ブレイドの生産が終了しカタログ落ちへ、後継車は?

ブレイドの販売が間もなく終了、トヨタのプレミアムハッチバック

ブレイドが2012年7月に生産終了となることがわかった。
これまでトヨタのプレミアムコンパクトハッチバックとしてラインアップしてきたが、2006年12月の発売から6年経らずでカタログ落ちということになる。後継車種は用意されない。
ブレイドと同時期にデビューしたオーリスの高級バージョンとしてポジショニングされてきたが、思うように販売台数を伸ばすことができなかった。

(最終モデルとなった現行ブレイド)
ブレイド

ブレイドの後継車は用意されない

トヨタではブレイドと同セグメントの車種としてオーリスをラインアップしてきた。
ブレイドの基本構造は、このオーリスと共通部分が多く、オーリスの高級バージョンといった側面があった。エンジンは、オーリスが1.5Lと1.8Lといった、このクラスとしては標準的なタイプを搭載したが、ブレイドは直4 2.4LとV6 3.5Lをラインアップ。サスペンションやインテリアもブレイド専用の上級パーツが採用されるなど、オーリスとの差別化がなされてきた。
このブレイドの弟分的な位置付けであったオーリスは、今年2012年7月にフルモデルチェンジを受けることになっており、ハイブリッドグレードも設定される。

(ブレイドの役割を引き継ぐレクサスCT200h)
CT200h
また、ブレイドがフルモデルチェンジを果たせなかった原因としては、昨年2011年にレクサスからデビューした、プレミアムハッチバックのCT200hの存在も大きいはずだ。CT200hはレクサスのブランドイメージと、ハイブリッド搭載ということが功を奏したのか、販売台数を伸ばしている。
ブレイドは、フォルクスワーゲン・ゴルフやBMW・X1、あるいはアルファロメオ・147などといった欧州のCセグメントハッチバックの対抗車とも言われたが、既にその役割は、このCT200hが引き継ぎ済みと言えるだろう。

関連するレポート

[ 2012/04/19 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.