car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BMW新型Z4の日本価格は、直4エンジンが566万円から、直6は835万円

BMWから三代目Z4が日本発売、エンジンは二種類

BMWから新型Z4が2019年3月25日に日本発売された。エントリー価格は566万円。
新型Z4は通算3代目モデル、昨年2018年夏に米国での初公開となっていた。

(動画は新型Z4 M40i、ジュネーブモーターショー2019)

新型Z4のエンジンラインアップは2種類となる。

まずは2.0Lの直4エンジンは、最高出力197ps、最大トルク32.6kgfm。
車両価格は566万円から665万円で、3グレードが用意される。

そして、3.0Lの直6エンジン搭載モデルは、340ps/51.0kgfm。
車両価格835万円の1グレードのみの設定となる。

BMW Z4

トランスミッションは全車8速スポーツATが採用される。

映像のモデルは、Z4 M40iということで、6気筒エンジン搭載の欧州仕様。
ジュネーブモーターショー2019のものとなる。

Z4 直6エンジン

新型Z4は兄弟車のスープラの影響を受けている

さて、新型Z4とはプラットフォーム共用の兄弟車であるトヨタ新型スープラがあるが、こちらは2019年5月の発売が見込まれている。

Z4には現在のところ設定されていない、直4 2.0Lの高出力版が新型スープラには設定される見込み。

Z4 フロントグリル

新型Z4のボディサイズは全長4335mm✕全幅1865mm✕全高1305mm、ホイールベース2470mmとなる。

先代Z4比で全長+85mm、全幅+75mmと拡大、しかしホイールベースは-25mmと短くなっている。
これは特にスープラに求められる回頭性に対応した設計が反映されていると考えられる。

Z4 インテリア

新型Z4の生産は、マグナシュタイヤ社のオーストリア・グラーツ工場にて行われる。またスープラについてもここで生産された車体が日本に輸出販売される予定となっている。

#1 匿名さん2019/04/16(Tue)22:38:02ID:FhODg5ZjTZ
日本車の手本
日本車の目標
超えたくても永遠に超えられない高く険しい壁
非の打ちどころなし
#2 匿名さん2019/04/17(Wed)02:19:04ID:UzNDRmZjTY
スライドドアにして欲しかった
#3 匿名さん2019/04/17(Wed)12:21:20ID:IwYjlkNzTN
同じこと2回言ってる。査読していない模様。
#4 匿名さん2019/04/17(Wed)15:08:16ID:BkM2RhMT2N
ミニバンw
スライドドアw
ハイブリッドw
日本車をダメにした三大害悪。
#5 匿名さん2019/04/17(Wed)22:17:33ID:RlNTZlMDjM
正直欲しいですね。
週末ショールーム行って実車見てきます。
#6 匿名さん2019/04/19(Fri)23:27:13ID:JkY2Y4NDGY
トヨタにOEM供給して欲しい
#7 匿名さん2019/04/20(Sat)23:26:03ID:U1N2U1NDGN
特にレクサス車は、全てBMWからOEM供給を受けるべき。
#8 匿名さん2019/05/11(Sat)22:45:41ID:U2MWNkMDDY
取敢えず直6エンジン万歳

名前(任意)
コメント

車名

Z4

Z4

代表グレード

sDrive20i Mスポーツ

sDrive35i Mスポーツ

発売日

2015年12月

2015年12月

型式

DBA-LL20

ABA-LM30

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

4255

4255

全幅(mm)

1790

1790

全高(mm)

1280

1280

ホイールベース(mm)

2495

2495

トレッド 前(mm)/後(mm)

1510/1535

1510/1535

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1500

1600

エンジン型式

N20B20A

N54B30A

シリンダー配列

直列4気筒

直列6気筒

排気量(cc)

1997

2979

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

184ps(135kW)/5000rpm

306ps(225kW)/5800rpm

最大トルク

27.5kg・m(270N・m)/1250〜4500rpm

40.8kg・m(400N・m)/1300〜5000rpm

圧縮比

10.0

10.2

過給機

ターボ

ツインターボ

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.4

10.0

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング・スタビライザー

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、、スタビライザー

サスペンション(リア)

セントラル・アーム式、コイル・スプリング、スタビライザー

セントラル・アーム式、、スタビライザー

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/40R18

225/40R18

タイヤサイズ(リア)

255/35R18

255/35R18

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

8AT

7AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

5,960,000円

7,680,000円

車名

Z4

Z4

代表グレード

sDrive35is

sDrive20i

発売日

2015年12月

2015年7月

型式

ABA-LM35

DBA-LL20

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

4255

4250

全幅(mm)

1790

1790

全高(mm)

1285

1290

ホイールベース(mm)

2495

2495

トレッド 前(mm)/後(mm)

1510/1535

1510/1560

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1600

1500

エンジン型式

N54B30A

N20B20A

シリンダー配列

直列6気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2979

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

340ps(250kW)/5900rpm

184ps(135kW)/5000rpm

最大トルク

45.9kg・m(450N・m)/1500rpm

27.5kg・m(270N・m)/1250〜4500rpm

圧縮比

10.2

10.0

過給機

ツインターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

55

55

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

10.0

13.4

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、、スタビライザー

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング・スタビライザー

サスペンション(リア)

セントラル・アーム式、、スタビライザー

セントラル・アーム式、コイル・スプリング、スタビライザー

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/40R18

225/45R17

タイヤサイズ(リア)

255/35R18

225/45R17

最小回転半径(m)

5.1

5.1

トランスミッション

7AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

8,500,000円

5,180,000円

過去記事(2018/08/03)

