タントが一部改良で電動パーキングブレーキを装備

タント
タント フロントグリル

現行型タント

現行型タントは2019年に発売された4代目モデル。販売期間3年となる2022年は、フェイスリフトを受けた後期型の登場が期待される。また、タントの電動化がいつ実施されるのかも、大きな関心を集めている。

タント現行型販売2年経過、2021年の一部改良

ダイハツは、軽乗用車「タント」、軽福祉車両「タント ウェルカムターンシート」(回転シート車)、「タント ウェルカムシートリフト」(昇降シート車)、「タント スローパー」(車いす移動車)を一部改良し発売した。

タント

「タント」は2003年の発売以来、軽自動車初となるピラーインドア「ミラクルオープンドア」を採用し、圧倒的な室内空間の広さと使い勝手の良さが、高い好評を得てきた。

タント リアコンビネーションランプ

2019年7月に発売した現行モデルは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」第一弾で、大幅に機能と性能で進化を遂げた。「タント(フレンドシップシリーズ)」は、福祉車両車名別国内販売台数No.1として、高い販売実績を誇る。

タント シート

今回の一部改良では、「Xターボ」、「カスタムRS」、「カスタムRS“スタイルセレクション”」に電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、コーナリングトレースアシストが標準装備され、先進安全機能が進化している。
ダイハツ初となるコーナリングトレースアシストは、走行中カーブの差し掛かりでドライバーのブレーキを補助し、遠心力に負けず安定した姿勢を保つことにより、安全性を向上させる。

タント インテリア

「X」、「カスタムX」、「カスタムX“スタイルセレクション”」には、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)や電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能、コーナリングトレースアシストなどを含む「スマートクルーズパック」をメーカーオプションで設定し、装備が充実された。

また、ボディカラーでも一部変更があり、プラムブラウンクリスタルマイカやターコイズブルーマイカメタリックが追加され、選択の幅が広がった。フレンドシップシリーズの対象グレードも機能、ボディカラー共に同様の改良とし、ユーザーから選ばれやすくなった。

タイトルとURLをコピーしました