トヨタが新型軽自動車ピクシス ジョイを122万400円から発売、ダイハツOEM

ピクシス ジョイC、ジョイF、ジョイSがトヨタから販売、ダイハツ生産モデル

トヨタの軽自動車、ピクシスシリーズに新たなラインアップが追加。ピクシスジョイが2016月8月31日に発売された。

ピクシスジョイ

新型ピクシス ジョイのエクステリアを見ればすぐにわかることではあるが、ダイハツ・キャストのOEMモデルということになる。2015年9月に発売されたキャストは、販売期間1年が経過するタイミングで提携関係のあるトヨタへの車体供給が開始された。

(写真はピクシス ジョイ C)
ピクシスジョイC

ピクシスジョイのエクステリアバージョンは3タイプ用意され、Cのクロスオーバー、Fのファッション、Sのスポーツがラインアップされる。それぞれがキャストのSTYLE、ACTIVA、SPORTと対応する。

(写真はピクシス ジョイ F)
ピクシスジョイF

ピクシスジョイはキャストに準じた価格スペック設定、トヨタブランドでライバルのハスラーに対抗

ピクシス ジョイの車両価格は、C Xが122万400円~、F Xが122万400円~、S“SA Ⅱ”が162万円~となる。キャストに準じたグレードラインアップと価格が設定された。

(写真はピクシス ジョイ S)
ピクシスジョイS

パワートレインは燃費性能の優れるNAエンジンの他、上位グレードにはターボエンジンが用意される。ジョイSはターボ専用車となる。

(写真はダイハツ・キャスト アクティバ)
キャスト アクティバ

ピクシス ジョイのJC08モード燃費は最高で30.0km/Lを達成。安全運転支援システムのスマートアシストⅡが採用されるあたりもキャストと同じ仕様となる。

生産はダイハツ九州の大分工場で行われる。

(写真はスズキ・ハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

軽クロスオーバーSUVが人気となっているが、その発端となったのが2014年発売のスズキ・ハスラーであった。ハスラーの販売台数はデビュー当初の勢いは少し衰えたが、それでも2016年度に入ってからも月販6000台以上を維持。一方、キャストは後発ながら月販5000台を割り込む状況となっている。

ただし、今回のトヨタブランドからのOEM販売開始により、ハスラー優勢の状況は変わりそうである。

関連するレポート

[ 2016/09/02 ]
#1 匿名さん2016/09/03(Sat)19:01:37
可哀相なダイハツ販売店
#2 匿名さん2016/09/04(Sun)10:30:37
トヨタのパクリ戦略は露骨だから質が悪い。資金力チラつかせ看板を剥がして行くみたい。
#3 匿名さん2016/09/05(Mon)16:10:28
OEM車にはエンブレム以外に何か変化が欲しいのだが。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.