car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

次期Z4は2018年フルモデルチェンジ見込み、コンセプトモデルが遂に公開

BMW コンセプトZ4は先月8月に米国で発表があったばかり。本国ドイツ開催のフランクフルトモーターショー2017でも車体公開され、欧州プレミアを果たした。

(写真はBMW コンセプトZ4)
BMW コンセプト Z4

2018年の発売が予想される次期Z4であるが、トヨタ次期スープラと兄弟車になるということで、日本のファンからも注目度は高い。次期Z4はオープンカーで、次期スープラは通常クーペ。エクステリアやインテリアのデザインはそれぞれが専用設計となるが、プラットフォームは共通化されることになる。

コンセプト Z4 BMW コンセプト Z4

次期Z4はZF製トランスミッションとiDrive採用、キドニーグリルは横長タイプを踏襲

コンセプトZ4は2ペダル式でパドルシフトが採用された。シフトノブ周辺は他の現行BMWのモデルに近いデザインであることからトランスミッションはZF製となることが予想される。その横にあるiDriveコントローラーのダイアルも確認され、ナビゲーション関係についてもトヨタ側からの技術供与の可能性は低そうだ。

コンセプト Z4 インテリア コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

今回のフランクフルトモーターショーではBMWの次世代モデルとして、コンセプトX7とi ビジョンダイナミクスも出品され、縦長キドニーグリルという新しいデザインを確認することができた。否定的な意見も多く見受けられる縦長キドニーグリルであるが、次期Z4では横長キドニーグリルの採用となりそうだ。

コンセプト Z4 フロントグリル

縦長ヘッドランプはLED六角形リングが縦に並び、BMWラインアップの中でも特徴的である。

コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ コンセプト Z4 マフラー

リアコンビネーションランプは非常にシャープでこれも新しいデザインだ。

#1 匿名さん2017/09/20(Wed)12:38:30
デカく見えるデザインだしこのモデルは実際大きめっぽいが、
市販版の方の全長は意外なほどコンパクトだな
#2 匿名さん2017/09/21(Thu)21:31:22
また抜群に目立ちそう
現行型もまだ振り返って見てしまうけど
#3 匿名さん2017/09/23(Sat)09:47:29
助手席の手抜き感がすごい
#4 匿名さん2017/09/26(Tue)18:38:29
たしかに。助手席は作りかけのよう。
#5 匿名さん2017/09/27(Wed)00:37:13
コンセプトなんだから当然作りかけでしょ

名前(任意)
コメント

車名

Z4

Z4

代表グレード

sDrive20i

sDrive20i スポーツ

発売日

2019年3月

2019年3月

型式

3BA-HF20

3BA-HF20

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

4335

4335

全幅(mm)

1865

1865

全高(mm)

1305

1305

ホイールベース(mm)

2470

2470

トレッド 前(mm)/後(mm)

1610/1615

1615/1610

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1490

1490

エンジン型式

B48B20B

B48B20B

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

197ps(145kW)/4500rpm

197ps(145kW)/4500rpm

最大トルク

32.6kg・m(320N・m)/1450〜4200rpm

32.6kg・m(320N・m)/1450〜4200rpm

圧縮比

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

52

52

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

14.9

14.9

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング

サスペンション(リア)

5リンク式

5リンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/50R17

225/45ZR18

タイヤサイズ(リア)

255/45R17

255/40ZR18

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

5,660,000円

6,150,000円

車名

Z4

Z4

代表グレード

sDrive20i Mスポーツ

M40i

発売日

2019年3月

2019年3月

型式

3BA-HF20

3BA-HF30

ボディ形状

2ドア オープン

2ドア オープン

乗員定員

2名

2名

全長(mm)

4335

4335

全幅(mm)

1865

1865

全高(mm)

1305

1305

ホイールベース(mm)

2470

2470

トレッド 前(mm)/後(mm)

1615/1610

1595/1590

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

1490

1570

エンジン型式

B48B20B

B58B30C

シリンダー配列

直列4気筒

直列6気筒

排気量(cc)

1998

2997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

×

×

最高出力

197ps(145kW)/4500rpm

340ps(250kW)/5000rpm

最大トルク

32.6kg・m(320N・m)/1450〜4200rpm

51kg・m(500N・m)/1600〜4500rpm

圧縮比

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

52

52

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

14.9

13.2

サスペンション(フロント)

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング

ダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式、コイル・スプリング

サスペンション(リア)

5リンク式

5リンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/45ZR18

255/35ZR19

タイヤサイズ(リア)

255/40ZR18

275/35ZR19

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

6,650,000円

8,350,000円

過去記事(2017/08/20)

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

BMW Z4が2018年フルモデルチェンジ発売へ、コンセプトモデルを発表

BMWはコンセプト Z4を米国で開催されたペブルビーチコンクールデレガンス2017で発表した。

(写真はコンセプトZ4)
Z4コンセプト

Z4後継モデルについては、来月開催されるフランクフルトモーターショー2017において何らかの発表があると予想されていたが、これより早くのコンセプトモデル公開となった。ロードスターということもあり、欧州よりも米国でのプロモーションに力を入れたいBMWの意思を汲み取ることができる。

Z4コンセプト フロントグリル コンセプト Z4 マフラー

モデル名Z4は変わらず、ボディサイズは大きく変わらないことが予想される

コンセプトZ4のエクステリアはフロントの大きなエアインテークと他のBMWのモデルと異なる縦型のヘッドランプが印象的である。これらにより伝統的なキドニーグリルを使いながらもコンサバティブなイメージが払拭された。アグレッシブなスポーツカーらしい顔つきに仕上がっている。

コンセプト Z4 リアコンビネーションランプ Z4コンセプト BMW

スポーツカーのコンセプトモデルとしては、意外にも挑戦的な部分が少ないと感じる。新型Z4の発売時期は2018年が予告されており、既に市販モデルのエクステリアデザインは大部分が確定しているはず。ほぼコンセプトそのままの形で登場することが期待される。

Z4コンセプト インテリア Z4コンセプト シート

モデル名としてZ4が踏襲されていることも気になった。Z1からZ3、Z4へと進化してきた経緯のあるBMWのロードスターであるが、次期型はZ5になるという予想もあった。ボディサイズは従来型Z4の全長4250mmから大きくは変わらないということだろう。

(写真はトヨタ・FT-1)
スープラ FT-1

次期Z4については次期トヨタ・スープラと姉妹モデルになるということで、注目するファンも多い。車体の多くの部分が共通化されるが、エクステリアはそれぞれが独自設計となり、スープラはオープンカーではなく通常のクーペボディとなる。