car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ティグアン後継コンセプトカー、クロスブルークーペをフォルクスワーゲンが発表

次期ティグアンとして期待されるクロスブルークーペがワールドプレミア

フォルクスワーゲンは上海モーターショー2013でティグアン後継車に相当する『クロスブルークーペ』というコンパクトSUVのコンセプトカーを初公開した。フォルクスワーゲンは今年1月のデトロイトモーターショーで『クロスブルーSUV』という3列シートで7人乗りのやや大型SUVのコンセプトカーを公開したばかり。今回発表されたクロスブルークーペのエクステリアからは明らかにこの流れを汲むボディラインを感じることができる。クロスブルーSUVとして発表されたブルーとは一転して、クロスブルークーペはメタリックオレンジという派手なボディカラーでの公開となった。
次期ティグアン クロスブルークーペ
ティグアン後継 クロスブルークーペ

クロスブルークーペでティグアンのハイブリッド化を予告

フォルクスワーゲン クロスブルークーペの車体の大きさは、全長4889mm×全幅2015mm×全高1679mmでホイールベース2980mm。クロスブルーSUVの全長4986mm×全幅2014mm×全高1732mmと比較すると、それほどのサイズダウンでないことから、かなり余裕のある居住空間であることが予想できる。市販車のティグアン後継車としてのモデルは今回のコンセプトカーよりもサイズダウンするだろう。
ティグアン ハイブリッド クロスブルークーペ
クロスブルークーペのパワートレインには、V6のTSIエンジンに2個のモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムが採用された。システム全体での最高出力は415ps、最大トルクは71.4kgmという強力なスペックで、0-100km/h加速も5.9秒とSUVながらもストレスを感じさせない走行性能が与えられる。リチウムイオンバッテリーは蓄電容量9.9kWhで、航続距離33kmまでのゼロエミッション走行が可能とのこと。ハイブリッドシステム全体でも欧州基準33.3km/Lという抜群の燃費性能を誇る。
ティグアン プラグインハイブリッド クロスブルークーペ
現行ティグアンは2007年に販売が始まっており、クロスブルークーペをベースとした次期ティグアンのリリースは2015年頃と予測されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/03/18)

VW ティグアンがマイナーチェンジ、高い走行安定性のコンパクトSUV

VW ティグアンが、昨年マイナーチェンジを受けた

ティグアンはフォルクスワーゲンのコンパクトSUV。フォルクスワーゲンには、フルサイズSUVのとして、トゥアレグがラインアップされているが、ティグアンはちょうどその弟分になる。昨年2011年には、フェイスリフトを含めたマイナーチェンジが行われ、フロントフェイスはシングルフレームグリルの造形ラインから、ゴルフⅥの流れを受けたシンプルな横基調ラインに一新。LEDデイライト内蔵のヘッドライトも装備され、今風のフォルクスワーゲン顔になった。
ティグアン

フォルクスワーゲン・ティグアンに価格相当のプレミアム感はあるか?

このティグアンの評判の良いところは、パサート系のプラットフォームを使った剛性感の高いボディだ。多くのドイツ車に共通するといっていい高品質ボディが、このティグアンにもある。
ボディサイズは、全長4430mm×全幅1810mm×全高1710mmで、ホイールベースは2605mm。このクラスの国産コンパクトSUVとしては、エクストレイル、RAV4、CR-V、フォレスター、そして最近発売されたCX-5と強剛が名を連ねる。これら国産勢も欧州、北米マーケットを意識した剛性感の高いボディで、走行安定性への評価が高い車種が多い。しかし、ティグアンはこれらよりもワンランク上。しっかりした骨格を根拠とする車体の安定感は、雪道での走行でも安心感を与える。
4WDシステムはリアルタイム式で、このクラスの2LコンパクトSUVとしては標準的な駆動方式が採用されている。
都市部での使用であればティグアンの1.8mを超える全幅は、やや広く感じる場面もあるかもしれないが、短い全長のおかげでコンパクトで扱いやすい。全高が高く取られているので、ミニバン慣れしたユーザーでもキャビンに閉塞感を感じさせない。しかし、トゥアレグのようなフルサイズSUVと比較してしまうと、車内の絶対的な容量は少ない。それでも、パッケージングの良さはゴルフ譲りで、後席と荷室の割り当てバランスは良く、使い勝手のいいものに仕上がっている。
エンジンは2.0LのTSIエンジン搭載。10・15モード燃費は11.6と控えめの数値だが、街乗り、高速道路を含めた実用燃費は、同クラス日本車並かそれ以上と考えていいだろう。さらにマイナーチェンジ後は、燃費、出力とも、わずかに向上している。
トランスミッションは7速DSGに湿式クラッチが組み合わさる。乾式クラッチを搭載したゴルフなどのDSGに比べると、発進はマイルドでなめらかだ。
VW ティグアン
非常に完成度の高いティグアンであるが、価格競争力という意味では、少し問題を感じる。前述の例に上げた国産SUV勢が、いずれもなかなかの完成度な上に、中心価格帯は230万円~250万円程度。ティグアンはこれらより約150万円程度も高く、ベースグレードのSport & Styleが389万円もしてしまう。
メルセデスでもBMWでもアウディでもなく、フォルクスワーゲン。トゥアレグのコンパクト版であるティグアン。そこにちょうどよいプレミアム感を見いだせる人でないと、なかなか購入できないというのがティグアン最大の欠点か。