュネーブ2014 C4カクタス インテリア

ボディラインはフランス車の中では比較的シンプルで、かつ流行に則った印象だ。他車の名前を挙げれば都市型SUVの代名詞でもあるレンジローバー・イヴォーグ風とも言えようか。ただしフランスメーカーのシトロエンが手掛けると、アウトドアを連想させるエアパンプと近未来的な細長のヘッドライトの組み合わせが絶妙で強い個性を感じさせる。

シトロエンC4カクタス シトロエン C4カクタス トランクルーム

新型C4カクタスに搭載されるパワーユニットは、Blue HDi100という他のシトロエンのモデルの最新シリーズでも採用されている新開発のエンジンとなる。ディーゼルエンジンで欧州複合モード燃費32.2km/L、CO2排出量が82g/kmと高い環境性能を発揮できるとシトロエンも自信満々だ。

C4カクタス ジュネーブモーターショー2014 シトロエン新型C4カクタス発表

当然、日本でも発売が期待されるモデルであるが詳細は未定となっている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先