プリウスアルファ5人乗り、7人乗りのお薦めグレード選択

プリウスアルファ5人乗り、7人乗りのお薦めグレード選択

プリウスαのお薦めグレード選択

[5人乗り]S“Lセレクション”

お薦め度:★★★☆☆
プリウスαの中で価格設定が最も安く2,350,000円という設定。
走行距離が多くなる法人向けに販売台数を伸ばしそうだ。
安くシンプルにハイブリッドワゴンを楽しむ事ができるが、アルミホイールが付かないことやオプション選択幅が狭いのが難点。
安さに拘るなら、無理してプリウスαを買うよりもウィッシュを選んだ方が満足度は高いはず。

[5人乗り]S

お薦め度:★★★★☆
一応、プリウスαのメイングレード的な位置付けだけに、価格と装備のバランスが最もいい。
車体価格2,500,000円は、ノーマルプリウスのSグレードと比較して30万円アップ。
ワゴンボディ化に30万円の価格アップは割高感が否めないが、大人4人で乗る機会が多いなら、荷室の広いプリウスαに価値を感じるはず。

[5人乗り]S“ツーリングセレクション”

お薦め度:★★★☆☆
17インチのアルミホイールは見栄えがよく、専用サスペンションが装備され走行性能が高い。
車体価格は2,800,000円とGグレードと同価。
足回りのコストアップを考えると、Gグレードよりはコストパフォーマンスがいいが、どちらを選ぶかはドライバーの好みによる所が大きい。
上質感よりもスポーティーなドライブを優先させたいのなら「S“ツーリングセレクション”」となる。

[5人乗り]G

お薦め度:★★★☆☆
Gグレードのみに設定される装備、クルーズコントロールは車間距離制御機能が付いておらず少し中途半端。
本皮巻きステアリングホイールやシート表皮にも上質な素材がつかわれており内装のクオリティは高い。
車体価格は2,800,000円となるが、Sとの差額30万円を高いと感じるなら無理して選ばなくてもよいグレード。

[5人乗り]G“ツーリングセレクション”

お薦め度:★★☆☆☆
Gに17インチアルミホイールと専用サスペンションが加わった5人乗りでは最上級グレード。
これが価格に見合っているかどうかは微妙なところだ。
車体価格は3,000,000円になり、この金額を出すなら他メーカー、他車種にも選択肢が増える。

[7人乗り]G

お薦め度:★★☆☆☆
7人乗りを求めるなら、価格の安いGが唯一の実質的な選択肢となる。
ただ、3,000,000円という価格は割高感がある。
リチウム水素バッテリーが採用されるといった7人乗り専用装備もあるが、実使用上でニッケル水素バッテリーとの違いを感じる事は無い。
このボディサイズで7人乗りを求めるならプリウスαではなくウィッシュがお薦め。

[7人乗り]G“ツーリングセレクション・スカイライトパッケージ”

お薦め度:★☆☆☆☆
樹脂製のパノラマルーフを装備した最上級クラスのプリウスα。
ミニバンとしてはやや狭い閉塞感のある室内に開放感がプラスされるが、3,305,000円という価格は高すぎに感じる。
何でも最上級グレードを選びたい人のためと、他グレードに割安感を持たせるために設定されたグレード。
これより上のクラスの3列シートハイブリッドは、エスティマハイブリッドの廉価グレード3,760,000円であるから、価格的にはまだ開きがある。
実用的な3列目シートが装備されたノア&ヴォクシークラスのハイブリッド車種が望まれるところだ。

関連するレポート

[ 2011/07/14 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.