BMW新型Z4、市販型は8月23日のワールドプレミアが予想される

Z4プロダクションモデル発表の可能性、ティザー画像公開

BMWはペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018が開催される8月23日に、新型プロダクションモデル、M850iクーペ、コンセプトM8グランクーペを出品する予定である。

(写真は新型プロダクションモデル、ティザー画像)
all-new Z4 teaser

なかでも注目されるのは新型プロダクションモデルで、BMWはティザー画像1点を公開。これは次期Z4の市販型ではないかと期待が高まっている。

フロントデザインはコンセプトZ4とは少し異なる表情も

ティザー画像は、キドニーグリルの左上部にフォーカスされたフロントの拡大写真である。白黒斑模様の偽装シートが貼られており、実際の開発テスト車両であることを思わせる。

(写真はコンセプトZ4)
Z4 コンセプト 東京モーターショー2017 コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ

グリルパターンは、メッキ塗装された縦方向のドットラインが特徴的。ブラックアウト部の中には、クロスの網目模様もある。これらは既に公開されているコンセプトZ4と同様のデザインである。

コンセプト Z4 フロントグリル

ただし、コンセプトZ4ではキドニーグリルの2つの穴を囲むフレームパーツがごく薄いものであったが、これは他のBMW車種同様に厚みのあるものに置き換わっている。ヘッドランプデザインもコンセプトZ4から進化を遂げているという情報もある。いずれもフロントの表情を大きく左右するパーツであり、Z4市販型はコンセプトとはいくらか違ったイメージで登場するかもしれない。

(写真はGR Supra Racing Concept)
GR スープラ レーシングコンセプト ジュネーブモーターショー2018

今回の新型Z4は、2019年のデビューが予定されているトヨタ次期スープラとプラットフォーム共用される。パワートレインについてもラインアップの大部分が共通化されることが見込まれており、直6 3.0L、直4 2.0L ハイパフォーマンス、直4 2.0L ノーマルの3種類のガソリンターボエンジンの搭載が予想される。

過去記事(2017/09/19)

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

次期Z4は2018年フルモデルチェンジ見込み、コンセプトモデルが遂に公開

BMW コンセプトZ4は先月8月に米国で発表があったばかり。本国ドイツ開催のフランクフルトモーターショー2017でも車体公開され、欧州プレミアを果たした。

(写真はBMW コンセプトZ4)
BMW コンセプト Z4

2018年の発売が予想される次期Z4であるが、トヨタ次期スープラと兄弟車になるということで、日本のファンからも注目度は高い。次期Z4はオープンカーで、次期スープラは通常クーペ。エクステリアやインテリアのデザインはそれぞれが専用設計となるが、プラットフォームは共通化されることになる。

コンセプト Z4 BMW コンセプト Z4

次期Z4はZF製トランスミッションとiDrive採用、キドニーグリルは横長タイプを踏襲

コンセプトZ4は2ペダル式でパドルシフトが採用された。シフトノブ周辺は他の現行BMWのモデルに近いデザインであることからトランスミッションはZF製となることが予想される。その横にあるiDriveコントローラーのダイアルも確認され、ナビゲーション関係についてもトヨタ側からの技術供与の可能性は低そうだ。

コンセプト Z4 インテリア コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

今回のフランクフルトモーターショーではBMWの次世代モデルとして、コンセプトX7とi ビジョンダイナミクスも出品され、縦長キドニーグリルという新しいデザインを確認することができた。否定的な意見も多く見受けられる縦長キドニーグリルであるが、次期Z4では横長キドニーグリルの採用となりそうだ。

コンセプト Z4 フロントグリル

縦長ヘッドランプはLED六角形リングが縦に並び、BMWラインアップの中でも特徴的である。

コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ コンセプト Z4 マフラー

リアコンビネーションランプは非常にシャープでこれも新しいデザインだ。

過去記事(2017/08/20)

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

BMW Z4が2018年フルモデルチェンジ発売へ、コンセプトモデルを発表

BMWはコンセプト Z4を米国で開催されたペブルビーチコンクールデレガンス2017で発表した。

(写真はコンセプトZ4)
Z4コンセプト

Z4後継モデルについては、来月開催されるフランクフルトモーターショー2017において何らかの発表があると予想されていたが、これより早くのコンセプトモデル公開となった。ロードスターということもあり、欧州よりも米国でのプロモーションに力を入れたいBMWの意思を汲み取ることができる。

Z4コンセプト フロントグリル コンセプト Z4 マフラー

モデル名Z4は変わらず、ボディサイズは大きく変わらないことが予想される

コンセプトZ4のエクステリアはフロントの大きなエアインテークと他のBMWのモデルと異なる縦型のヘッドランプが印象的である。これらにより伝統的なキドニーグリルを使いながらもコンサバティブなイメージが払拭された。アグレッシブなスポーツカーらしい顔つきに仕上がっている。

コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ Z4コンセプト BMW

スポーツカーのコンセプトモデルとしては、意外にも挑戦的な部分が少ないと感じる。新型Z4の発売時期は2018年が予告されており、既に市販モデルのエクステリアデザインは大部分が確定しているはず。ほぼコンセプトそのままの形で登場することが期待される。

Z4コンセプト インテリア Z4コンセプト シート

モデル名としてZ4が踏襲されていることも気になった。Z1からZ3、Z4へと進化してきた経緯のあるBMWのロードスターであるが、次期型はZ5になるという予想もあった。ボディサイズは従来型Z4の全長4250mmから大きくは変わらないということだろう。

(写真はトヨタ・FT-1)
スープラ FT-1

次期Z4については次期トヨタ・スープラと姉妹モデルになるということで、注目するファンも多い。車体の多くの部分が共通化されるが、エクステリアはそれぞれが独自設計となり、スープラはオープンカーではなく通常のクーペボディとなる。