新型アリアの予約、10日で約4000台を達成、最安と最上級に分かれる

アリア

日産自動車が6月4日に発表した「日産アリア」の日本専用限定車「日産アリア limited」が、発表当日の受付開始から10日間で、約4,000台の予約注文を獲得していたことが発表された。

アリア 予約

グレード別の受注台数をみていくと、最も人気が高いのが最上級グレードの「limited B9 e-4ORCE」となり、次いでエントリーモデルの「limited B6 2WD」を選択するユーザが多いようだ。

グレード別の車両価格とWLTCモード航続距離および受注台数は以下の通り。

【66kWhバッテリー搭載車「B6」】
・2WD、660万0000円、最大450km、1,139台
・4WD、720万0600円、最大430km、583台
【91kWhバッテリー搭載車「B9」】
・2WD、740万0800円、最大610km、433台
・4WD、790万0200円、最大580km、1,781台

(合計 3,936台)

アリアの予約ユーザーの年齢層は40代以上で占められる

また、ユーザーの年齢層についても発表されており、ほぼ40代以上で占められていることも明らかとなった。

アリア インテリア

前述の通り、現在予約受付中のアリアの車両価格は約660~790万円となる。そこから差し引かれる補助金としては国からの42万円が少なくとも受けられる見込み。さらに都道府県から補助金や、環境省の再生可能エネルギー100%電力調達要件などを満たすと、受けられる補助金の合計は最大で100万円を超えるケースも出てくる。ただし、それでも実質負担金が車両価格としては高額であることには変わりがなく、30代以下からの購入比率は低い水準に留まった。

【年齢層】

  • 20代 3%
  • 30代 9%
  • 40代 24%
  • 50代 33%
  • 60代以上 31%

EVアリアの「銅」をイメージさせるテーマカラー、暁-アカツキ- サンライズカッパーの選択は15%に留まる

ユーザーの年齢層が反映されたのか、カラー選択も保守的な色合いが好まれる結果になった。

【ボディカラー】

  • バーガンディー(PM)/ミッドナイトブラック(P)2トーン(特別塗装色) 18%
  • シェルブロンド(M)/ミッドナイトブラック(P)2トーン(特別塗装色) 27%
  • 暁-アカツキ- サンライズカッパー(M)/ ミッドナイトブラック(P)2トーン(特別塗装色) 15%
  • プリズムホワイト(3P)/ミッドナイトブラック(P)2トーン(特別塗装色) 27%
  • ミッドナイトブラック(P)(特別塗装色) 13%

2019年の東京モーターショーでのアリアコンセプト発表時からのテーマカラー、暁-アカツキ- サンライズカッパーを選択するユーザーは15%に留まる。

アリア リアコンビネーションランプ
人気はシルバー系のシェルブロンドと、白色系のプリズムホワイトで、この2色を合わせて、全体の過半数を超えている。

アリア通常モデルが遅れて発売、エントリー価格はlimitedより100万円以上安くなる見込み

現在のところ、予約受付中となっているアリアの初期モデルは、日本専用特別限定車「日産アリア limited」と名付けられたグレードとなる。

アリア

さらに、遅れて発売となるアリア通常モデルのエントリー価格は、特別限定車で最安の「B6 2WD limited」から100万円以上安くなる見込み。補助金を差し引いた実質負担金は約500万円程度になることが予告されている。

日産アリア、ライバルはモデル3よりも、トヨタ・bZ4X/スバル・ソルテラ

アリアと直接対抗、トヨタ&スバルもEV発売が迫っている

「新型アリアlimited」のボディサイズは全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mm、ホイールベースは2775mmとなる。最小回転半径は5.4m。

アリア 発売
最先端の運転支援技術が標準搭載されており、「プロパイロット 2.0」はハンズオフドライブ、車線変更追い越し支援に対応。「プロパイロット リモート パーキング」では、車外からのインテリジェントキー操作によって、駐車場でのクルマの出し入れが可能となる。

何かとテスラ・モデル3と比較されがちなアリアであるが、実際に直接対抗するモデルは、トヨタ・bZ4Xの市販型、及びその姉妹車種のスバル・ソルテラと見ている。ともにSUVのタイプでボディサイズも近くなるだろう。

bZ4Xコンセプト

bZ4Xコンセプト

これら国内ブランドの有力なライバル車種は、来年2022年の市販化が想定されており、国内EV市場のムードは激変することになる。

タイトルとURLをコピーしました