car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

86ロードスター、ハチロク派生のオープンカーが開発中

86ベースのロードスターが既に開発中

86(ハチロク)は先日の東京モーターショーで正式に初公開となったトヨタのFRスポーツ。
そのコンセプトモデルはFT-86とも呼ばれていた。
スバルと共同開発した2.0Lの直噴水平対向エンジン搭載のスポーツカーで、姉妹車種のスバル・BRZとともに注目を集めている。

そんな86をベースにしたオープンカー、86ロードスターが既に開発中という。
86ロードスターは、まだ試作段階で、実際に市販化されるかどうかについての正式な発表はされていない。
しかし、スポーツカーにオープンカーの派生車種はつきもの。
クーペボディだけでは販売台数を長期間維持し続けるのは難しいという事情があるほか、特に北米市場やヨーロッパ市場ではオープンカーのニーズも高い。
グローバル販売される86にロードスターモデルが追加されるのはごく自然な流れでもある。

(写真は東京モーターショーに出展された通常のクーペスタイルの86。発売日は2012年4月。)
86 ハチロク

86ロードスターはハードトップの可能性が高い

最近の市場ニーズから考えるとソフトトップではなく、アルミ製または樹脂製のハードトップが採用される可能性が高いと考えられる。
また、クーペボディの86の後席スペースから考えると、オープンカーボディではリアシートは廃止され2シーターになるだろう。
86のロードスター化にあたって、剛性面で不利になるほか重量増も伴うため、加速やハンドリングなど絶対的な性能は期待できない。
ただ、オープン走行の爽快感やドライブの楽しみはロードスターモデルの方が上だろう。

車体価格はクーペボディの86に50万円程度加算され、300万円程度になるのではと考えられている。
電動ルーフは必須であろうし、ルーフが無くなるのでボディの補強も必要。
これらがコストアップの要因になる。

86ロードスターの登場時期は2014年と予想。
2012年4月に通常のクーペボディの86が発売開始となるが、その販売台数が落ち着く2年後あたりが有力なデビュー時期。
実質的な発売日は2015年頃になるのでは。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント